転職したいけど自信がない人はやっぱり失敗する?転職市場の現状と対処法

転職Q&A一覧

転職したいけど自信がない場合、『今動いたらどうせ失敗する』『転職なんてできない』と思いますよね。

そのため本音ではしたくても『まあしなくていいや』と諦めてしまうのでは?

 

転職って、

 

高いスキルを持っている
人望が厚く優秀
自信家

 

など、こんな人がするイメージかもしれません。

確かに、自信がある人はキャリアアップとして転職する傾向がありますし、企業もそんな人を欲しがります。

しかしながら、自信がないと絶対にダメという訳ではないので、以下ではそれについて書いていきます。

 

ポイントとしては、転職市場の現状を知ることです。

自信がない場合、その現状を知らないからこそ『どうせ無理』と決めつけてしまう傾向にあります。

転職したいのならば、自分がこれから向かう環境を十分に理解しましょう。

そうすれば勝機が見えてきます。

スポンサーリンク

転職市場の現状

自信がない人は採用されづらい

いきなり厳しいことを書きますが、転職市場では『自信がない人は採用されづらい』傾向にあります。

理由としては、『魅力的に見えないから』です。

 

ただし誤解しないでほしいのは『あなたに魅力がない』訳ではないですよ。

たいていの場合、魅力がない人っていないですし、あなたも確実に何らかの魅力があります。

それでも自信がない場合、それが仇となって人事にはいまいち頼りないとか、『会社に貢献してくれなそう』という印象を与えてしまいます。

ですから転職において自信がないと確実に損ですし、結果的に採用されないことも多いです。

 

例えばあなたも、自分が採用する側ならば結果を出してくれそうな人がいいですよね。

『この人大丈夫かな?』というタイプだったら態々雇うことはないでしょう。

 

このように自信の有無は大切です。

ですから転職したい場合、『自信がないし』という考え方は持たない方がいいですよ。

あるつもりで臨んだ方が転職は確実に上手くいきますので、考え方を変えてみましょう。

ポイント
・自信がないならあることにしよう

スポンサーリンク

転職したいだけでは厳しい

転職って『転職したいな~』というボヤっとした気持ちだけでは厳しいのが現状です。

企業としては、『どうしてもうちに入りたい』と熱望する人が欲しいですから、何となく転職したいだけだと動機として弱く、結果にも結び付きません。

 

ですから、明確に『○○な理由から転職したい』という意思を持てた方が成功しますし、その意思が自信にもなりますので、現状自信がないようならばそこをはっきりさせてみましょう。

 

例えば、

 

今の苦しい状況から抜け出す
条件の良い会社に移る
リーダーになりたい
プライベートを充実させたい

 

何でもいいです。

転職の目的をはっきりさせたらそれに向けて行動するべきです。

 

そうすることで、『何となく転職したい』だけだったものが、『こういう理由で転職したい』という強い意志に変わりますし、成し遂げるためにはどうするべきかを考えるようになります。

その結果自信も持てるようになりますので、転職したい時には目的をはっきりさせてみましょう。

ポイント
・目的を明確にすると自信になる

企業は利益を生んでくれる人を求めている

大前提として、企業は利益を生んでくれる人を求めています。

そのため、どんなに転職したい気持ちがあっても『利益につながりそうにない』と思われてしまったら上手くいきません。

従って先ほども書いたように、自信がないとその部分でマイナス印象になってしまいます。

 

ですから転職したい時には、自分の希望条件を出すことと同時に、『どうすれば転職先に貢献できるか』を考えることも必要です。

自信がない人の中には、『自分がこうしたい』という一方的な気持ちだけになっている人もいますが、それだと企業としては魅力を感じません。

成功する人はその辺りを分かっていて『自分の欲よりも転職先の求める人材になること』を考えます。

もちろんやり過ぎると転職できても負担になるだけなので無理のない範囲になりますが、重要なのは『相手に価値を提供すること』です。

その上で希望を提示した方が転職しやすいので、まずは利益を提供することに努めてみましょう。

転職市場の現状ポイント

自信がないと厳しい
目的が明確な人が求められる
利益を提供できないと難しい

スポンサーリンク

自信がない時の対処法

『転職したいなら自信は持っているべき』『自信がないと企業からの信頼度が低い』と書いてきました。

そのため現状自信がないとしても身に着けた方がいい訳ですが、そうはいっても簡単に変われない場合もありますよね。

以下ではそんな時の対処法を書いていきます。

謙虚さを武器にする

まず自信がないのなら、謙虚さを武器にしましょう。

自信がない人は概して謙虚ですから、それをPRポイントにするのです。

 

それに、自信がないことと謙虚なことは対応次第です。

つまり『自分がどう振舞うか』によって受け取る側も『この人は謙虚で好印象』と思ったりもします。

例えば訪問販売でも、強気で商品を進めてくる人は自信があるのかもしれませんが、『強引で感じが悪い』と思いますよね。

一方で丁寧で紳士的ならば、『この人ならば信頼できる』と感じるのでは?

 

このように、自信や謙虚さは振舞いによって変わります。

ですから現状自信がないのなら、そうは捉えず『謙虚だ』と思ってみましょう。

それだけで全然印象が変わりますので転職でも有利になります。

ポイント
・自信のなさは対応次第

資格やスキルは無視してOK

ちなみに、資格やスキルがないとしてもそれは気にしなくてOKです。

これが原因で自信がないのかもしれませんが、転職と資格等はそこまで関連性がありません。

関連記事:資格なしでも転職できる人の特徴!他業種でも成功する人はここが違う

 

一方で、現職場での職業能力に関してはそれなりに見られる傾向にありますが、それでも最終的には人間性で判断されるのが転職です。

人事としても『一緒に働きたい』と思えるかどうかを重視しているので、スキル等がないのならば人間性の部分で勝負するのが良いですよ。

 

『人間性にも自信がない』と思うかもしれませんが、それは単純に思い込みです。

というのもこれに関しては、答えのない分野です。

そのため、現職場ではたまたま上手くいっていないとしても、転職先や人事の評価は全く分からないものです。

ですから転職したいのならば、『前向きな人間』になってみましょう。

最終的にはこの部分がとても大切で、前向きだと『この人ならば、多少辛くても頑張ってくれそうだ』と思われます。

 

そういった人間性を見てもらうことが転職したい時には大切ですし、自信がない時の戦略になります。

資格やスキルなどの『ないもの』に関しては考えても仕方がありませんから、今ある武器を最大限に生かしましょう。

ポイント
・スキルがないなら人間性で勝負

自信がないことを受け入れる

自信がないことを受け入れることも、転職したい時には大切です。

というのも、これを受け入れることで焦りがなくなります。

これまでは『転職したい、でも自信がない』という漠然とした焦りを抱えていたかと思いますが、受け入れることで『自分は自信がないんだから、だったらその上で転職をしよう』と気が楽になるはずです。

このように、考え方をポジティブにできるかはとても大切です。

 

また受け入れるというのは『良い意味で諦める』ということです。

現状では『自信がない自分』に対して諦められないかもしれませんが、転職したいのならばそこに拘っていると前に進めませんから、『だったらそれは受け入れてしまおう』と諦める訳です。

こんな考え方も大切ですよ。

 

何より、自信は身につけようとして得られるものではなく、環境によって自然に身に付くものです。

ですから、今の自分を認めて転職に臨んでみましょう。

ポイント

自信がないなら謙虚に
スキル等はなくても気にしない
自信がないことを受け入れる

スポンサーリンク

自信の有無と転職はそこまで関係がない

自信の有無と転職はそこまで関係ありません。

もちろん人事としては、自信を持った人が欲しいのですが、しかしそれは『自信家が欲しい』ということではなく『貢献してくれそうに見えるから』という意味です。

ですから、転職先に貢献できる根拠を示すことさえできれば、自信の有無は全く関係がありません。

 

またこれは、自信があっても根拠を示せなかったら採用されないということです。

例えば高いスキルがあっても、『この人は当社の力にならない』と思われたら縁がないですから、肝心なところを見落とさないようにしましょう。

こんな理由からも、必要なのは自信ではなく『結果を出せる根拠』なので、そこに拘って活動してみて下さい。

自信がなくて失敗するのはこんな人

ちなみに、自信がなくて失敗するのは『ならばどうするか?』と考えられない人です。

つまり『自分はどうせダメだから』とここで思考が止まってしまう人は転職が難しくなります。

 

このタイプの人は、問題点ばかりにフォーカスしてそれを解決しようとしていないのです。

極端に言えば卑屈になっているタイプで、日々延々と『転職したいけどどうせやっても無駄なんだよ』と愚痴をこぼしたりもする訳です。

これだとさすがにダメですし、自信がない性格も改善されることはありません。

行動しないと何も変わりませんから、もしあなたが卑屈になっているようならば『自信がない。ならばどうするか?』と先を考えた方がいいですよ。

そうすることで答えに近づけますし、簡単には諦めなくなります。

 

卑屈になってしまうとそこで諦めてしまい思考も停止します。

そうなれば当然時間を無駄にしますので、これは注意した方がいいでしょう。

ポイント

ならばどうするかと考えよう

転職したいならできる方法を見つけよう

自信がないことに限らず、転職したいならできる方法を見つける努力をするべきです。

考え抜いた人はどの分野でも成功していますから、『自分には何ができるか?』と日々と考えてみましょう。

 

ネガティブになったらすべて終わりですから、意識して気持ちを高めることが大切です。

何より気持ち的な部分は面接に現れやすいので、転職したい時には前向きでいることを忘れないようにしましょう。

最後に

私も自信がある方ではないですが、それでも工夫しながらいろいろこなしています。

自信って目に見えるものではないですから、自分次第でどうにでもなる部分があります。

何より、転職出来たら自信になると思いませんか?

ちょっとしたきっかけで人は変われますので、止まらずに行動するようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました