【転職しよう】仕事がつまらないのは心の叫び。新しい人生を選ぶべき理由

仕事つまらない系

仕事がつまらないと『転職するべきかどうか』と迷いますよね。

つまらないのなんて普通だから、それを理由に転職を考えるなんて甘いのではないか?

こんな考えがある一方で、『このままつまらない仕事を一生続けるのか?』という疑問もあるでしょう。

 

仕事って確かに大変な部分もありますし、簡単ではない点からつまらない事もあるのかもしれません。

しかしそれでも、『つまらない』と日々感じるような仕事ならば転職した方がいいです。

 

私自身、日常に疑問を抱きながら仕事を続けましたが、最終的には退職をしてフリーランスになりました。

従ってこの記事では、『仕事がつまらないなら転職するべき』という視点で、その理由を書いていきます。

 

特に今は、選択肢は無限にありますので、新しい人生を選ぶ勇気を持ってみましょう。

スポンサーリンク

仕事がつまらないのは心の叫び

つまらないと感じる時点で答えは出ている

現時点では、『転職するべきかどうか…』という疑問があるかと思います。

しかし、『仕事がつまらない』と感じている時点で答えは出ています。

つまりあなたは、今の環境に満足していないのです。

 

転職するべきかどうかに関しては確かに慎重になるものですが、一方で、現状のままつまらない仕事を続けたら後悔する可能性が高いです。

 

例えばこのまま悩み続け、5年・10年と月日が流れたら、きっとあなたは『あの時転職しておけば良かった』と思いますよ。

転職するなら若い方が良いですし、それに限らずどんな行動も早めの方が結果に結びつきます。

 

ですから、現状悩んだり迷ったりしているようならば、次のように考えてみましょう。

『自分の中で既に答えは出ている。だからその上で、どんな行動をするべきかを考える』

仕事がつまらない時にはこんな思考を持てるといいです。

 

ポイントとしては、『悩むのではなく考える』ということです。

どうしようかなと悩んでいても先に進めないので、選択肢を絞り込んで行動することです。

そうすると、『転職する』『仕事がつまらないなら楽しめる工夫をする』など、具体的な決断に進めます。

関連記事:転職するべきか迷う人向け!元就職担当から見た迷った時の方法

 

ポイント
・仕事がつまらないと感じる時点で答えは出ている

スポンサーリンク

つまらないと感じる時点で今を楽しめていない

『つまらないと感じる時点で今を楽しめていない』これも転職すべき理由です。

『今を楽しめていない』これってもったいないと思いませんか?

というのも、仕事もプライベートも充実している人は世の中にたくさんいる訳です。

そんな中であなたは、仕事がつまらないと日々感じているのです。

 

人生の時間には限りがありますし、これだけはどうにもなりません。

そのためできる限り、自分の歴史の中で『つまらない時間』というのは作らないべきです。

 

そんなの理想論のように聞こえるかもしれませんが全然そんなことはなく、現在はそれが可能な時代なんですよ。

ですから、少しでもつまらないと感じるような仕事ならば、さっさと見切りをつけて転職した方がいいです。

 

仕事選びって簡単ではないですから、『できるうちに失敗しておくこと』が大切です。

つまり、若いうちに転職を経験することです。

そうすれば、その転職が仮にダメでもまたトライできます。

 

あまりに年齢が上がってからでは需要面では不可能ではなくても、自分自身の問題で転職に抵抗を抱えてしまいます。

なので、今が楽しくないのならば違う道を見つけてみましょう。

ポイント
・人生につまらない時間があることは損失

つまらないと感じる時点で進むべき道ではない

『つまらないと感じる時点で進むべき道ではない』こんな考え方もあります。

仕事に対する考えは大きく2つあり、

 

お金と割り切って働く
やりがいのために働く

 

のどちらかだと思います。

 

仕事がつまらないと感じているあなたは、おそらく後者の『やりがいを求めるタイプ』なんだと思います。

その場合、現在の仕事ではそれが見つけられないため、だからこそ進むべき道ではないのかもしれません。

 

私自身やりがい型なのでよく分かりますが、この性格の場合、収入が良くても日常にやりがいがないと日々消耗していきます。

『つまらない』『こんな日常でいいのか?』『定年までこんな感じか?』とネガティブなことばかり考えたりもするのでは?

 

こういう思考になっているとしたら、ほぼ確実に、今の仕事はあなたにとって適したものではありません。

ですからそんな時には転職を検討してみるといいと思いますよ。

あるいは私のように、フリーになるとかこんな選択肢もアリだと思います。

 

いずれにせよ、『仕事がつまらない…』と日々抱え込んでいるのなら、その現状を変える努力をしてみましょう。

はっきり言って、行動しなかった時間は振り返った時に『無駄だった』と感じます。

私自身退職するまでに1年~2年悩みましたが、もっと早く決めていればと今でも思います。

 

なので、『この仕事は違う』と思うのならば、転職でも独立でも、次の選択のための行動を心がけましょう。

ポイント

つまらない時点で答えは出ている
楽しまないと人生は損
自分が進むべき道に進もう

スポンサーリンク

転職先を考える時のポイント

ちなみに、転職先を考える時にはポイントがありますので、それを簡単に書いていきます。

自己分析をする

転職を検討する時には、自己分析をすることが大切です。

当たり前のように思えるかもしれませんが意外と見落としがちな部分です。

 

というのもたいていの場合、転職となると『仕事内容』で選びがちです。

『今は事務職だから次は企画職にしよう』とか、こんな基準で転職を考えがちなものです。

しかしそれだけだと、自分のことが分かっていないため失敗もあり得ます。

 

なので転職する際には、単純な仕事選びではなく『自分についても研究・分析をする時間』だと思ってみましょう。

そうすると、『今がつまらない理由』を徹底的に調べるため、転職後また同じような状態にならないための選択をします。

 

要するに、ここの段階で自分についてしっかり理解しておかないと、転職をしても『結局仕事がつまらない』とかこんな状態もあり得るということです。

そうなってしまうと何度も転職を繰り返す人になってしまうので、自分に向き合う時間を作ることが大切です。

ポイント
・転職する時には自己分析を徹底する

どんな人生を送りたいかを考える

続いては、具体的な自己分析の方法ですが、それが『どんな人生にしたいかを考える』ということです。

これをじっくり考えることで自分のことが分かってきます。

 

例えば『10年後は経済的にゆとりを持った生活を送りたい』というのなら、今よりも給料が良い会社に転職する必要がありますよね。

他にも、『10年後は恋人と自由な生活を送っていたい』と思うのなら、転職も良いですが独立という考え方もあります。

 

このように、『5年~10年、またそれ以上先』についてどんな理想を持つか?

これが自分を分析するということです。

こうすることで『今やるべきこと』が明確になるため、転職するとしても就くべき仕事が見つかりますし、目標が明確だからこそ『つまらない』と感じることもないはずです。

 

ですから、未来についてとにかく考えてみましょう。

もしかしたら、今がつまらないのならばそれは未来が見えていないからかもしれません。

未来が鮮明な人は単純作業でも『これは将来のため』と頑張れますので、あなたも自分の未来を鮮明にしてみましょう。

ポイント

転職する時には自己分析が大切
どんな人生を送りたいかを考える
目標が明確だとやる気が出る

スポンサーリンク

無理や我慢をせずに自分に正直になろう

仕事がつまらない時には、無理や我慢をせずに自分に正直になった方がいいですよ。

退職や転職って別に悪いことではないですし、『つまらない』と感じることも同様です。

 

それよりも大切なことは『今のあなたの気持ち』です。

今あなたが『つまらない』と感じているのなら、その仕事を続ける理由なんてありません。

 

ですから、『誰かに気を遣う』『顔色を窺ってしまう』などがあるのならば不要ですし、『転職したいけどリスクだ』と思っているのなら、『つまらない人生を送ることの方がリスク』と考えた方がいいかもしれません。

 

また私の例を書きますが、私は大学事務職員からフリーになりました。

大学事務はそれなりに高収入だったため、フリーになりたての頃は激減しました。

それでも、毎日やりたいことをしていたため楽しかったですよ。

 

もちろんどんな人生を送るかはあなた次第ですが、つまらない時間が多い人生が幸せとは思えませんし、仕事は選べる時代です。

ですから、何かに対し無理や我慢をしているのだとしたら、そんなものは取っ払って好きなように生きましょう。

仕事がつまらない時は人生の転機

仕事がつまらない時は人生の転機ですし、あなたはそれに気づけた才能ある人です。

というのも殆どの人は『それがつまらない』と気づくこともなく、ただ何となく日々時間を潰しているのです。

 

たいていの場合『これでいいや』『こんなもの』と自分に言い聞かせ、本当はもっと良い選択肢があるにも関わらず諦めているのです。

例えば本気で転職をすれば、殆どの人は今よりも年収を上げられるはずです。

でもたいていの人は『まあいいや』と行動をしません。

 

でもあなたは、『このままでいいのかな?』と疑問を持てた訳ですから、それだけで才能に恵まれた人だと言えますよ。

ですから、そんな自分の長所を潰してしまわないようにしましょう。

 

人生は一度きりです。

そして、今日の怠惰は明日以降に繋がりますので、今日中にできることは必ずやり遂げる人になりましょうね。

タイトルとURLをコピーしました