転職したいけど何がしたいかわからないなら!答えを見つける方法

転職Q&A一覧

『転職はしたいけど何がしたいかわからない』といったような、悶々とした気持ちを抱えていませんか?

『今の職場に居続けるのは違う』『でも何がしたいのかわからない』という、全く答えが出ない問題にぶち当たり、前に進めないのでは?

 

確かに、『転職はしたい』『一方で何がしたいかわからない』というのは苦しいと思います。

日々悩むことになりますし、現在の業務に対しても力が入りづらいですよね。

何より、『日常的に悩みを抱えている』という状態は楽じゃないですから、できるだけ早く解決したいはずです。

 

でも安心してください、『転職したいけど何がしたいかわからない』この状態から答えを見つける方法はあります。

私自身、会社員当時はまさにこの状態に悩んでいました。

だからこそ、どうすればいいかが分かります。

以下ではそれについて書いていきます。

 

悩みを抱えながら前に進めない時間って苦しいだけでなくもったいないですからできるだけ早く解決しましょう。

スポンサーリンク

何がしたいかわからない時の見つけ方-基本編-

単純に年収で決める

転職したいけど何がしたいかわからない、こんな時の考え方として基本的なものは『単純に年収で判断すること』です。

特別やりたいことやしたいことはない、でも転職したいというのなら、取りあえず年収ベースで探してみるのはアリですよ。

『お金が全てじゃない』というのも正論ですが、それでも収入はあらゆることを救ってくれますしやる気や割り切りの理由にもなります。

 

例えば、低収入で激務の会社だったら、そこで働き続ける理由なんてわからないかもしれないですよね。

一方で激務でもお金が良いのなら『まあ収入だけは良いから』と割り切れたりもします。

 

ですから、『何がしたいかわからない』『でも転職はしたい』という時には一先ず年収で考えてみましょう。

そうすると、ある程度絞ることができます。

ポイント
・年収は多くを受け入れられる

働きたい環境で決める

『働きたい環境で決める』これもアリですよ。

例えば、現在の職場にはそれなりに不満もあるのでは?

『人間関係がギクシャクしている』『残業がある』『朝が早い』『寮生活』など、現状では諦めていても実はストレスになっているものもあるはずです。

そういう部分から転職先を考えてみるのもアリです。

 

さらに、現在転職したい理由が人間関係ならば、次の職場では『そのストレスがないことを最優先にする』とかこんな探し方もありのはずです。

 

また転職の心理的な部分では、

 

お金が良ければ環境は気にならない人
お金が良くても環境が劣悪だと無理な人

 

とに分かれます。

あなたはどちらでしょうか?

この部分を自問自答することも、何がしたいかわからない時には有効ですよ。

 

いずれにせよ、環境重視の人も世の中には非常に多いです。

ですから、『転職したい』と感じている理由はなぜなのかを考えてみましょう。

ポイント
・環境のために転職したい人も多い

趣味ややり続けていたことから考える

『これまでにやり続けてきたことや趣味などから、何がしたいかを考えてみる』これも分からない時には有効です。

例えば、就職によって諦めたものはありませんか?

幼少期から高校や大学までずっと続けていたけれど、就職することを機に完全に辞めてしまったとかこんなものです。

 

実は、転職したい理由は『それらをもう一度やりたいから』ということも多々あります。

まただからこそ、転職はしたいけど何がしたいか分からないと悩むのです。

転職の場合、どうしても仕事ベースで考えますが、本当にやりたいことは仕事とは直接関係のないものだったりしますから、それだとなかなか答えが出ません。

 

実は私もそうでした。

ずっと体を鍛えていましたが、就職を機に満足にできなくなり、そんな生活に疑問を感じたこともフリーになった理由の一つです。

 

このように、転職したい理由の全てが『他の仕事がしたいから』とも限りません。

なので、今あなたが抱えている『何がしたいかわからない』という気持ちも広い視点で捉えてみましょう。

その方が答えが見つかりやすいです。

ポイント

年収で転職すれば割り切れる可能性アリ
環境で転職すれば精神的には楽
諦めた夢をもう一度チャレンジするのも選択肢の一つ

スポンサーリンク

何がしたいかわからない時の見つけ方-自分探し編-

続いては、何がしたいかわからない時に『自分探し』をしてみる方法です。

今の仕事を取りあえず辞めてみる

『今の仕事を取りあえず辞めてみる』こんな方法もアリです。

もちろん無計画に退職したらそのまま路頭に迷うリスクもありますが、逆に言えばその環境が奮い立たせてくれます。

 

人は本当に追い詰められないと『何がしたいか』をなかなか考えません。

例えば生活が安定していて何不自由なかったら、ある意味何がしたいかわからない状態が続きますよね。

日々楽をしたり友人とダラダラ時間を潰したりすることに、疑問なんて全く感じないはずです。

 

一方で、退職をして収入が断たれ『これから先どうなるかわからない』という精神状態に陥ったら、呑気に遊んでなんていられないですよね。

1ヶ月後どうなるかわからないし、その先のずっと闇のままですから強烈な不安に日々襲われます。

そうなった時に初めて、本気で何がしたいかを考えるとかこんな人も多いです。

 

またそういう時にこそ、物事に優先順位を付けられます。

追い込まれた状態ならば、遊びや友人関係よりも『まずは金』と考えるはずです。

さらに前回の反省も生かします。

前職を辞めるに至ったのはこんな理由だから、転職するとしてもこんな業界や環境は向かないといったように考えます。

 

このように、敢えて追い込まれた状態を作ることで本気になれることもありますので、何がしたいかわからない時には、取りあえず辞めてみるのもアリですよ。

ポイント
・追い込むことで見えるものがある

価値創造行動に時間をかけてみる

転職のことは一旦忘れて、価値を創造する行動に時間をかけてみるのも良いですよ。

週末に旅をしてみたり勉強をしたり、新しい知識や価値観を身に付けることで、『何がしたいかわからない』という状態から抜け出す訳です。

 

転職したい時に大切なことは、単なる職探しにしないことです。

というのも、転職って人生の選択そのものですから意外と奥が深いです。

なので、『職探し』という視点にしてしまうとミスマッチも多いのでそれは避けましょう。

 

そうではなく、もっと広い視点で『自分』について分析・研究した方がいいです。

例えば現状は『転職したいけど何がしたいかわからない』訳ですよね。

これはつまり、自分について分かっていないということです。

この状態で『職』という視点だけで探してもなかなか答えは出てきません。

 

ですからそのためにも、価値観を広げてみるのも良い訳です。

今は全くない価値観を持てたら『これがしたい』と簡単に見つかる可能性もありますので、そういう意味では焦らず、職探しではなく『自分探し』をしてみましょう。

ポイント

退職して自分を追い込むことで答えが見つかる可能性
職探しではなく自分探しが大切
価値観を広げる行動に積極的になろう

スポンサーリンク

何がしたいかわからない時の見つけ方-情報収集編-

転職したいけど何がしたいかわからない、こんな時には情報収集も大切です。

以下で方法を紹介します。

異業種交流会に参加してみる

まずは、異業種交流会に参加してみることです。

転職したいなら、様々な業界を見ておいて損はありませんので異業種交流会はお勧めですよ。

無料から有料まで幅広くありますし、このような会に参加する人は情報交換に積極的なため進んで話してくれます。

 

そして、異業種交流会最大のメリットは『生の声』が聞けることですね。

やはり、直接聞けるのかネットや雑誌によるものかはかなり違います。

直接の場合本音が出ますが、ネット等は『そのために用意した文章』であることが殆どです。

つまりは『綺麗ごと抜きの現場の声』が聞けるので、それが最大のメリットです。

 

あなただって、今の業界に対してインタビューされた場合、100%本音では語れないですよね。

ある程度格好つけてしまうのでは?

一方で、友人と居酒屋で語り合っている時には、愚痴を含め本音が出るのでは?

 

居酒屋での雑談レベルではないですが、異業種交流会も本音の場所なので、その点で、転職したい時にはお勧めです。

ポイント
・異業種交流会は本音が聞ける

ネットのオフ会に参加する

ネットのオフ会に参加するのもアリです。

こちらも本音が得られる場所ですし、異業種交流会よりも参加ハードルは下がるのでは?

またオフ会は、完全に居酒屋の雑談トークですからある意味良いかもしれません。

その一方で、情報の信用度という点では劣る部分があります。

 

オフ会の場合、もしかしたら肩書を偽っている人もいますから、そうなると無駄足になってしまいますね。

とはいえ今の時代、SNSからの情報収集は当たり前ですし定着しています。

その点では、オフ会の信用度も高まる一方なのかなと個人的には思います。

 

もちろん最終的には、自分自身で信用に値するかを判断する必要がありますが、オフ会も利用してみると、転職したい時には良いかもしれません。

ポイント

異業種交流会は信用度の高い情報が得られる
オフ会は気軽に参加できる
何がしたいかわからない時には情報収集しよう

スポンサーリンク

転職したいけど何がしたいかわからない時のポイント

『転職したいけど何がしたいかわからない』こういう時のポイントは、『あらゆる角度から考える』ということです。

単純な職探しだけにならないように気を付けて、自分が最も大切にしているものは何かを考えるのです。

 

先ほども書いたように、仕事や転職は人生そのものです。

ですから、じっくり時間をかけて考えた方がいいですよ。

 

キーワードとしては、『まず最初に、最も大切にしているもの』を見つけることです。

それが収入なのか環境なのか、あるいは仕事内容かその他のことなのか、これは人それぞれ違いますが、この部分を明確にすると方向性が定まります。

 

ちなみに私は『時間』でした。

収入や職場環境よりも、『まず時間を大切にしたい』と考え、その結果フリーランスになりました。

私は大学事務職員からフリーになりましたが、詳細については『安定を捨てて私が転職を決めた理由!大学事務職員からフリーランスになった本音』に書いていますので良かったら読んでみて下さい。

 

いずれにせよ、『転職はしたいと思っている』『でも何がしたいわからない』という時には、『最も大切なもの』をはっきりさせましょう。

そうすることでやるべきことが見えてきます。

またそれをはっきりさせるためには、自分をあらゆる角度から分析する必要があります。

 

是非『仕事』という枠に捉われず、人生そのもので考えてみて下さい。

転職は焦らず考えよう

転職したい気持ちが強くても、焦らない方がいいですよ。

焦ってしまうと間違った決断をする場合があります。

自分を追い込むことと焦ることは全く違うので、いつでも冷静な判断を心がけましょう。

 

一方で、現状のように日々悩んでいる状態は辛いと思うので、思考を止めないようにしましょう。

そのためには、『必ず答えを見つける』ということに対し諦めないことです。

この気持ちがあれば絶対に辿り着きますから、自分を信じて正解を探し求めてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました