ワードプレスサーバー移転時のトラブルまとめ【WPXクラウドからエックスサーバーへ移転した体験談】

ブログ書き方・始め方

先日ワードプレスのサーバー移転をした際、いくつかのトラブルが発生したのでメモがてら記事にしておきます。

ちなみに現在は問題なく運用できています。

 

移転元サーバー『WPXクラウド(2サイト)』
移転先サーバー『エックスサーバー』

一つはこのブログです。

 

始めに、WPXクラウドからエックスサーバーへ移転した理由や感想を書きますので、ワードプレスサーバー移転時のトラブルのみが知りたい方は目次で飛んで頂ければと思います。

スポンサーリンク

WPXクラウドからエックスサーバーへ移転した理由

WPXクラウドからエックスサーバーへ移転した理由は主に以下のようになります。

WPXクラウドを使った感想

まずはWPXクラウドを使った感想ですが、

『データベース容量が小さい点が使いづらい』
『1契約1サイトという方針も使いづらい』
『ずぼらな私には仕組みが面倒』

ということです。

WPXクラウドは以下画像の通り、

PVに応じてプランを変更していく仕組みです。

要するに『こまめにPVを管理していないと505エラーになっている』とかこういうこともあり得ます。

これが面倒に感じてしまい、サーバー移転を決意しました。

 

もちろん性能はとても良いワードプレスサーバーですが、『日々コツコツ記事を積み上げていく』というブロガータイプの人には向かないのかもしれません。

 

一方で『小規模サイトで高アクセスを狙いに行く』こんな人ならばWPXクラウドは向いています。

その場合、データベース容量は小さくて済む一方で、不安定なアクセスにも柔軟な料金プランで対応してくれますから、まさにピッタリなワードプレスサーバーと言えます。

なので、激戦区のビックキーワードで勝負したい人には良いかもです。

スポンサーリンク

エックスサーバーを選んだ理由

続いてはエックスサーバーを選んだ理由です。

これは主に、

『データベース容量が大きいこと』
『プラン変更をすればアクセス数やサイトボリューム等の変化にも柔軟に対応できる』
『1契約で多数のワードプレスサイトを作れる点が使いやすい』
『料金が安い』

などです。

 

結論として、エックスサーバーは『日々更新型のブログ』『大規模サイト』『小規模サイト』全てに対応しているサーバーと言えます。

詳しくは『【ブログ初心者向け】サーバー選びで重要なポイントとおすすめ紹介!この5点をチェックしよう』に書いていますが、エックスサーバーの場合、ブログを立ち上げたらそれなりに育つまで、サーバーに関しては放置していて良いので、これが楽な部分です。

 

例えばこれが激安サーバーだと、アクセス数が増えた時にサイトが固まることもありますが、エックスサーバーの場合一先ずは心配いりません。

このように、サイト運営に対するストレスを省けるメリットから、エックスサーバーを選びました。

最終サーバー移転理由

最終サーバー移転理由は以下のようになります。

 

WPXクラウド

アクセスの増減に対しては柔軟だが、少ない記事で高アクセスを狙える上級者向けサーバー

7段階グレードでグレードCからは料金が高額になる

 

エックスサーバー

大規模サイトやミニサイトの大量生産など、あらゆる方針に対応

3段階グレードで、最上位は『高アクセス対応の中では納得の料金』

 

以上の理由から、エックスサーバーがお得と判断してサーバー移転を決意しました。

 

サーバーって、考え過ぎてしまうと本当に難しくなります…。

またワードプレスの移転作業も、これから書くようにトラブルが発生するなどもあるため、サーバーは最初にしっかり選びたいものです。

あなたも是非、二転三転しないように慎重に選んでみて下さい。

スポンサーリンク

移転時に発生した主なトラブル

ここからは、ワードプレスのサーバー移転をした際のトラブルについてです。

以下は、WPXクラウドからエックスサーバーに移転した時に起こったトラブルです。

WordPress簡単移行がエラーになってしまう

『WordPress簡単移行がエラーになってしまう』初めにこれが起こりました。

『移行元WordPressからのバックアップの取得に失敗しました。』となってしまう。時間を空けてもう一度お試しいただくか、「WordPressの移転について」をご参照のうえ、手動で移行作業を行ってください。

となってしまいます。

 

そのため時間を空けてもう一度試しましたがやはり同じエラー。

仕方なくサポートに電話したところ『手動で』とのことでした。

 

WordPress簡単移行に関しては、比較的小規模ブログ向けかもしれません。

このブログは60MBとそこまで大きくはないですが上記のエラーです。

いずれにせよ、簡単移行とはいえまだまだ完璧ではないようなので、ワードプレスを移転する際には手動を覚悟した方がいいかもです。

移転作業を完了してもワードプレスが設置されない

続いては、『移転作業をしてもワードプレスが設置されない』という問題。

これは上記のリンク『WordPressの移転について』の通りに進めたつもりだったのですが、サイトデータのアップロードが完了してもワードプレスが表示されません。

そこでまたサポートに電話をしますが、言われたのは『ワードプレスのインストールができていないので、一度ドメインを削除して再設定して下さい』とのことでした…。

 

しかしながら『WordPressの移転について』の中に『ワードプレスのインストール』という項目はないんですよね。

 

サポートにそれを指摘しつつもそれ以上言っても仕方がないので、以下のような手順でサーバー移転を進めました。

1.ドメイン設定
2.ワードプレスの簡単インストール
3.WordPressの移転についての手順通りに進める

この通りに進めたら、『ワードプレスが存在しない』という問題は解決しましたよ。

ネームサーバー変更後、ワードプレスへログインできない

ネームサーバー変更後もトラブルがあり、それが『ワードプレスにログインできない』ということです。

ワードプレスを開くと404エラーになってしまい、ウェブサイトからログアウトしようにも、そもそも『こんにちは、○○さん』という部分自体がなく、他人のサイトのような状態でした。

 

『またトラブルか』と嫌になりましたが、これは『SiteGuard WP Plugin』というプラグインが原因です。

このプラグインをインストールしたままサーバー移転をするとログインできないようです。

 

そのため対策としては、

1.移転前に削除しておく

2.移転後ならば、『FTPにてプラグインを削除』

そして、エックスサーバーのファイル管理から『htaccess内のSiteGuard WP Pluginの部分を削除』すれば解決です。

 

ちなみにhtaccess内では、

#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_START

○○○○○○○○○○○○○○○○

#SITEGUARD_PLUGIN_SETTINGS_END

までを削除すればOKです。

 

サーバー移転をするとプラグインは何かしらの影響があるようです。

他にも、『BackWPup』というバックアッププラグインが移転によって消えました。

スポンサーリンク

アクセスの大幅ダウン

『アクセスが大幅にダウンした』こんなトラブルもありました。

しかも、『ネームサーバーを切り替えた直後から』です。

 

さすがにおかしいだろと思ってサポートにも電話しましたが、『グーグルアナリティクスを入れているのなら、そちらに問い合わせてください』と冷たく言われて終わりでした^^

 

『ネームサーバー切り替え直後に大幅ダウンしたんですけど』と強調しましたが、さすがにサポート対象外だったようです。

 

ちなみに原因ですが、SSL化ができていないことが原因でした。

まあ、完全に私のミスですね^^

 

一応言い訳すると、一つ目を移転した時には『ドメイン設定』『ワードプレスインストール』この時点でSSL化が完了していたので、2つ目も自動でされるだろうと思い込んでいました。

この辺はちゃんと確認しないとダメですね。

 

ちなみにこのブログは、サーバー移転をする前からSSL化(https)されています。

ただし以前はhttpサイトだったので、サーバー移転によって、ネームサーバーが、『移転元サーバーを表示時は正常』『移転後サーバー表示時はエラー』となるためアクセスダウンが起こったと考えられます。

 

実際にSSL化したら数時間でアクセスが通常通りに復活しました。

レコメンド部分、画像下の文字が化ける

『レコメンド部分の、画像下の文字が化ける』こんなトラブルも起こりました。

レコメンドとは、このブログならば、

の部分です(PCサイト)

この、文字の部分が化けてしまっていましたが、これは『YARPP』というプラグインが原因でした。

そのため停止したことで解決です。

ただし、原因は未だ不明です、取りあえず解決できたので放置しています^^

サイト確認時のうっかりミス

これもトラブルに含まれるのかなと思いますが、サーバー移転後にサイトを確認すると思います。

その際に、クロームのキャッシュが残っており、『移転前のサイトを見ていた』という事実があります…。

このため上述した、『SSL化問題』『レコメンド文字化け』などに気付くのが遅れました。

 

なので、サーバー移転をした時には他のブラウザで確認することと、手間でもキャッシュを削除した方がいいかもですね。

移転後って『今まで通りに表示されているのか』と気になりますよね。

それを確実に確認するためには『ゼロの状態のPC・スマホで確認』だと思うので、これに関しても今回学んだことです。

ワードプレス移転時に発生した主なトラブルポイント

WordPress簡単移行がエラーになってしまう
移転作業を完了してもワードプレスが設置されない
ネームサーバー変更後、ワードプレスへログインできない
アクセスの大幅ダウン
レコメンド部分、画像下の文字が化ける
サイト確認時のうっかりミス

サーバー移転後のサイト表示について

サーバー移転後、全体としては全く問題ないですよ。

私は以前にもサーバー移転を経験していますが、その時は画像が消えたというトラブルがありましたが、今回はそんなこともなく、上述したプラグイン程度で移転元サーバー時のまま表示されています。

 

なので、色々トラブルはあったもののサーバー移転は大正解でした。

これでアクセスを気にせず執筆に専念できます。

エックスサーバーについて

最後にエックスサーバーについてですが、スペックもサポートも充実しているので個人的には文句なしです。

ただし初心者の方は、本当に分からないことだらけの場合電話サポートでは解決しないかもしれないので、そんな時はメールサポートが良いかもです。

 

メールの方が時間をかけて解決してくれますので、積極的に質問してみるといいですよ。

せっかくのブログ運営を、サーバーという壁で挫折しないよう、使えるものは徹底的に使い倒しましょう。

タイトルとURLをコピーしました