仕事中の暇つぶしになるお勧め8つ!やることがない時はこうして切り抜こう

仕事つまらない系

仕事中、どうしても暇な時ってありますよね。

『警備業のように、基本その場にいるだけ』『事務職でも、仕事中やることがなく暇なことが多い』など、どんな職種でも暇な時間ってあると思います。

以下では、そんな時の暇つぶし方法について紹介します。

 

仕事中暇な時って、どう時間を潰していいものか難しいかと思いますが、実は意外と暇つぶしになることはあります。

何より『暇である』というのは貴重なことなので、それを生かし人生をステップアップさせましょう。

スポンサーリンク

仕事中の暇つぶしベスト5

1.金儲けについて考える

仕事中の暇つぶし、まずは『金儲けについて考える』これはお勧めですよ。

もちろん現状で十分満足だったりそもそも金儲けになんか興味が無いかもしれません。

 

しかしながら、『お金があればできること』って無限にあります。

例えば近年は、幹細胞治療のような若返り治療もありますから、お金さえかければ本気で若返りをすることも可能です。

それに、本当に資金があれば月に行くこともできますよね(行きたいかどうかは別w)

 

とはいえ、いつの時代も『資金力がある人にしか見られない世界』というものがあり、今後は医療や技術が急速に進歩するためそれが顕著になるはずです。

 

なので、現状暇ならば、暇つぶし程度でもいいのでお金儲けについて考えておくと楽しいかもしれませんよ。

具体的には『投資・事業』当たりが良いのかなと思います。

 

投資は株式や不動産などであり、これらに関してもしっかり勉強をすれば、リスクはあるものの成果を挙げられる可能性もあります。

事実私も、株式投資を十分に勉強したため今では年間にそれなりの配当を得られるまでになっています。

 

また事業とは、今の時代ならばブログやユーチューブなどのネット系が、初期費用も抑えられていいかもですね。

ブログビジネスに関しても、たった一人で年収数億円まで稼ぎ出す人もいますから、夢のある世界だと思いませんか?

 

このようにお金儲けについて真剣に考えてみると違った世界が見えてきますので、せっかく仕事中に時間があるのなら、暇つぶしがてら思考を巡らせてみるのも良いかもしれません。

2.異性の落とし方を勉強・シミュレーションする

『異性の落とし方を勉強・シミュレーションする』こんなのも暇つぶしとしてはありですね。

特に、仕事場に気になる異性がいるのならば、『その人を誘う・デートする・落とす』にはどうすればいいかをしっかり考えてみることも、良い暇つぶしになると思いませんか?

 

それにこのような段取りって、慣れていない場合にはそれなりに準備が必要になります。

またそれなりに恋愛経験があっても、一人一人性格が違うため、ある程度は考えないと上手くいかない部分がありますよね。

 

考えるポイントとしては『これまでの経緯から現状を予測する』というのが良いかと思います。

つまり、あなたとその異性とのこれまでの関係性を考えてみて、自分が持っている『思い込み』『期待』『不安』などに冷静に向き合ってみるのです。

こうすると真実が見えてきます。

 

恋愛に限らずですが、何でも過去を振り返って分析していくと答えが見えたりもしますので、仕事中に暇つぶししたい時には、是非こんな『振り返り』をやってみましょう。

スポンサーリンク

3.今の仕事が正解かどうか真剣に考えてみる

『今の仕事が正解かどうか真剣に考えてみる』これも暇つぶしとしてアリですね。

普段時間に追われていると、『この仕事が正解かどうか』について考える機会ってなかなかないはずです。

一方でそういうことはとても大切ですし、現在は一つの会社に定年まで勤め上げる時代でもなくなってきています。

なので、『仕事そのものについて考える』というのは有意義な暇つぶしになるのでは?

 

『今の仕事が楽しいか』
『暇な時間についてどう思っているか』
『給料や待遇面は納得しているか』
『転職するとしたら興味のある業界や企業は?』
『本当はやりたいけど我慢したり諦めていることはないか』
『この会社に定年までいることに不満や疑問はないか?』

など、色々考えてみるのもいいと思いますよ。

 

私自身、大学事務職員を退職して現在フリーランスをしていますが、当時『もっと考える時間があれば良かったな』と今振り返っています。

時間に追われる日々だとなかなか結論が出せないですし、退職後の生き方についても計画できない部分があります。

 

なので仕事中暇というのは、視点を変えれば恵まれていることでもありますので、せっかくのその時間を有意義に使いましょう。

4.5年後・10年後の自分を具体的にイメージする

上記とちょっと似ていますが、『5年後・10年後の自分を具体的にイメージする』これも有効な暇つぶしです。

現時点で、5年後の自分について具体的なイメージや目標ができていますか?

もしこれができていないとしたら、ちゃんと作っておいた方がいいですよ。

 

私はかつて、何も考えないで生きていたことがありましたが、そういう生き方をすると5年後・10年後って本当に地獄です。

現在、そして今の一日一日に何をしたかが将来への貯蓄や投資となり、未来の自分を作る訳ですから、現状目標もなく『ただ生きているだけ』だと必ず後悔します。

 

なので、せっかく仕事中暇ならば、『5年後や10年後はこうなっていたい』という明確な目標を見つけてみましょう。

そうすることで、今やるべきことが自動的に見えてきます。

 

例えば私の場合ならば、数年前に『経済的な部分で楽になりたい』と考え投資の勉強をして、今はそれなりに実現しています。

このように、目標を持つとそれに向かって行動するのが人間ですから、『未来について考える』という暇つぶしもアリだと思います。

 

仕事中でも、『暇』というのは時間があるということですし、時間は資産でもあります。

これは生かさないと損ですから、どうせ暇つぶしを考えるのならば自分を成長させてくれることに使いましょう。

スポンサーリンク

5.健康管理について真剣に調べる

健康管理について調べてみるのも良い暇つぶしですね。

パソコンやスマホが見られるのならば具体的な検索を、見られないのならば考えるだけでも十分な対策になります。

 

例えば、

『現在の食事の問題点とは』
『日々の運動量は大丈夫か』
『それらを元にした改善プランは?』
『今日はまずこれをやってみよう』

など、こういうことならば考えるだけでも重要ですよね。

 

特にダイエットや筋トレをしたい場合には、このような考えてまとめる作業がとても大切ですから、仕事中暇ならば、そんな使い方もありです。

6.趣味や未知の分野を検索する

『趣味や未知の分野を検索する』こういうのも暇つぶしになりますね。

例えば、現在趣味があるのならばそれについて調べたり、ない場合には興味を持てそうな趣味を検索してみる、こういうのも良いのでは?

 

もちろん仕事中ですから、暇とはいえパソコンを自由に見られるかどうかによって変わってきますが、こんな風に、興味の幅を広げる作業も良い暇つぶしになります。

 

『そんなことをしていて見つかったらさすがにヤバい』と思うかもしれませんが、一人が暇な職場って、たいてい皆暇です^^

事実私がいた大学事務でさえ暇な時もありましたし、そういう時は趣味を検索したりして暇つぶししていました。

なので、そこまで気にする必要はないですし、それよりも見聞を広げた方がいいですよ。

会社は人生の面倒まで見てくれないので、仕事中でも暇ならば、自分のためになる行動を心がけましょう。

7.今抱えている悩みや問題に対する解決策を出してみる

『今抱えている悩みや問題に対する解決策を出してみる』こんなのも良い暇つぶしです。

何かしらの悩みや問題があるのではないでしょうか?

またそれらって、『簡単には解決できないもの』なのでは?

そういうことって、暇な時にこそ向き合うべきものなので、実はちょうどいいです。

 

例えば、『トレーニングをしているけどなかなか筋肉がつかない』という悩みならば、

『鍛え方が間違っている』
『食事量が足りない』
『食事内容が悪い』
『休息が足りない・多い』

などの問題が考えられますよね。

 

これらの中で、原因だと思えるものを1つ・2つ導き出し、今後の方針を立てる訳です。

そうすることで、『これからは食事量を増やしてみよう』『トレーニングの組み方を変えてみよう』など、それなりの答えが見つりますよね。

 

このように、現在抱えている問題について考えることも、仕事中の暇つぶしとしてアリですよ。

特にこのような問題点って、考えずに続けても解決されませんから、一度止めて振り返る作業って絶対に大切です。

暇な時間はそういうことに充てるのにはちょうどいいですから、こんな使い方も検討してみましょう。

8.目標とする人と自分との違いを分析する

『目標とする人と自分との違いを分析する』これも暇つぶしとしてアリです。

現在の職場でもいいですし、ビジネスで成功している有名人でも何でもいいです。

そのような『目標にしている・したい人』と自分を比較してみて、違いを分析するのもありです。

 

というのも、そうすることで『これから具体的に何をすればいいか』が分かりますよね。

成功者は、『何をしたから現在の状態を作れたのか』ということを知り、『自分はこれから何をすればいいのか』も知ることができます。

 

もちろんこういうのは、目標とする人がいる場合に限りますが、いないとしても、時には誰かと比較してみることも大切ですよ。

そうすることで現在のポジションが分かりますし、今まで見えなかったものが見えたりもします。

 

これも思考を巡らせる作業ですから、仕事中でも全然できますよね。

普段しないことをしてみることも有意義な暇つぶしと言えますので、ちょっとだけ自己否定してみるのもアリかもしれません。

ポイント

金儲けについて考える
異性の落とし方を勉強・シミュレーションする
今の仕事が正解かどうか真剣に考えてみる
5年後・10年後の自分を具体的にイメージする
健康管理について真剣に調べる
趣味や未知の分野を検索する
今抱えている悩みや問題に対する解決策を出してみる
目標とする人と自分との違いを分析する

スポンサーリンク

仕事中ならば考える時間に充てることで有効な暇つぶしになる

全体的に言えることは、『仕事中ならば考える時間に充てることで有効な暇つぶしになる』ということです。

暇つぶしというと、遊び感覚でネットを見たりダラダラするイメージかもしれませんしそうしたいかもしれません。

もちろんそれも正解です。

 

一方で、『せっかく時間がある』『仕事中に暇という恵まれた環境』ということを考えれば、そこで自分をレベルアップさせることも一つの選択です。

なので暇な時には、先々について思考を巡らせてみてはいかがでしょうか?

そうすれば、半年後、あるいは3ヶ月後の人生が大きく変わっている場合もあります。

最後に

仕事中に暇な時って、捉え方がとても大切かもですね。

『暇だ、やることない…』と途方に暮れるのか、『給料が出ながらも時間があるのはありがたい、よし、今日はこれについて考えをまとめよう』と思えるかで会社の利用度も変わります。

 

会社ってそもそも利用するものですから、暇な時には『バレないように暇つぶしをしよう』とか考え過ぎる必要はないですよ。

もちろん、露骨に遊んでいたらダメですが、スキルアップくらいならば問題ないでしょう。

なので、『暇』ではなく『時間ができた』という捉え方に変えてみましょう。

そうすると、仕事中でもやるべきことがたくさん見つかります。

このように、意識を変えてみることも、仕事中の暇対策になりますので、是非取り入れてみて下さい。

【関連記事】
暇つぶしサイトの探し方【会社で暇な時堂々と閲覧できるサイトの発掘法】

タイトルとURLをコピーしました