仕事が合わない…辞めるべきかの基準【私はこの理由で退職した】

仕事辞めたい系

仕事が合わない時には辞めるべきなのか?

せっかく就職しても『合わないな』と感じてしまったら辞めるべきか悩みますし、それもあり集中できなかったり覇気がなくなったりもしますよね。

この『合わないと感じている仕事を続けている状態』って辛いと思います。

 

私も辞めるべきか悩んだ時期がありましたので、この記事では『合わない仕事を辞めるべきかの基準』『私が退職した理由』について書いていきます。

合わない仕事でも、それが本心とは現時点では限らないので、慎重に自分自信と向き合ってみましょう。

スポンサーリンク

仕事が合わない時に辞めるべきかの基準

合わないことが一時的かどうか

まず考えたいのは、合わないことが一時的かどうかです。

例えば就職して半年とか、そこまで期間が経っていない場合には『この仕事は合わない』と感じる人が多いものです。

最初の頃は皆大変ですし、何より学生から社会人になったという変化に対応できず、それもあり『辞めるべきなのか?』と悩む人は多いです。

つまり『本当に仕事が合わないのか』を判定する以前の段階で、『向かない』と感じてしまうのです。

 

あなたがもしこの状態ならば、もう少し慎重に考えた方がいいですよ。

もちろん就業期間に関係なく、根本的に合わない仕事もありますが、反対に、もう少し続けることで楽しさが分かる場合もあります。

 

ですから、今合わないと感じるのが多忙や慣れない環境のせいならば慎重になりましょう。

その場合、仕事そのものについて見れていない場合があります。

ポイント
・就職当初は合わないと感じる可能性アリ

合わない原因は業務内容か

また、合わない原因が業務内容かどうかも重要です。

つまり、仕事そのものにやりがいを感じられないとか、つまらないと感じるかです。

もしそうならばこの先も楽しいと感じる可能性は低いので、それならば辞めるべきかもしれません。

 

一方で、合わない原因が人間関係ならば今後楽しくなることもあります。

例えば、今は職場の人間関係がつまらないとか、上司が合わないと感じていても、異動があれば完全に環境は変わります。

良い上司や先輩が一人来るだけで仕事も変化しますから、『業務内容ではなく人間関係』と感じているのならば辞めるべきではないでしょう。

 

ただし人間関係も、簡単に改善されるものではありません。

従って、それがストレスになるようならば辞めるのも一つの選択です。

『仕事が合わないことと人間関係は全く別』と思うかもしれませんが、人間関係も仕事の一部です。

ですから、あまりにも苦痛ならば、体調を崩す前に考えるようにしましょう。

ポイント
・仕事そのものにやりがいを感じるか

スポンサーリンク

他にやりたい仕事があるか

仕事が合わないと感じている時の重要な判断が『他にやりたいことがあるかどうか』です。

はっきり言って、他にないのならば『仕事が苦痛じゃない限り』取りあえず続けた方がいいと思います。

 

現状では、『合わないな』『辞めるべきかな』と感じているかもしれませんが、その一方で他にやりたいこともないのなら、すぐに辞めるよりも『やりたいことを見つてから』の方が楽ですよ。

無計画に辞めてしまうと路頭に迷ってしまいますからね。

 

一方で、辞めるべきかと思っているのならば、

 

転職エージェントのスカウトを利用する
フリーランスの案件を調べてみる

 

などはいいですよ。

ちなみにスカウトとは、あなたの条件に対し、企業やエージェントが魅力を感じたらオファーを出す仕組みです。

例えばそこで、年収条件を今の倍に設定した結果スカウトが届いたら興味を持ちませんか?

もちろん断ることもできますので、『今の仕事は合わないな』と感じている時には便利なツールです。

 

またフリーランス案件は、例えば仮に、現職を辞めてフリーになったらどんな求人があるのかを調べておく訳です。

現状では『今の自分に何ができるのか?』が漠然としているのでは?

フリーでも通用すると分かればそれも一つの選択肢になりますから、併せて調べてみるといいですよ。

 

現状はなんだかモヤッとしていて辛いと思いますが、こういう時には行動することではっきりしますので、『辞める』『辞めない』は別にして、次の選択肢を調べてみましょう。

ポイント
・次の選択肢を探ること

日々ストレスで苦しいかどうか

仕事が合わないと感じている時に最も大切なことは『日々ストレスで苦しいかどうか』これを重視することです。

悩んでいてはっきりしないだけならばまだ良いです。

ただし、それ以外にも大きなストレスがあるようならば、次の準備ができていないとか関係なしに辞めるべきですよ。

 

というのも、ストレスを受け続けると体に悪いですし、精神面を壊すと長続きします。

さらにそこが不安定だと転職にも影響しますから、本当に辛いようならば自分がダメになってしまう前に辞めるようにしましょう。

 

ですから、『仕事が合わない』ことに関しては、

 

他にやりたいことがあるか
転職エージェントのスカウトを利用する
フリーランスについて調べる

 

などから考えてみるといいですね。

 

それが以外にも、精神が限界ならば無理をしないことが求められますので、これらを総合して辞めるべきかを判断してみましょう。

ポイント

一時的かどうかを判断
合わないのは仕事内容か?
他にやりたいことがあるか
日々苦しいかどうか

スポンサーリンク

私は以下の理由で退職しました

ちなみに、以下は私が退職した理由です。

目標になる仕事がしたかった

私の前職は大学事務職員で現在はフリーランスです。

大学の仕事にもやりがいを感じていましたが、正直合いませんでした。

というのも、『仕事そのものを目標にできなかった』ので、それが何よりの合わない理由です。

 

私は日常の全てに向上心が欲しいタイプです。

もちろん大学の仕事も向上心を要しますが、かといって、全てにそれが必要な訳ではありませんし、はっきり言って、時間の無駄だと感じてしまう付き合いもありました。

そういうことを感じながら日々を送る中で、

 

もっと自分の利益に直結する仕事がしたい
生きること全てを目標にしたい
生活から無駄を省きたい

 

と思いフリーになりました。

 

フリーの仕事はやった分だけ自分に還元されます。

私はそれが目標になりますし合っていたようです。

このように、『日々目標があるかどうか』は、辞めるべきかを判断する上で重要な基準になりました。

ポイント
・目標のある生活がしたかった

収入よりも時間が大切

また『収入よりも時間が大切』これも辞めた理由です。

大学の仕事は激務ではないですが、それでも朝から晩までほぼ拘束されます。

その生活そのものが合わないと感じましたし、『これを定年まで続ける人生で良いのか?』と考えた時に、辞めるべきだと考えました。

 

従って私の場合、仕事内容が合わないというよりも、会社員が合わなかったのかもしれません。

おそらくどんな会社でも同じ結果になっていたと思いますが、こういうのも『辞めるべきか?』と悩んでいる時には重要な検討基準になりますよ。

ポイント
・会社員が合わなかった

人生そのものをチャレンジしたい

最終的に言えるのは、人生そのものをチャレンジしたいということです。

会社員ならば収入は安定しますが、その分チャレンジする時間は限られます。

フリーの場合、収入こそ自分次第ですが時間は存分にあります。

私は後者を選択しました。

 

もちろんどんな選択をするかはあなた次第です。

ただし、悩みを抱えながらそのままにしてしまうのは良くないですよ。

何らかの行動をして答えを出した方がいいです。

 

今のままでいいのか?辞めるべきか?転職かフリーか?など、選択肢はたくさんありますので、あらゆる可能性を探ってみましょう。

ポイント

目標のある生活がしたかった
会社員が合わなかった
人生そのものをチャレンジしたい

スポンサーリンク

仕事に対する考えは大きく二つ

仕事に対する考え方は大きく二つです。

 

合う仕事でやりがいを求めるか
収入のためと割り切るか

 

あなたはどちらのタイプですか?

もちろん、やりがいも収入も良ければ完璧ですが、それに出会うのはなかなか難しいのかもしれません。

 

一方で、今迷えているのは良いことかもしれませんよ。

というのも殆どの人は、『この仕事が自分に合っているかどうか』など考えずに何年も働き続け、たいていの場合定年を迎えます。

そして最悪なケースとしては、定年して初めて『もっと時間を大切に使って来ればよかった』と気づくのです。

 

その点あなたは、現役の今『辞めるべきか?』と考えられているのですから、この先たくさんの選択肢があるということです。

ですから、今はたくさん考えてみましょう。

諦めずに考え続ければ必ず答えは見つかります。

 

またこういう時には、誰にも相談せず一人で判断した方がいいですよ。

他人の意見を含めると意思が分からなくなってしまう場合もあります。

大切なのは『あなたがどうしたいか』ですから、それを導き出すためにも自分と向き合ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました