逃げの転職をする際に心がけたい5つのこと!次の職場で成功するためのプロセスとは

転職Q&A一覧

『こんな職場からは逃げてしまいたい』と思うこともありますよね。

『厳し過ぎる業務内容』『睡眠不足な日々』『陰湿な人間関係』など、こういうのが嫌になって『もっと穏やかなところに転職したい』と考えたりもするのでは?

このような逃げとも取れる転職をする人も多いですし、それは別に悪いことではありません。

重要なのは、逃げの転職をする時には何を心がけるべきか?です。

 

以下ではそれについて書いていきます。

転職において逃げなんて存在しませんが、自分がそう思い込んでいると心理的な部分で不利になってしまうことは多いです。

ですから、逃げだと思える転職をする時には、気持ちをしっかり持ちましょう。

スポンサーリンク

逃げの転職をする際に心がけたい5つのこと

その転職を逃げだと思わない

まず大切なことは『その転職を逃げだと思わないこと』です。

転職って、スキルアップや独立のように能力を求めた形じゃないと逃げだと感じるかもしれません。

何よりその場合、職場内での自分のポジションがあまり良くない場合もありますから、その点でも『こんな形で転職したら逃げだ』と考える人は多いです。

 

しかし、どんな理由で転職するとしても、それも立派な形の一つですから逃げではありません。

ですからまずは、『この転職は逃げではない』と自分に言い聞かせましょう。

 

というのも、『これは逃げだ』『逃げではない』のどちらの心理状態でいるかによって転職活動は大きく変わります。

逃げだと思っている場合には転職活動中も気持ちが消極的になりますし、それは人事にも伝わります。

何より自分の中で、現職場に対する感情が割り切れないこともあるため、そういうことも影響し兼ねません。

 

一方で逃げではないと切り替えができていれば、転職をする際にも前向きになれますよね。

『自分は真っ当な理由で転職をするんだ』と思うことができますから、面接時もその姿勢で臨むことができます。

 

このように、『逃げなのかどうか』に関して気持ちがどちらかはとても重要ですから、逃げだと思わないように自分をコントロールしましょう。

転職をする際には前向きでいることが必須条件ですから、これは絶対ですよ。

ポイント
・逃げだと思わないこと

自信を無くさず堂々とする

今のあなたは、もしかしたら自信を喪失しているかもしれません。

逃げの転職をする人によくあるのが、現在の職場で疲弊しきって自信を無くしてしまうことです。

 

もちろんあなたが悪い訳ではありません。

しかし転職は、そういったあなたの状況まで読み取ってくれる訳ではなく、単純に現状を見られます。

そのため自信がないと『一緒に働くには頼りがない人』といった印象になるため、面接ではマイナス印象です。

ですから、逃げの転職をするとしても自信を無くさないようにしましょう。

 

これに関しても、上述したように逃げだと思わないことで解決します。

『自分は現状から逃げるんだ』と考えたらその時点で自信を無くしますが、『これは必要な選択だ』『こちらが彼らに見切りをつけた』と考えられれば堂々とできます。

ですから、これからの自分の人生を切り開くためにも考え方はとても大切ですよ。

一度自信を喪失すると取り戻すまでに時間がかかりますから、つまらない人達のせいで多くを犠牲にしないためにも、どんな時でも『逃げではない』と考えましょう。

ポイント
・逃げではなく見切りをつけた

スポンサーリンク

自分のダメな部分ばかりを見ない

逃げ転職をする人が陥りがちなのが『自分のダメな部分ばかりを見てしまう』ということです。

状況的に『あれもダメ、これもダメ』と悪い部分ばかりを挙げてしまいがちですが、良い部分も必ずありますからそこに注目しましょう。

もちろん反省することは大切ですが、転職でそれ以上に重要なのは自分を売ることです。

つまり、反省ばかりでは自分の良さが見えませんし、まして人事に自分をPRすることなど難しいので、良い部分に注目した方がいいですよ。

 

『そうはいっても、自分には本当にダメなところしかない』と考えるかもしれませんが、そういう人は本当にいません。

そもそも良いところゼロの人は就職なんてもちろん、社会というコミュニティの中で生きていくことが不可能です。

そのため、これまであなたがやってこられたのならば『良い部分がある』ということなので、必ず見つけ転職時の長所にしましょう。

 

転職活動って、このように『いかに自分の良さを見つけられるか』にかかっています。

ちなみに私の前職は大学事務職員で就職課に勤務していましたが、『自分の良さが分からない』という学生は非常に多いです。

つまりそれだけ、『自分について知る』というのは難しいテーマなのでじっくり考えてみて下さい。

 

いずれにせよ、逃げだと思っていると悪い部分ばかりが目立ちますから、前向きな姿勢を持つことです。

前向きな人が確実に採用されますから、それも忘れないように心がけてましょう。

ポイント
・自分の良い部分に注目しよう

完全に切り替えて転職をする

これまで書いてきた通りになりますが、気持ちを完全に切り替えて転職をすることが大切です。

スキルアップ転職ならばそのままでいいですが、逃げ転職の場合ネガティブになっていますから、そのままだと印象が良くありません。

ですからしっかり切り替えましょう。

この切り替え作業が中途半端だと『なぜ採用されないのか原因が分からない』というジレンマに苦しむことになります。

 

例えば、『資格を持っているし大丈夫だろう』と思ってもなぜか音沙汰なしとか、このような『イケると思ったのに不採用』という状態が続くことがあります。

これって人事としては『能力としては申し分ないが、一緒に働きたい人物か』という点で疑問があり、結局NGになるパターンです。

こうなると受けた側としては、何が原因なのか分かりませんよね。

 

ですから、『逃げてしまった』という気持ちを引きずっているのは本当に良くないですよ。

転職も、最終的には能力よりも人柄で決まるので、気持ちが中途半端だとその部分でNGになってしまいます。

第一印象で、『この人と共に働きたい』と思われるくらい、印象を高めましょう。

ポイント
・逃げの気持ちを引きずらないこと

ダメな部分があるなら反省をする

『現職場から逃げるように転職をする』と感じているとしても、基本的には逃げだと捉える必要はありません。

ただし、自分にダメな部分があるのならばしっかり反省して次に生かしましょう。

これはとても大切です。

 

例えば人間関係で苦労した場合、『なぜそうなってしまったのか?』と考えることは重要です。

パワハラのような被害に遭ったのならば、『また同じ目に遭わないためには自分がどう変わるべきか?』と考えることで、転職後の生活に生かすことができます。

 

残念ながら、どこの会社にも自分勝手だったり人を苦しめてストレスを発散するような人間はいますから、また被害に遭う可能性がないとも言い切れません。

そのため自分自身が変わっていないと、せっかく転職できても全く同じ問題に苦しみ、挙句再転職という事態もあり得ます。

ですから強くなるためにも、反省すべき部分があるのならば変わるようにしましょう。

 

要するに、根本的な問題を解決するのです。

あなた自身の中にある根本的な問題は何でしょうか?

それを突き止め解決しておかないと、いつまで経っても逃げの気持ちは消えないでしょうし、転職はできても良い人生は送れません。

転職って意外と『職場を変えれば済む』ということでもないですから、自分自身と向き合う時間を作ってみて下さい。

ポイント

どんな転職でも逃げではない
あなたは現職場に見切りをつけた
自身の長所に注目
転職活動時は気持ちを切り替えて
転職以前に内面の問題を改善しよう

スポンサーリンク

転職先で成功するために大切なこと

続いては、転職先で成功するために大切なことを簡単に書いていきます。

逃げ転職の場合、上述したように『転職できたはいいものの同じ状態に陥る』という人が多いので、そうならないための方法を紹介します。

現職場での劣等感は転職が決まるまでに無くす

まず、現職場で劣等感がある場合には転職が決まるまでに無くすようにしましょう。

逃げだと感じているのなら、何らかの劣等感を持っているのでは?

『人よりも仕事ができない』『そもそも能力がない』『人脈が作れない』など、こういったこともあり、『この転職は逃げ』と考えてしまうのでは?

だとしたら、今のうちにそれらは解決すべきですよ。

 

その方法として大切なのが、まず思い込みの部分は取り払うようにします。

意外かもしれませんが、『自分は劣っている』と感じていることの殆どは思い込みである場合が多いです。

ですからそれは自覚して、『そうではない』と認識しましょう。

そうすることで『意外とデキる部分もある』『こんな優れた一面もあった』と気づくことができます。

 

続いてやりたいのは、本当に劣る部分ががあるのならば改善することです。

能力的に劣っている場合簡単に改善なんてできないと思いがちですが、こういうのは思考の切替ですんなりできるようになることが多いです。

それに実際は、『能力の差』ではなく『性格の差』であることがたいていです。

 

例えばデキないと言われる人は、デキないのではなく、

 

焦ったり気が動転する
話を聞いていない
評価を気にする
早さに拘り過ぎる

 

などが原因となり、結果的に仕事に響いていることが多いです。

つまり、『何が一番大切か』を間違えてしまっていて、だからこそ失敗するのです。

ですからそういう部分を改善するように心がけてみましょう。

 

例えば焦ってしまうようならば『落ち着いて冷静になる』と常に言い聞かせるとか、ミスが多いのならば『ゆっくりでいいから正確に』といったように心がける訳です。

こうやって、現職場での失敗要因を解決しておくことで転職先で楽になりますし、逃げだしたい気持ちも持たなくなります。

ですから、劣等感があるのならば必ず向き合うようにしましょう。

ポイント
・劣等感を持ちこさない

スポンサーリンク

転職後は別人になる

逃げ転職の場合、転職後は別人になるくらいのつもりでいた方が上手くいきます。

逃げだと感じるほどの状況って、ある意味人生の転機です。

つまり、『苦しい反面チャンスでもある』訳です。

ですからこれを機に、全く新しいイメージに生まれ変わってみるのも良いと思いますよ。

 

というのも極論すれば、今までの状態から逃げ出したともいえる訳ですから、次の転職先では変わった方がいいはずです。

もちろん自己を否定する必要はありませんが、職場に関してはそれなりに割り切ることで能力も向上していきますので、是非生まれ変わってみて下さい。

ポイント

劣等感があるなら解決する
転職先では別人のように振舞う

転職において『逃げ』など存在しない

まとめとして、転職において逃げなど存在しないので、自信を持って堂々としましょう。

あなたは現状に見切りをつけるのです。

だからこそ、今までとは違う自分に生まれ変わりもします。

 

これはステップアップです。

あなたは次の段階に進むのですから、『逃げ』などという悩みの言葉に惑わされず良い転職をしましょう。

最後に

働くって人生のテーマですから色々悩むかと思います。

しかしそんな中でも大切なことが『この選択は正しい』と強気でいることです。

この軸がブレなければ必ず成功します。

たとえ転職先が厳しい環境でも、自身の選択を信じていれば投げ出さずに立ち向かいますし、そのための努力をします。

転職も最後は精神論ですし、むしろその部分が重要ですよ。

気持ちで負けたら終わりですから、『逃げ』という思考は捨てましょう。

タイトルとURLをコピーしました