職場の人間関係に疲れる4つの原因!あなたが変わるべき要素

職場人間関係

職場の人間関係に疲れると『もう辞めたい』『会社に行きたくない』と思いますよね。

またそんな心理状態から日に日に元気がなくなったりイライラしたり、どんどん悪い方向に進んでしまうのではないでしょうか?

 

職場で人間関係に疲れると本当に大変ですが、こうなってしまうことには原因があります。

また、自分が変わることで解決できる場合がほとんどなので、この記事ではそれを書いていきます。

 

もちろん『あなたが悪い』ということではありません。

しかしながら、あなたと同じ立場の人でも人間関係の疲れなんて感じてなさそうな人もいますよね。

つまり、対応次第でそれなりに対処できるので、これから先のためにも変わるように心がけてみましょう。

スポンサーリンク

職場の人間関係に疲れる4つの原因

言いたいことを我慢している

職場の人間関係に疲れる人は、言いたいことを我慢している傾向にあります。

事実あなたもそうなのでは?

本当は『でもそれは』と思っても、それを言った後の展開を想像してグッと堪えたり、あるいは『そうですね』と同調してしまっているのでは?

 

私もそうやって我慢していたことがあったので気持ちはものすごく分かりますが、これを職場でしてしまうと本当に疲れるだけですよ。

職場の人間関係ってほぼ毎日ですし、友人のように『面倒くさかったら縁を切る』が簡単にはできない相手です。

ですから、『我慢したり同調する』というのは100%体に悪く疲れる行為です。

 

なので、ちゃんと言い返すようにしましょう。

自分が言い返したことによって相手が反抗してくると分かっても、それを受け入れた上で言い返すのです。

そもそも職場の人間関係ってそんなものです。

むしろそれが『議論』というものです。

 

一方的に言われるだけで疲れるようでは成長もしませんから、そういう意味でも自己主張が大切ですよ。

もちろん中には『反抗しないで黙って頷いていればいいんだ』みたいな人もいますが、そういう相手にこそ反抗すべきです。

それがあなたの成長に繋がりますからね。

 

それに真面な上司なら、実は言い返してくれた方が嬉しいものです。

『部下が自分に意見できるようになった』これは成長ですからね。

いつまでも『はいそうですね』ばかりだと上司も不安であり不満です。

こんなこともありますから、上司に限らず、職場では積極的に自分を主張しましょう。

ポイント
・疲れる相手には言い返す

周りの言動を過剰に捉えている

『あなたが周りの言動を過剰に捉えている』、職場の人間関係に疲れる原因としてこれもあり得ます。

例えば『冗談を嫌味や嫌がらせだと捉えてしまう』こういうこともあります。

もちろんこういうのって本人がどう思うかですから、あなたが疲れるようならば『止めろ』と伝えるべきです。

一方で、それが冗談ならばあなたも同じようにやり返せばいいのです。

 

従って職場でからかいのようなものを受けているのなら、その時の対処は2つです。

 

止めろとはっきり言う
同じことでやり返す

 

このどちらかです。

 

止めろといった場合、『冗談が通じない人』として職場では浮くかもしれませんが、現状疲れるような人間関係ならばそれは気にする必要ないですよ。

一方で同じように仕返しするなら、相手は悪いと思っていませんからあなたもそのつもりでいるべきですし、疲れている場合でもなくなります。

 

このように、職場の人間関係にも色々あります。

もしかしたら、疲れる原因はあなたが周りの冗談を正しく対処できていないだけかもしれません。

そんな時には、今後のことも考えて冷静な選択をしましょう。

ポイント
・職場での方針を決めよう

スポンサーリンク

自分を犠牲にしてしまっている

『自分を犠牲にしてしまっている』これが原因で疲れる人もいます。

職場の人間関係って複雑ですから、日々色々な緊張がありますよね。

そういう中で『自分が我慢したり折れることでこの緊張感がなくなる』と考える人もいる訳です。

 

例えば課長補佐と課長代理が言い合っている時に、『まあまあ二人とも』と仲裁に入るとかこんなタイプです。

仲裁ってストレスになることもありますが、それでも『自分を犠牲にすれば職場の雰囲気が良くなるから』と考えるとか、こういう性格だと疲れますよ。

 

ですから、もしあなたがこのタイプならば、職場の人間関係に亀裂が入りそうなことがあっても我関せずを貫いてみましょう。

はっきり言って、あなたが犠牲になる必要なんてありません。

何より、そういうことをしても感謝なんてされませんしむしろ都合良く思われるだけです。

 

それに職場の人間関係って、想像以上にドライです。

つまり、『無駄に関わらないことが普通』だったりもしますから、疲れるようならば完全に壁を作ってみるのもアリですよ。

ポイント
・良好な人間関係のために自分を犠牲にしない

どうでもいいことを無視できない

職場でどうでもいいことを言ってくる人っていますよね。

こういうの、無視できていますか?

できていないとしたらそれも疲れる原因です。

 

人間関係において『無視する』というのは必要なテクニックです。

『不快な言動』『興味が無い話』『疲れる話題』など、これらを無視することで、話し手に『これは関心がないようだ。話したらまた無視される』と思わせるのです。

そのためそれができないと、そういう人は無神経ですから延々と続けますよ。

そしてあなたは疲れるという、負の連鎖になる訳です。

 

ですから、会話でもメールでも、『これは疲れる』『答えなくていい』と感じたら無視しましょう。

それでもしつこく『どう思う?』とか『なんで無視するの?』と聞いてくるようならば『どうでもいいんで』とあっさり言ってしまいましょう。

職場で、しかも相手が上司だとこういう態度って取りづらく思うかもしれませんが、話題に価値がなかったら別に問題ないです。

むしろそういうことができないと人間関係なんて構築できません。

 

真面目な人ほど職場の人間関係に疲れる傾向がありますし、きっとあなたは真面目なんでしょうね。

でも、真面目って決して良いことではないです。

それに楽しいこともあまりないです。

ですから、職場の人間関係なんて適当に扱えるように、自分が変わりましょう。

職場の人間関係に疲れる4つの原因ポイント

言い返さずに我慢や同調している
冗談に対する対処が下手
無駄に自分を犠牲にしている
価値のない話題を無視できない

スポンサーリンク

あなたが変わるべき3つの要素

続いては、あなたが変わるべき3つの要素です。

実際に職場で実践し、日々人間関係に疲れる状態から脱するようにしましょう。

一つ言い返してみる

まずは一つ言い返してみましょう、ここから全てが始まります。

もちろん相手も、普段は黙って聞いたり同調するだけの人間に反抗されたらイラっとして余計に語気を強めるでしょうけど、それでも大きな進歩ですよ。

それに、自分の言動に対し相手が向かってきたら、あなたもさらに反論すればいいのです。

こうすることで人間関係に疲れなくなります。

 

もちろん現状では『やり合うのも疲れる』と感じるかもしれませんし、あるいは『職場でピリピリしたくない』と思うかもしれないですね。

私も会社員時代はどちらも思っていて避けていましたが、だからこそ『それでは疲れるだけだ』と言えるのです。

 

今立ち向かわないと後悔しますよ。

『あの時ちゃんと向き合っておけば良かった』と必ず思うので、とりあえず一つ反論してみましょう。

ポイント
・取りあえず言い返そう

いい人ぶらない

職場でいい人ぶる、これもしているのならば辞めましょう。

人間関係において『いい人を演じる』って本当に疲れる要因です。

本当の自分とは別の部分ばかりを見せる訳ですから、一人になった時にイラついたりドッと疲れが出る訳です。

 

ですから、現状色々我慢しているようならば、

 

もっと感情的になる
もっと淡々とこなす
もっと無関心になる

 

でOKです。

職場なんて人間関係で気に入られる必要はなく、仕事さえしっかりしていれば良いのですから気楽にいきましょう。

 

それにいい人ぶってしまう人は、肝心の仕事ができなかったりもするものです。

理由は『余計なことに神経を使い過ぎるから』です。

人から嫌われたくない一心でどうでもいいことばかりに気がいってしまうため、自分が本当にやるべきことに集中できないのです。

その結果評価が落ちるという最悪の結果を招きます。

 

ですから、『嫌われていい』と認識しましょうね。

そうすれば人間関係に疲れることなんてなくなりますから、意識改革をするべきです。

ポイント
・気に入られなくて良いことを自覚

好き嫌いの態度をはっきりする

『好き嫌いの態度をはっきりする』これも大切ですよ。

『嫌いな相手には嫌いでいい』これを受け入れましょうね。

 

例えば女性の中には『職場のおっさん社員で無理な人とは一切関わらない。連絡も敢えてメール』とかこんな人もいますよね。

これについては賛否が分かれますが、極端に言えば、おっさん社員と無理して関わって自分が疲れるくらいならばこのくらい露骨でいいんですよ。

職場の人間関係なんてこんなものです。

 

職場って友達とは違いますから『合わない人と努力して合わせる』この必要はない場所です。

友達ならば、関係がこじれたら修復するかもしれませんが、職場の場合そういうのは不要で、『この人は合わない』と感じたらそのまま態度に出してOKです。

 

というのも、殆どの人が職場の人間関係なんてそういうものだと思っていますから。

そのため、あなただけが『態度に出したら失礼だ』なんて考えだったら本当に疲れますよ。

 

なので嫌いならばそのまま出しましょう。

無理して関わらず、必要最小限に止めましょう。

それが職場というものです。

ポイント

言い返す習慣を身に付ける
無駄に気に入られようとしない
無理な人と我慢して関わらない

スポンサーリンク

職場の人間関係に疲れたら

職場の人間関係に疲れたら『周り変えるには自分が変わるしかない』と考えましょう。

何もしなかったら当然今の状況のままです。

訴えなかったらこちらが不快だとさえ気づかないことが殆どです。

だからこそ、何らかの方法でしっかり示す必要があります。

 

相手のことや職場の雰囲気なんて考えている猶予はありませんよ。

人間関係に疲れるって決して見過ごせない状態ですから早急に対処しましょう。

限界になる前に必要な選択をしよう

それからこういう時は、限界になる前に環境を変えることが大切です。

完全に元気がなくなってしまってからでは遅いので、まだまだ気持ちに余裕があるうちに転職や独立も検討しておきましょう。

 

というのも、自分の精神状態ってなかなか把握しづらいものです。

何より精神面は、継続的なストレスによって大きく崩れてしまいます。

そして一度崩れると元に戻すことは容易ではないですから、そうなる前に対処すべきです。

 

ちなみに転職や独立することも、『自分が変わる』という選択肢の一つですよ。

上司等に言い返すことだけが選択肢ではありません。

広く捉え、最良の方法を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました