フリーランスのメリットデメリット!フリー希望者必見の情報を網羅

フリーランス関係

フリーランスになりたくても、メリットとデメリットがはっきりしていないといまいち前に進めませんよね。

会社員と比べ『どんなメリットがありどんなデメリットがあるのか?』これが分かり、『自分の場合フリーランスの方が良さそうだ』と確信できたら決意できるはずです。

 

私は大学事務職員からフリーランスになりました。

大学事務はかなり安定的な業種です。

にも関わらずフリーランスを選び現在は満足しています。

 

従ってその経験から、フリーランスのメリットとデメリットを書いていきます。

これからフリーランスになりたい人にとって必見の情報となっていますので、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

フリーランスのメリット

時間に縛られない

フリーランスは時間に縛られることがありません。

1日はもちろん、年間を通して自分の好きなようにスケジュールを立てられるため、会社員とは比較にならないほどストレスがないのです。

 

例えば、

 

午前中は仕事
午後は運動
夜は遊び

 

とかこんなメニューを組むことも可能です。

全て自分次第ですから、好きなように時間を使えることがフリーランスのメリットと言えます。

 

会社員の場合、基本的には9時から5時までは拘束されたりしますよね。

さらには、朝の支度や通勤も拘束と含めた場合には、一日の中で自由に使える時間はごく僅かのはずです。

 

その点フリーランスは、極端に言えば24時間自由なのでそれが大きなメリットです。

時間は有限資産ですから、それが縛られないことは人生にとってもメリットかもしれません。

ポイント
・フリーランスは一日を好きなように使える

人間関係を選択できる

『人間関係を選択できる』これもフリーランスのメリットです。

会社員の場合、上司や同僚は選べませんし、場合によっては付き合いを断れないこともあるのでは?

そのためにストレスがたまる人も少なくないですよね。

 

一方でフリーランスは、完全に人間関係を選べます。

『この人は違う』『面倒だ』と感じたらその時点で関係を切ってしまえばいいので、これは大きなメリットですよ。

事実私も、大学事務時代の同僚と退職後も関わっていましたが、『単なる付き合いだな』と感じたため連絡を絶ちました。

 

このように、『何にも気を遣わず好き嫌いをはっきりできる』のがフリーランスのメリットです。

ですから、現在ストレスが多い日々を抱えているとしたら、フリーランスになるだけでかなり救われるかもしれません。

ポイント
・人間関係のストレスから確実に解放される

自分で仕事を選べる

自分で仕事を選べることもフリーランスのメリットです。

会社員の場合、はっきり言ってやりたくない仕事もしますよね。

ある程度抗議はできるものの、それでも『こんなこともさせられるのか』という業務も中にはあるでしょう。

 

一方でフリーランスは、完全に仕事を選べますからそういうのは一切ないですよ。

やりたくない仕事依頼が来たら断ればいいですし、強引な人ならば関係を切ればOKです。

特に今の時代、一つ二つ断ってもフリーランス向けの求人なんていくらでもありますから困ることなんてないです。

 

ですから、やりたくもない仕事をやり続けているのなら、フリーランスになってやりたい仕事に専念するのもアリかもしれません。

そんな選択ができるのもメリットの一つです。

ポイント
・フリーランスは仕事を選べる

スポンサーリンク

自分の仕事だけに集中できる

会社員の場合、『自分の仕事+上司や先輩のアシスト』ではないでしょうか?

そのため帰宅が遅くなることもありますよね。

しかしフリーランスならば、完全に自分の仕事だけなのでそれもメリットです。

 

つまりフリーランスの場合、『今日はこれをやるぞ!』と思っている時に、アクシデント的に他の業務が入ることがないのです。

そもそも自宅で働きますからそんなことあり得ませんが、現在会社員ならばきっと新鮮に感じますよ。

 

私自身、フリーランスになってからは仕事時間が日々きっちりですし、働いているという感覚がありません。

この『自分のことだけに集中できる』というのはどんなことに関しても大きなメリットだと思うので、そんな環境が手に入るだけでもフリーランスはお得な気がします。

ポイント
・フリーランスは誰にも邪魔されない

自分のペースで仕事できる

人によって働き方のペースがあると思います。

 

30分おきに休憩したい
1日の集中力は3時間まで
夜型

 

といったように、最も効率の良いやり方って人それぞれですよね。

組織はそういった個性がどうしても生かされない仕組みになっていますが、フリーランスならば最大限に生かすことができます。

 

例えば、

 

音楽を聴きながら
スタンディングデスクで
1時間おきにウォーキング

 

など、フリーランスならばどんなスタイルでもOKです。

 

これは大きなメリットだと思いませんか?

もしかしたら今のあなたは、自分の個性や強みを生かし切れておらず、そのために結果を出せていない可能性もあります。

ですから例えば『本当はこんな風に働きたい』という願望があるのなら、思い切ってフリーランスになることもアリかもしれません。

ポイント
・個性を生かせることがメリット

収入源を分散できる

フリーランスの場合、収入源を分散できることもメリットと言えます。

もちろん会社員でも可能ですが、それでも多忙なこともあり給与収入のみに頼りがちですよね。

 

一方のフリーランスならば、計画的に分散が可能です。

例えば仕事を受注するとしても、『A社・B社・C社それぞれからバランス良く受ける』とか、ブログで稼ぐのならば複数作るなど、こんな方法ができる訳です。

また基本的には常にパソコンの前にいますから、株式やFXなどに投資をすることもできます。

このように、資産運用も含め分散できることもフリーランスのメリットです。

 

企業は人生まで保証してくれませんから、フリーランスに興味があるようならば綿密な人生計画を立ててみましょう。

ポイント
・計画的に収入源を分散できる

スポンサーリンク

転職や再就職という保険がある

フリーランスの場合、『ダメだったら転職や再就職』という選択肢もあります。

これは大きなメリットだと思いませんか?

 

もちろんそう簡単に再就職できる訳ではないですが、それでも需要はあります。

つまり、『失敗したら終わり』ではないのです。

 

それに一度挑戦してダメだったとしても、それまでの経験値はゼロではないはずです。

従って例えば、『一度就職をして、働きながらフリーランスも続ける』という選択もあります。

実際に、兼業ブロガーさんは多いですよ。

このように、保険があることもメリットなので、『フリーランスはリスクの塊だ』と思う必要はないでしょう。

ポイント
・再就職という保険がある

休日設定が自由

休日設定が自由なこともフリーランスのメリットです。

簡単に言うと『自分の気分で休める』のがフリーランスです。

平日でも休日でも、『今日は気分が乗らないな』という日をオフにして、それ以外をオンにすればいいのではかどりますよ。

 

ちなみに私は、完全に自分のペースでやりたいため予定を入れないようにしています。

というのも予定を入れてしまうと、『その日に合わせて進めなければならなくなる』ので、その時点で休日設定がフリーではないからです。

 

『朝の気分でやるかどうかを決める』こんな選択ができるのはフリーランスだけです。

そもそも、1週間の中でオンとオフを決めてしまうって効率が悪いように思います。

このような、完全自由を実現できるのがフリーランスのメリットです。

ポイント
・その日の気分で休める

規則正しい生活ができる

フリーランスになると規則正しい生活ができます。

これもメリットですよ。

 

私は現在『7時起床、23時就寝』『朝食7時過ぎ、昼食13時、夕食19時』という生活を何年も続けています。

そのため体調がとても良く、不健康とは無縁です。

 

しかしながら、会社員だとこういう生活ってどうしても無理ですよね。

残業や付き合いもありますから、どうしてもペースを作れないでしょう。

そういった不健康から抜け出せるのもフリーランスのメリットです。

 

健康はとても大切ですから、生活習慣改善のためにも、フリーランスは良いかもしれません。

満員電車に乗らなくて良い

これもよくある話ですが、フリーランスになると満員電車と無縁になります。

移動がある仕事ならば電車に乗りますが、私のように基本自宅勤務の場合全く利用しないですから、電車の乗り方さえ忘れますよ(笑)

事実、もう5年以上電車乗ってないですからね。

 

通勤って毎日苦痛でしかないのでは?

そういうのを避けられるのもメリットですから、チャレンジしてみる価値はあると思いますよ。

睡魔を我慢しなくて良い

これも意外なメリットですが、フリーランスだと睡魔を我慢する必要がありません。

仕事中でも、『眠いな』と感じたら軽く寝てしまった方が効率が良いので、実際にそうすることもあります。

 

眠気を我慢するってかなり大変だと思います。

しかしながら、会社ではさすがに寝る訳にもいかないですよね。

フリーランスならば完全に自分の意思に従えますから、あらゆるストレスから解放されますよ。

メリットポイント

時間や人に縛られない
ストレスがない
何もかもが自由

スポンサーリンク

フリーランスのデメリット

あまりないですが、フリーランスにもデメリットがあります。

以下ではそれについて書いていきます。

独立当社は収入が不安定

フリーランスのデメリットとして確実に言えるのが、『独立当初は収入が不安定』ということです。

はっきり言って、これが最大のデメリットです。

むしろこの部分に不安がないのならばデメリットなんかないと言ってもいいくらい、『不安定である』というのは会社員にはないストレスです。

 

実際にフリーランスの中には、『安定収入が欲しい』という人も少なくありません。

しかし残念ながら、フリーランスになった時点で安定収入ってないんですよ。

例えば不動産の家賃収入や株式の配当所得といった不労所得があっても、どちらも安定とは言い切れません。

不動産の場合、入居者が出てしまったら減収ですし、配当所得には減配や無配、倒産リスクがあります。

 

ですからこの『不安定である』というのはフリーランス最大のデメリットです。

ただしこの問題に関しては、同時にメリットでもあります。

というのも、『自分次第で高所得者になれるから』です。

頑張りによっては今とは比較にならないほどの資産を形成できる可能性、それを秘めているのがフリーランスです。

ですからこの不安定も、一概にデメリットとも言い切れません。

 

ただし独立当初は殆どのフリーランスが苦労していますので、とりあえずはデメリットと言えそうです。

ポイント
・独立当初は収入がきつい

運動不足気味になる

フリーランスは自宅勤務が多いため、運動不足気味になることもデメリットです。

必要な外出と言ったら買い物くらいですから、確かにこれは深刻ですね。

 

私の場合筋トレやウォーキングを毎日しています。

また食事も健康的なものしか食べていません。

このように意識的に対策していますから、健康診断で引っかかったことはないですよ。

 

また食事を完全にコントロールできるのもフリーランスの強みです。

私は『朝・昼・晩』の食事時間を長めにとっていますが、目的は『ゆっくり食べる』『野菜を多めに摂る』ためです。

忙しいと簡単に済ませてしまいがちですが、時間をかけてでも栄養バランスを考えた方が健康には良いように思います。

 

フリーランスは一日の消費量がどうしても少ないので、健康への意識は高めた方がいいかもしれません。

ポイント
・運動不足はデメリット

行動しないと人間関係が希薄過ぎ

会社員と違い出会いや交流がないのもフリーランスのデメリットです。

会社員ならば、職場の人間とは最低でも会話をしますし、それ以外にも出会いがあったりしますよね。

しかしフリーランスは、行動しない限り完全に孤独です。

 

私は独りでコツコツ作業するのが好きなのであまり気にしていませんし、そもそも人間関係がそこまで好きじゃないので特定の人としか関わりません。

しかしあなたが、『出会いや交流が頻繁にないと寂しい』と感じるタイプならば、フリーランスは辛い可能性があります。

 

もちろんフリーランスでも、ツイッターで交流をしてオフ会に参加したり、そこから広がったりもしているようです。

そのため、行動すればいくらでもチャンスがあります。

むしろ共通の目的を持った仲間ですから楽しいかもしれないので、メリットなのかデメリットなのかは人それぞれですね。

 

いずれにせよ、『行動しない限り孤独』これは確実なので受け入れておいた方が良いでしょう。

デメリットポイント

収入が不安定
運動不足になりがち
人間関係が希薄

最後に

全体を通して、私はメリットの方が多いと思うのでお勧めですね。

もちろんフリーランスが向いているかどうかは個人の性格次第ですから何とも言えませんが、私の場合、不安定も含めて楽しいので本当に向いているようです。

 

最終的に言えるのは、『自由を取るか安定を取るか』といった感じです。

ですから、今少しでも自由に興味があるようならば色々調べてみるといいかもしれませんよ。

まずは兼業でブログを始めたり、フリーランス向けの求人サイトに登録してみるのもアリだと思います。

その一歩を踏み出すだけで見える世界が変わりますので、是非始めてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました