ブログって何を書くべき?始めたいけど題材が分からない人へアドバイス

ブログ書き方・始め方

『ブログに興味はあるけど何を書くべきか分からない』こんな疑問に対して以下で回答していきます。

 

ブログって確かに、いざ始めようと思っても『で?何を書くの?』という壁にぶつかりがちですよね。

『これを書けば良い』という正解がある訳でもないですし、色々なブログを読んでみても書いてあることは実に多岐にわたります。

 

その点で、これから始めようと思っている方は悩んだり、そもそも何を書けばいいのか分からないという状態に陥りやすいと思います。

 

そんなブログですが、実は『書きやすい』『書き辛い』それぞれの取り組み方がありますので、以下ではそれを紹介します。

初心者の方は特に、書きやすいやり方を選んだ方が長続きしますので、この辺はとても大切になってきます。

スポンサーリンク

ブログのために勉強するよりも経験したことを書こう

最初に心がけてほしいのが『ブログのために勉強するよりも、経験したことを書こう』ということです。

何を書くべきか分からないと、『勉強して知識を身につけ、それを題材にしよう』と考えるかもしれません。

それにその方が、ネタ選びとしては無限の選択肢がありますのでやりやすいようにも思えますよね。

 

しかしながら初心者の場合、それよりも既に体験していることを書いた方が良いですよ。

理由は『断然書きやすいから』です。

 

というのも、ブログのために勉強して得た知識というのは、知識レベルとしては完璧ではないことが多いです。

やはり自分が経験していないため、十分に調べ尽くしたつもりでも『百聞は一見に如かず』の状態になりがちなのです。

そのためブログに書くという意味では、どうしても上級者に劣ってしまう可能性が高くなります。

 

上級者は『知識+実際にやってみる』などを武器に記事を書いたりもしていますし、それを書くために尋常じゃない調査をすることもあります。

こういう人たちを相手に戦うとなかなか結果も出ませんし、それが原因で気持ちが萎えてしまうこともあります。

 

一方で体験したことならば、それはあなたにしか分からないことです。

これは大きな財産であり必要とされる情報なので、何を書くべきか分からない時には『経験を生かす』というスタンスを取ってみましょう。

ポイント

経験から作成された記事はブログ歴が関係ない
何を書くべきか分からないなら既に知っていることを書こう

スポンサーリンク

数年前の自分に対して書くことが簡単かつ情報になる

ちなみに経験を元に記事を書く場合、『数年前の自分に対して書く』これを心がけると書きやすいですよ。

『あの時、どんな言葉をかけられたら嬉しかったか?』『当時何が必要だったか?』など、これらを思い出しながら作成すると、必ず誰かにとって役立つブログになります。

 

それから、『数年前の自分に対して』というのもテーマがいくつかに分かれますので、以下ではそれを簡単に紹介します。

経験したこと

まずは数年前に経験したこと。

これは、旅行やスポーツなどの大きなイベントなどが当て嵌まります。

例えば、『以前海外旅行に行き、その時に面白いことがあった』とか『スポーツでこんなことをした』など、これらも記事にすると役立つ可能性があります。

 

あなたも、海外旅行などの体験記を参考にすることもありますよね。

このように、体験したことは財産ですから、ブログで発信することで誰かの救いになることが必ずあります。

ですから、何を書くべきかと悩んだら、経験を書くのが基本です。

乗り越えたこと

続いては乗り越えたことです。

例えば人間関係の問題、これも当て嵌まります。

職場や学校などでの問題を『いかにして乗り越えたか?』こういうのって不滅のテーマですから必ず需要があります。

 

それに、答えは一つではなく十人十色です。

つまり『人によってベストな回答が違う』ので、その点で『共感されるか』こそが答えとなる、とても書きやすい分野でもあります。

大変だったこと

大変だったことは、就職や転職、出産や結婚などです。

これらも絶対需要のある分野ですし、『経験した人にしか分からないこと』でもあるため情報になります。

 

例えば結婚ならば、『結婚できた方法』とかもかなり需要がありますよね。

さらにその方法も、やはり人によって答えが異なる『正解がないジャンル』なので自由に書いて良い訳です。

 

このように、『大変だった過去』というのはブログの良いネタになりますので、積極的に書いていくと良いかもですよ。

悔しい記憶

数年前に感じた悔しい記憶、これも大変だったことに似ていますが、こちらは後悔していることです。

後悔していることも実は情報になります。

理由は『読む人は同じ失敗をしないで済むから』です。

 

例えば私の後悔は、『ブログを始めた当初から正しいやり方をすれば良かった』ということです。

10年くらい前に始めましたが、当時は書籍から知識を得ていたにも関わらず、自己流で書いていました^^

それでも根性でアクセスと収入を伸ばしましたが、正しいやり方でやっていれば比較にならないほどの結果を得ていたと思います。

 

このように、失敗も情報になるため、何を書くべき?と迷うようならば失敗談もありですよ。

『恥をさらす』って勇気がいるかもしれませんが、それが誰かのためになったりもしますので、せっかくブログを書くのならばオープンにしてしまいましょう。

スポンサーリンク

書く時のポイントはアドバイス型

それから、ブログを書くなら『誰かにアドバイスをするような感じで書く』この方がいいかなと思います。

他にも『読書感想文』のような書き方もありますが、経験上こういうのはあまり読まれません。

 

そもそも、検索する人は『情報』を求めています。

つまり、悩みや不安、疑問を解決したくてグーグル検索をし、その結果辿り着くのがあなたのブログです。

そのため、単純な読書感想文のような感じだと、読者の満足度は弱くなってしまう場合がある訳です。

 

なので、『こんな経験をしたのでこうするといいですよ』とか、アドバイスをするような感じで書けるといいかもしれません。

『読む人がスッキリする文章』これこそがブログに求められていますので、何を書くかと迷っているのなら、そこに拘ってみましょう。

ポイント

読む人をスッキリさせるように心がけよう

『知っていて当然』と思わないべき

ちなみにブログを書く時には、『こんなこと、知っていて当然だよな…』とは思わない方がいいですよ。

例えば何を書くか思いついた時に、『でもこれ、誰でも知っていることだよな』と思ってしまうこともあると思います。

そしてその結果、『やめた、他のネタを考えよう』と振出しに戻ってしまったりもしますよね。

 

しかしそれは思い込みです。

というのも、『誰でも知っている』というのはあなたの常識でのことです。

つまり、あなたが生きてきた環境では当たり前だったというだけで、知らない人もたくさんいます。

 

例えば私は、サッカーをほとんど知りません。

ルールはもちろん、有名選手もほぼ分かりません。

これは興味が無いからです。

そのためワールドカップのニュースが出たり、サッカーの話をされると全くついていけません。

 

一方で、サッカーはかなりの人気スポーツであるため、『知っていて当たり前』と考える人も多いはずですよね。

 

このように、ブログにとって思い込みは禁物です。

なので、何を書くか思いついた時にはその閃きを大切にしましょう。

世の中で『誰もが知っていること』なんて本当に限られているでしょうから、あらゆることが情報になると考えてOKです。

考え過ぎずに好きなことを書こう

何を書くべきか?これが分からない時には考え過ぎに好きなことを書けばOKです。

ブログって本来は、『好きなことを書く場所』ですからね。

それが商業化されたことで複雑になってしまいましたが、取りあえずは考え過ぎず『好きなこと+情報になること』に拘れると良いですよ。

 

重要なことは『誰かを救いたい』という気持ちです。

これがあれば必ず良い文章になりますので、一先ずは『過去の自分』にアドバイスしてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました