『転職したい、けどスキルがない』この状況で転職する時の必勝ノウハウ!

転職Q&A一覧

転職したい時に『自分にはスキルがない…』と感じてしまうとそこで止まってしまいますよね。

転職って、

 

高いスキル
優秀な職務能力
優れた人材であること

 

など、多くの部分で特質していないと不可能なイメージがあるのでは?

そのため、『スキルがないと転職なんて無理だろう』と思ってしまいがちです。

 

しかしそんなことはないですよ。

実際のところ、全くのスキルなしでも転職している人もたくさんいますので、以下では転職したいけどスキルがない人向けの必勝ノウハウを紹介します。

最もいけないことは『自分にはスキルがないから』と転職したい気持ちを諦めてしまうことです。

これだとその時点で終わってしまいますから、『ならばどうしたらいいか?』と考えてみましょう。

スポンサーリンク

スキルがない時の必勝ノウハウ

スキルがないことを素直に受け入れる

スキルがない時には『自分にはスキルがない』と素直に受け入れてしまいましょう。

転職を急がないのならばスキルを身に付けることも一つですが、今すぐにでも転職したいのならば受け入れてしまった方が精神的に楽です。

転職したい時に重要なことは、『どれだけリラックスした気持ちで活動できるか』ですから、その点で『スキルがないなら受け入れる』という心がけはとても大切です。

 

というのもこうすることで、現在抱えている『転職したいけどスキルがない』という悩みが気にならなくなりますよね。

もちろん今すぐに消えることはないでしょうが、それでも『今のままでいいんだ』と思えることで前向きになれるはずです。

 

それに、スキルがないことをどれだけ焦っても良い転職ができる訳ではありません。

ですから、取りあえずは現在の自分自身を許容して、転職への第一歩を築きましょう。

ポイント
・スキルがなくても気にしない

今の自分でできることを考える

またスキルがない時には、それに悩むのではなく『ならば、今の自分にできることは何か?』と考えるべきです。

この思考はとても大切で、『転職したい、でもスキルがない』と止まってしまうのか?

『転職したいけどスキルがない。ならば今の自分にできることは何か?』と考えるかで結果は当然変わります。

 

悩みや不安がある時にそればかりに捉われてしまう人は比較的多いです。

また、『自分にはできない』といった断定的な思考を持ち他を見れなくなってしまう人もやはり多いです。

もしかしたらあなたもその状態に陥っているかもしれません。

つまり、『思い込みに支配されている』訳です。

 

この状態は本当に損失ですから注意すべきですよ。

『転職したい』という意思があり、『スキルがない』という課題がある。

重要なのは、そこで自分にできる選択肢を挙げてみることです。

例えば、

 

スキルがないなら身に付ける
スキルは気にせず転職をする
転職市場についてより詳しく調べる
転職は諦めて現状維持

 

など、選択肢は多数ありますよね。

 

諦めるのは最終手段でいいですし簡単にできます。

ですから、本気で転職したいのならば『今の自分にできること』を見つけてみましょう。

それが強みや長所となり転職でも有利に働くようになります。

ポイント
・諦めるよりもできることを考えよう

スポンサーリンク

転職先企業を入念に分析する

上述した今できることの一例として『転職したい企業について入念に調べる』ということがあります。

これはスキルがなくてもできる一方で、転職する際にはとても重要なことなので是非心がけたい部分です。

 

人事としては、本気で会社に貢献してくれる人が欲しいため、知り尽くしていれば当然印象は高まります。

例えば、条件UPが目的だけで転職したい人と、『その会社の業務や事業そのものに興味があり本気で働きたい人』だったら当然後者の方が採用されます。

このように、『どれだけ興味を持っているか』というのはとても重要なので、スキルがないならその分企業研究をするといいですよ。

 

はっきり言って、どんなスキルを持っていても会社愛がない人は嫌煙されますから、最終的に重要なのはこの部分です。

その点では『スキルがある=転職が上手くいく』という訳でもないですから、せっかく転職するのなら相手を知り尽くすようにしましょう。

 

企業研究のポイントは、『同業他社の中でなぜその会社を選んだのか?』これを明確にすることです。

志望動機で難しいのはこの部分になるかと思いますが、逆に言えばここが明確な人は受かりやすいとも言えます。

だからこそ徹底的に調べ尽くすことが大切なので、四六時中気になるくらい、転職先に夢中になることが理想です。

ポイント
・企業研究を徹底的に

転職活動時は自信を持つ

スキルがない時って自信もないかもしれません。

そのため転職したいと思ってもなかなか行動できないかと思いますが、転職市場の現実として『自信がない人は受かり辛い』ということがあります。

ですから、自信は必ず持ちましょう。

 

『そうはいってもどうやって自信なんて持つんだ?』と思いますよね。

そこで重要になってくるのが企業研究です。

それが完璧だと『これだけ調べたんだから大丈夫だ』と思うことができます。

 

現状では、この方法が最も自信を身につけやすいためお勧めです。

もちろん他にも方法はありますが、転職したいのならばそれに関連したやり方の方が効率的ですから、今は企業研究が正解と言えるでしょう。

 

転職って最終的には人柄で判断されますので、『どんな人物か?』という部分はとても重要ですよ。

あなたとしても、スキルを持った優秀な人材でも『人として苦手だ』と感じたら一緒に働きたくないでしょう。

一方でスキルがないとしても気が合うようならばOKなのでは?

職場も人間関係ですから、その点で印象が大切です。

ですから、最短で自信を得られる方法を選んで印象を高めましょう。

必勝ノウハウポイント

スキルがないことは気にしない
今できることを考える
企業研究を徹底的に行う
自分に自信を持つ

スポンサーリンク

転職したいけどスキルがない時のポイント

転職したいけどスキルがない時のポイントは、

 

自分の強みや長所から、スキルなしでも転職できるように結びつけること

 

です。

 

例えば根気が良い性格ならば、高齢者相手の営業が向いているかもしれませんし、外見が良い男性ならば主婦向け営業もいけるかもしれません。

もちろん営業職に限らず、どんな仕事でもこのように、些細な自分の長所から結び付けることができるはずです。

重要なのは『そのような閃きをするかどうか』です。

 

仕事で大切なのは天職に出会えるかどうか。

また天職とは『自分の性格に合った仕事』ということだと思うので、転職とはそれを見つける旅のようなものなのでしょうね。

 

ですから転職したいのならば『スキルがない』というたった一つの問題点に捉われない方がいいです。

そもそもスキルの必要性って、『それを求める企業の基準』でしかありません。

事業内容によってはスキルを求めますが全てがそうではありませんから、そういう部分ばかりを気にして自分を止めないようにしましょう。

ポイント

強みや長所から天職を見つける

転職とスキルはそこまで関係がない

はっきり言いますが、転職とスキルはそこまで関係がありません。

スキルがなくても工夫次第でセールスポイントは生まれますし、努力をすれば求める人材になれます。

 

『高スキル人材は引く手あまた』という印象かもしれませんが、これはスキルだけでなく、人間性や実績なども考慮された総合的な判断です。

事実、実質的なスキルがない人でもヘッドハンティングを受ける人もいて、そういう人はスキル以外の部分を惚れ込まれたからです。

 

この点からも、転職とスキルはそこまで関係がないので、『今のあなたにできる努力』を心がけるべきですよ。

何より転職したいのならばその気持ちを大切にするべきです。

『スキルがないし…』と言っている場合ではないはずです。

行動した人のみが大成しますので、今すぐやるべきことを見つけましょう。

ポイント

スキルがないことに捉われず行動するべき

スポンサーリンク

転職したい時に大切なこと

まとめとして、転職したい時に大切なことは、『スキルや職歴に捉われず、今できることに集中すること』です。

引っかかるものがあると転職は難しくなってしまうので、それを取り払うことが大切です。

『スキルがない』こんなことは気にしなくていいですし、気にしていると転職活動に響くことを意識しましょうね。

 

どんなことでもそうですが、結果を出せるかどうかは気の持ち方次第です。

自分が無理だと思っていることはまず無理なので、『スキルがないから無理』と思ったらそれで終わりです。

なので、『スキルがなくても転職できるはず』と思考を切り替えましょう。

そうすれば絶対に転職できます、なぜなら諦めないからです。

 

転職市場も最終的にはタフな人間が勝ちますから、精神的な部分で負けてしまわないように注意しましょう。

最後に

私の前職は大学事務職員で就職課に勤務していましたが、就活で簡単に受かる学生と難航する学生の決定的な違いは『気持ちが前向きかどうか』です。

簡単に受かる学生は就活を楽しんでいる印象ですが、結果が出ない学生はとにかく暗く考え込んでしまっていました。

これはもちろん大人の転職でも同じなので、気持ちで負けないことは絶対条件です。

ですから『転職したい』と思ったらまず前向きになりましょう。

全てはそこからですから、明るい未来を想像することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました