後悔しない人生を送るために私が心がけている5つのこと【時間を大切にする方法】

生き方・人生一覧

『後悔しない人生を送りたい』誰だってこう思いますよね。

数年後に『こんなはずじゃなかった』なんて思いたくないのは当たり前で、そうならないために日々考えたり努力しているのではないでしょうか?

 

一方で、後悔しない人生にしたいのはもちろんだけど、実際のところ何をすればいいのか分からないとかこんな場合もありますよね。

確かに人生の選択って難しいですし、1年間はもちろん、1ヶ月の使い方次第でその後の人生に大きく影響することだってあります。

 

この記事では、『後悔しない人生を送るために私が心がけていること』を書いていきます。

なぜ私の心がけか?

それは、

 

過去に後悔した経験がある
現在は計画的に進めた結果後悔していない

 

という、どちらの経験もあるからです。

 

私は以前大学事務職員をしており、その際就職関係部署にいたためキャリアに対する専門知識もあります。

とはいえ、『人生の専門家』として語れるほどの知識量ではないです。

 

ただし、後悔と成功、どちらも経験していることは大きな強みと言えますので、そんな経験を踏まえ、後悔しない人生を送るために何が必要か?その心がけを紹介していきます。

スポンサーリンク

後悔しない人生を送るために心がけている5つのこと

仕事を生活の中心にしない

『仕事を生活の中心にしない』後悔しない人生のためにまず心がけたのはこれになります。

どいうことかというと、仕事中心の生活だと『働くために生きている』という感覚になってしまったため、私はそこに疑問を感じ生活を変えました。

 

例えば会社員(大学事務)の時は7時起床で帰宅が20時~22時、こんな生活だったと思います。

これだと、一日の中で仕事以外に何かに割ける時間なんてほぼないので、それもありフリーになりました。

 

またフリーになった当初は、一日10時間以上仕事ばかりしていましたが、ある時、『これでは意味がない』『もっと後悔しないように生きよう』と思った訳です。

 

その結果現在は、仕事・運動・遊びを一日の中でバランスよく配分しています。

こうしたことで精神的にも安定しますし、もちろん追い詰められる感覚もないです。

 

不思議なもので、仕事ばかりに捉われていた時期の方が追い詰められており、低収入でもそれを受け入れて『後悔しないように人生を楽しもう』と割り切ってからは安定しています。

 

このように、仕事を生活の中心にしないことで後悔しない人生を送ることができています。

 

そして収入に関しても、独立当初こそ厳しかったですが現在は問題なく生活できるレベルになっていますよ。

ですからあなたも、生活だけに捉われない方が後悔しない人生を送れるかもしれませんし、結果的に裕福になる可能性もあります。

ポイント
・後悔しないためには毎日楽しむこと

人間関係が大切だと思わない

『人間関係が大切だと思わない』これも後悔しない人生を送るために心がけていることです。

人間関係って『大切にするもの』という印象があるかもしれませんが、私は『必ずしもそうではない』と思っています。

理由は『関わる人によって良くも悪くも影響を受けるから』です。

 

良い影響を与えてくれる人ならばいいですが、悪い影響を与える人と関わってしまうと後悔するはずです。

そして難しいのが『その見極め』です。

 

人間関係って、その相手が良いのか悪いのか、これを見極めるのがとても難しいですし、何より相手にも都合がありそれぞれに感情があります。

そのため、『人との関わりは大切だ』と思っていると重要な部分を見落としてしまい、余計な付き合いを続けたり面倒に巻き込まれたりなど、こういうことがあるように思うんです。

 

なので私は、後悔しない人生を送るためにも大切だとは思わないようにしています。

事実こうして心がけるようにしたら、もの凄く自分の時間ができましたし、色々なことに集中できるようになりましたよ。

そして時間ができたということは目指しているものの結果も近づいてきます。

 

ですから、後悔しない人生を送りたいのならば、ある程度割り切ってしまうのもアリかもしれません。

ポイント
・人より自分の人生が大切

スポンサーリンク

常に投資の姿勢を持つ

『常に投資の姿勢を持つ』これも後悔しない人生のために心がけていることです。

投資の姿勢とは、株式や不動産等に限らず、人生全てにおいてです。

 

株式投資はしていますが、それ以外にも私は、『思考を投資にする』これを心がけています。

例えばお金を使う時も『資産になるかどうか』という判断を自然にしています。

 

具体的に言うと、飲みに行くのはその場の一時的な快楽であり資産ではないですよね?

また外食も同じです。だからそれらはやりません。

一方で、健康を考えた食事は体調管理になるためこれは資産扱いです。

 

つまり『ここでお金を使う(投資する)ことで、将来的にどんな結果が得られるか?』という視点でいつも判断しているのです。

この基準を持ってから、後悔しない人生が送れるようになったように思います。

 

お金を使う基準なんて人それぞれですが、私は一時的な快楽のために使っていては後悔しない人生は送れないと思っています。

そのため、この基準が異なる人とも関わりません。

 

こんな風に、投資思考で判断することも、後悔しない人生のためには必要かもしれません。

ポイント
・お金を使うなら自分が成長できることが大切

今日が人生最後の日でも後悔しないように過ごす

『今日が人生最後の日でも後悔しないように過ごす』これも心掛けています。

後悔しない人生ってなかなか難しいですが、確実に後悔しないためには『1日1日を大切にすること』です。

それさえできていれば、たとえその日に絶命するとしても後悔しないはずです。

 

具体的に何をしているか?

それは先ほども書いた通り、仕事・運動・遊びのバランスです。

これらを均等に日々励むことで、『今日も頑張ったな』と思えるので、私は仮に今日絶命するとしても後悔しない人生と言えますよ。

 

ポイントは『毎日頑張っていること』なのかなと思います。

目標を持って頑張っていれば、たとえ志半ばだとしても後悔しない人生になるように思います。

私自身、まだまだ成し遂げたいことがたくさんありますが、それでも後悔しない人生だと言い切れます。

 

もちろんこの辺の基準は人それぞれで、『何かを目指して日々頑張るよりも友人や知人に囲まれた人生の方が後悔しない』『恋人に愛されていれば後悔しない』など、色々だと思います。

 

ですから、あなたにとって後悔しない人生の基準とは何か?

これを見つけられるといいかもしれません。

 

日々頑張りたい人なのか?笑顔に囲まれたいのか?愛情が欲しいのか?

何ならば後悔しない人生だと言えるでしょうか?

それがはっきりしたら、それを実現するための行動を心がけた方がいいですよ。

 

ただし残酷なことを書きますが、友人や知人、恋人などは自分の思い通りにはなってくれないものです。

皆それぞれに人生がありますので、『誰かのために時間を割いてくれる人』はなかなかいないのかもしれません。

 

その点で考えると、自分一人でできることの方が後悔しない人生を送れる可能性もあります。

ですからそういう意味でも『最後の日でも後悔しないためにはどんな状態でいるべきか?』を考えてみるべきです。

 

最も理想は、『普段通りに過ごしていること』だと言えますので、是非それを実現してください。

ポイント
・日常を人生最高の日にしよう

一般論や大衆心理に惑わされない

『一般論や大衆心理に惑わされない』これも後悔しないために心がけていることです。

例えば、飲み会や旅行、異性との交際、これらが楽しいというのは一般論ですよね。

つまり、本当に楽しいかどうかは個人次第ということです。

 

しかしながら多くの人は、『それは楽しいもののはず』と思い込んで、後悔しない人生を送るためにもその環境を手に入れるために必死になります。

 

でも実際はどうでしょうか?

あなたも、飲み会に参加してみた結果『つまらなかった』という経験がもしかしたらあるのでは?

特に職場の飲み会ならば、『こんなのは仕事と同じだ』と感じたりもしませんか?

 

交際に関しても、上手くいっている時は良くても、パートナーと揉めたりトラブルになったり、相手がストーカー化でもしたら後悔するのでは?

 

このように、一般論や大衆心理として言われるものが必ずしも正解とは限らないのです。

私は昔から、大勢が楽しいとするものを苦痛と感じる傾向がありましたが、そんな自分を否定するところがありました。

つまり、『皆がやっているんだから自分もやるべきだ』と強制的にそれを好きになろうとしていたのです。

 

でもそれだと、後悔しない人生って送れません。

なぜなら、『周りに流される人生』になってしまうからです。

 

別に人と合わせなくてもいいですし、他人がつまらないとすると生き方を『楽しい』と感じても良い訳です。

むしろこういう思考を持てた方が後悔しない人生を送れますので、あなたももし、一般論や大衆心理に流されているとしたら、早急に変わった方がいいですよ。

 

自分の中にある疑問に対し素直になるべきです。

『実はつまらないと感じている』こういうものがあるのならば今すぐ辞めることで後悔しない人生を送れます。

これは会社も例外ではありません。

つまり、『違う』と思うのならば転職や独立も検討した方がいいということです。

 

事実私は、会社員という生き方に疑問を持ちフリーになりましたが、あの時決断していなかったら確実に、後悔しない人生なんて送れていなかったです。

後悔しない人生を送るポイント

仕事を生活の中心にしない
人間関係が大切だと思わない
常に投資の姿勢を持つ
今日が人生最後の日でも後悔しないように過ごす
一般論や大衆心理に惑わされない

スポンサーリンク

後悔してしまう人の特徴

続いては、人生で後悔してしまう人の特徴を簡単に書いていきます。

人生にとって何が大切かを理解していない

『人生にとって何が大切かを理解していない』こういう人は後悔するはずです。

事実、以前の私はこれでした^^

会社員当時は本当にこんな感じで、先のことなんて一切考えていませんでした。

 

当時は恋人こそいたものの、『結婚したいのか』『家庭を築きたいのか』など、こういうことも全く考えず、ただただ目的のない、感情的な交際を繰り返す日々だったように思います。

 

このように、人生で何が大切かを理解していないと、後悔しない人生なんてまず送れませんし、それどころかある日突然、『これまでの自分』を痛烈に後悔します。

 

私の場合、仕事はそれなりに頑張っていましたが、それでももっとできました。

それから、株式投資をしなかったことも後悔ですし、正直交際相手も真剣に選べば良かったです。

当時は『アリかナシか』だけで付き合ってしまっていたので、これだと後悔しますよね^^

 

まあこのように、人生では大切なものが必ずありますので、後悔しない人生を送るためには早い段階でそれを見つけることだと言えます。

ですからあなたも、後悔しないためにも自分についてじっくり考えてみましょう。

友達や恋人は絶対に裏切らないと信じている

『友達や恋人は裏切らないと信じている』こういう人も後悔すると思います。

自分で言うのもなんですが、私は良くも悪くも真っ直ぐな人間で、人を疑うことを知らないタイプだったんですね^^

学生までは特定の人間関係しかないためそれで良かったのですが、社会に出るとそうもいかず、欲や駆け引き、打算が渦巻く世界に疲れてしまったところもあります。

 

もちろんこれは、社会人になるまでに多くを経験してこなかった私が悪いです。

ただし、『後悔しない人生を送る』という視点で捉えた場合、こういった人間関係への耐性が弱い人は『それを自覚する必要』があります。

 

つまり、『対人関係が苦手ならばどうするか?』と考えない限りその波にのまれてしまいますし、放置すれば確実に後悔する訳です。

当時の私はその準備をしなかったことが失敗だったので、人に対して強い信頼を持っているとしたら、気を付けた方がいいかもしれないですよ。

流されるように生きている

『流されるように生きている』これも後悔するはずです。

会社員時代は、とにかく付き合いばかりしていました。

『誘われたら断らない』こんな感じでしたし、その生活に疑問を持つこともありませんでした。

 

さらに私は、元々口数が多い方ではないため、飲み会に参加しても人の話を聞いているだけという、はっきり言って参加する理由がない感じです。

それでも一緒に飲む相手は『黙って聞いてくれるから話しやすい』ようでしたが、私としては、『時間と金の無駄』だった訳です。

 

今となってはこうやって『あれは無駄だったな』と思える訳ですが、当時はそこに気づけなかったので、それが大きな後悔です。

飲み会って参加すれば軽く2時間~3時間ですから、参加しなければできることがたくさんある訳です。

なので、『誘われたら考えもせずに応じる』という生き方では、後悔しない人生とは程遠いように思います。

 

もちろん飲むのが好きな人ならばいいのかもしれませんが、私は別に好きな訳でもなくただ流されているだけでした。

このように、自分の意思と反したことを無駄と気づかずにしてしまうと後悔に繋がりますので、これは気を付けた方がいいかもしれません。

ポイント

人生にとって何が大切かを理解していない
友達や恋人は絶対に裏切らないと信じている
流されるように生きている

スポンサーリンク

後悔しない人生を送るために真っ先にやりたいことは2つ

後悔しない人生を送るために真っ先にやりたいことについて紹介します。

私が考えるのは以下2つです。

人間関係の整理

まずは人間関係の整理です。

果たして今の友人や知人、恋人などが『本当に大切な存在か?』をもう一度見直してみることは後悔しない人生を送るためにはとても大切です。

 

自分では気づかぬうちに負担になっていたり悪影響を受けていること、こういうのも良くあります。

人は人に左右されますからまずはこれを整理しましょう。

仕事の見直し作業

もう一つは仕事の見直しです。

仕事は人生に大きく影響しますので、これも十分に考えた方がいいですよ。

 

例えば、『本当はやりたいことがある』と思っているのなら、それができる環境を探してみるとか、転職をすれば可能かどうかとか色々調べてみるべきです。

他にも、性格適性も重要で、『会社員とフリーランスどちらが向いているか』を見極めることもしてみましょう。

 

本意ではない仕事を定年まで続ける人生で、後悔しないといえるでしょうか?

今の時代、『我慢して続ける』必要なんてほぼないですから、無限にある選択肢からベストを選ぶべきです。

後悔しない人生は心がけで送ることができる

色々書いてきましたが、後悔しない人生は心がけで送ることができます。

最も重要なことは、『どうすれば後悔しないか?』を日々考え続けることです。

そうすることで答えが見えてきますので、諦めないことが肝心ですね。

 

『今の状態は仕方がない』『今が楽しければいい』という思考だと後悔する可能性もありますので、常に5年・10年先を見据えた行動を心がけられるといいかもです。

タイトルとURLをコピーしました