転職するべきか迷う人向け!元就職担当から見た迷った時の方法

転職自己分析関係

今の職場にいるべきかどうかいまいちはっきりせず、『転職するべきかどうか正直迷っている』こんな状態ではないですか?

『転職するべきかどうかはっきりしない』この状態って辛いですよね。

迷いを継続的に抱えることになりますから頭がすっきりしませんし、『これから先どうなるんだろう?』と不安でいっぱいのはずです。

 

私は以前大学の就職関係部署に勤めていましたので、その経験から、転職するべきか迷う人向けに対処法を書いていきます。

 

こういう時って今すぐ答えが欲しいかもしれませんが焦りは禁物です。

慎重に自分を見つめて最適解を求めましょう。

スポンサーリンク

迷うなら取りあえず行動

『転職するべきか迷う』こういう時は取りあえず行動してみるといいですよ。

迷っているだけだとどうしたらいいのか?がはっきりせず何も見えてきません。

従って完全に転職はしないまでも、『転職をするつもりで少し進めている』ことが大切です。

 

具体的な方法としては、転職エージェントに登録して求人オファーを受けてみるのがいいです。

転職エージェントは、希望年収などの条件を元に求人を紹介してくれるシステムになっていますが、これを利用すると『現在の自分の価値』が分かります。

 

例えば希望年収を現在の倍に設定した結果オファーがあったら、『転職するのもアリだな』と決断しやすくなると思いませんか?

 

もちろん転職エージェントは、するべきか迷っている段階ならば無理強いはしませんし紹介された求人を断ることもできます。

つまり、

 

今の職場と他社の比較
自分の市場価値

 

を判断できるので、その点で転職サイトよりもお勧めです。

スポンサーリンク

転職するべきか迷うときは自己分析

転職エージェントに登録して情報収集することは基本ですが、それ以外にやりたいのは自己分析です。

 

転職するべきか迷うのは『自分について理解していないから』と言ってほぼ間違いありません。

ですから迷う時には、十分に自分と向き合って答えを出しましょう。

転職したいのはなぜ?

まず、転職したいと思うのはなぜでしょうか?

待遇や勤務時間、人間関係・やりがい・将来への不安など、色々あるかと思いますが、ここをはっきりさせることで迷う気持ちが薄れることもありますよ。

 

と迷う人の多くは、情報を整理できていません。

つまり『自分が本当はこんな理由で転職を考えている』という答えに辿り着けていないのです。

 

例えば私の例を書きます。

私の場合、転職ではなくフリーになりましたが、それでも1年~2年迷う時期がありました。

その期間中、『人間関係が嫌なのか』『仕事内容か』『勤務時間か』など、何もかもはっきりしませんでした。

 

しかし答えは、

 

もっと一日を大切にしたい
日々目標を持ちたい

 

というシンプルなもので、それを考えた時にフリーランスという選択肢しかなかったのです。

 

このように、転職するべきか迷う理由って意外と考え尽くさないと分からない場合があります。

ですから、『なぜ転職したい?』ということに対して深いところまで探ってみましょう。

スポンサーリンク

転職を迷うのはなぜ?

反対に、転職するべきか迷うのはなぜか?これに対しても掘り下げて考えてみましょう。

『転職そのものが不安』『家庭の事情』『新しい環境へのストレス』など、これも色々あると思います。

 

確かに転職って大きな決断ですから迷うのも無理はありません。

ですがこんな時には『何もしない方がハイリスクだ』と考えてみるべきです。

というのも、少なくとも転職したい気持ちもある訳ですから、迷う気持ちばかりを見てしまい躊躇ってしまうと後悔することもあります。

 

さらにするべきか迷う時って神経質になっていますから、ある程度は強気になった方がいいですよ。

そうすることで『これは問題ない』といったように不安要素のいくつかを排除できます。

 

ですから転職に迷う時には、敢えて強気になってみましょう。

そうやって引っかかる要素を潰してみて、それでも残ったものに対し向き合った方がいいです。

ネガティブになると迷う気持ちは膨らむばかりですからそこは注意しましょう。

ポイント
・迷う時には強気に

したい気持ちと迷う気持ちを比べてみる

この段階にきて、ようやく転職したい気持ちと迷う気持ちを比べられます。

例えば、『今の職場は収入が不満だ』『でも転職しても改善されるとは限らない』といったように、自分が何に迷っているからどうするべきか分からないのかが見えてきます。

 

このように、転職するべき最大の理由とそれを拒む最大の理由をそれぞれ一つに絞ることで自分のことが分かってきますので、じっくり分析してみて下さい。

情報がごちゃごちゃしているとどうしたいのかが分からず迷うばかりです。

方向性が分からない時にはしっかり整理してみましょう。

ポイント

転職したい理由を一つに絞る
転職を迷う理由を一つに絞る
絞った上でどちらが強いかを見極める

人生計画から判断しよう

転職するべきか迷う時には、人生性格から判断することも大切です。

以下でそれを解説します。

3年後・5年後のキャリアプランは?

まずは、3年後・5年後のキャリアプランはどうでしょうか?

今の職場を抜きにして、社会人としてどんな人物になっていたいでしょうか?

これを明確にすることで、『するべきかどうか』に迷うことがなくなりますよ。

 

というのも、『3年後はこんな風になっていたい』『こんなスキルを持っていたい』というのが明確ならば、逆算してそのための行動をすればいいからです。

 

例えば、『5年後は周りから慕われる存在でいたい』と思うのならば、転職するかどうかは別として、今思いっきり頑張って結果を出す必要がありますよね。

他にも、『一流のビジネスマンになりたい』と考えるのならば今より好条件の会社に転職するべきかもしれません。

 

このように、キャリアプランが明確だと迷うこともなくなります。

ですから、そこを明確にしてみましょう。

ポイント
・ビジネスマンとしての未来を考えよう

数年後、プライベートではどうなっていたい?

続いては、数年後プライベートではどうなっていたいかです。

キャリアプランと同様、プライベートの未来も転職するべきか迷う時には考えてみるべきです。

 

極端な話、『1年以内に結婚したい』というのなら、転職に関してもするべきかどうか難しいところですよね。

パートナーがいると転職も一人の意思ではなくなります。

そうなると、

 

より好条件の会社で働きたい
この業界でチャレンジしてみたい

 

という願望があっても叶わない場合もあります。

 

他にも、将来の夢が大きな資産を形成することならば転職が必須なのかもしれませんし、プライベートの未来を考えることってとても大切です。

ですから仕事だけでなく、自分についてもしっかり考えてみましょう。

ポイント
・どんな生き方がしたい?

未来を明確にして転職するべきかを判断

『未来を明確にして転職するべきかを判断』これが迷う時には大切です。

社会人として、一個人として、どちらの未来も十分に考えてみて、その上で転職するべきか答えを出してみましょう。

 

迷う時に大切なことはとにかく考えることです。

何もかもを分かるまで考えていけば自然と答えは出ますので、それを心がけましょう。

ポイント

キャリアプランを出す
プライベートプランを出す
とにかく考え尽くす

迷うのは自分と向き合う時間が少ないから

転職するべきか迷うのは、自分と向き合う時間が少ないからですよ。

日々忙しく、自分について考える時間が現代人にはありません。

ですから意識してそれを作った方がいいです。

 

そのための方法は『人と関わる時間を減らすこと』です。

他人に割いていると、その時間は自分について考えないだけでなく、余計なことに思考を使ってしまいます。

例えば愚痴っぽい同僚や、どうでもいいことに拘る仲間など、こういう人と関わると、あなたは基本聞き役になるのでは?

それだと自分について考えませんから時間的損失が発生します。

 

あなたが今やるべきことは、『迷いを完全になくすこと』です。

現状迷うことがないのならばそれでもいいですが、自分が苦しいのならば他人に割く時間なんてありませんからそこを意識しましょうね。

ですから、あなた自身のために全てを使い、これからどうするべきかの答えを出しましょう。

ポイント

他人と関わっているゆとりはないはず
ちゃんと断り自己分析に充てるべき

取りあえずプロに相談しよう

転職するべきか迷う人向けに対処法を書いてきましたが、取りあえず、プロであるエージェントに相談してみるといいですよ。

転職エージェントに登録をすれば相談も受けられますから、よりこれからについてが鮮明になります。

 

一人で抱えていても時間ばかりが過ぎてしまいます。

転職はより若い方が有利ですから、今すぐ始めて情報収集だけでもしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました