暇つぶしサイトの探し方【会社で暇な時堂々と閲覧できるサイトの発掘法】

仕事つまらない系

会社で暇つぶしとして見られる『暇つぶしサイトの探し方』について紹介していきます。

 

会社では『どうしても暇』『やることがない』『とはいえ好き勝手にネットを見る訳にもいかない』という状況がありますよね。

こういう時って、ある意味繁忙期よりも辛いのではないでしょうか?

 

私も元会社員なので、このような『暇で仕方がない時間』を経験済みです。

だからこそ、『どんなサイトならば暇つぶしとして堂々と閲覧できるか』が分かります。

 

会社ってどうしても周りの目がありますし、暇な時には心理的にも周りが気になるでしょう。

しかし以下の方法ならば、会社で堂々と、また思う存分暇つぶしできますので、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

会社で堂々と閲覧できる暇つぶしサイトの見つけ方

会社の業務内容と関連するサイトを選ぶ

『会社の業務内容と関連するサイトを選ぶ』これは堂々とできる暇つぶし法ですよ。

例えば清掃会社に勤めているのなら、『清掃用品』『清掃技術』『清掃動画』などもアリでしょう。

それに私ならば元大学事務職員ですから、きっと他大学のサイトを見て暇つぶしすると思います。

 

このように、『会社の業務と関連するサイト』ならば情報収集になりますから、『何やってるの?』と問い詰められてもいくらでもいい訳ができます。

 

『暇な時にそんなことしても楽しくないよ』と思うかもしれませんが、こういうのって意外と嵌りますよ。

特に自分が勤務する業界ならばある程度興味もあるでしょうから、気が付けば熱中していたりすることもあります。

 

なので暇な時には、業務内容と関連するサイトを調べてみましょう。

間接的に関連があると思えるサイトを見る

上記と似ていますが、『間接的に関連があると思えるサイトを見る』これも暇つぶしとしてアリです。

例えば清掃会社ならば『ビル・食堂・住宅』など、どんな場所でも関連性がありますよね。

そういったサイトの閲覧ならば『暇つぶしでありながら仕事』とも言える訳です。

 

というのも、ビルのサイトを見ることで『このビルを効率的に清掃するためにはどうするべきか?』などのプランを考えてみるとか、住宅ならば『頑固な汚れを落とす方法は?』など、今後に役立つ発想が生まれるかもしれません。

 

なので、会社と関連するサイトにも目を通してみましょう。

要するに暇な時の行動って、『理由を説明できれば堂々としていてOK』と言えます。

そのため、このようなアイデアを生むための作業ならば、むしろ暇時間を利用して積極的に取り入れた方が会社に貢献するということです。

スポンサーリンク

会社に関連する資格サイトをチェック

『会社に関連する資格サイトをチェック』これもありですよ。

例えばデスクワークならば、パソコン系の資格サイトを見てみるとか、こういうのも『理由を答えられる』訳ですよね。

実際に上司等に聞かれた時には『自分はPCスキルが弱いので、勉強したいと思って見ていました』と言えばさすがに咎めないでしょう。

 

会社は基本的に『貢献してほしい』と思っています。

そのため、『それをするための行動』であれば、実際には単なる暇つぶしとしてサイトを閲覧していても『意識が高い』と思ってくれます。

 

なので資格サイトに関しては、全然積極的に閲覧してOKのはずです。

会社のHPを隅々までチェック

『自社サイトを隅々までチェック』つまらないかもしれませんが、これも良い暇つぶしです。

『自社サイトを見てどうするんだ?』と思うかもしれませんが、会社のHPには仕事に関するヒントがたくさん隠れています。

つまりそれを見ることで『ここはこうするべきだ』『この部分をもっと強化したら売り上げが伸びそう』『これは止めた方がいい』などといったように、会社に貢献できる情報が無数にあるのです。

 

従って本当は、全社員が定期的に自社サイトをチェックした方がいいくらいなので、せっかく暇ならばやっておくとよいでしょう。

これはもはや暇つぶしではなく、列記とした仕事です。

 

もしかしたら、自社サイトに関しては部署が違うかもしれませんが、そこから情報を得られたら会社に貢献することに変わりないですよね。

つまり『堂々とやって良いこと』という訳です。

 

このように、『暇つぶしがしたいなら自社サイト』という選択もありますので、何も思いつかない時は会社のHPを閲覧して、色々勉強してみてはいかがでしょうか?

会社とは無関係でも誰もが関心を持ちそうなサイト

会社とは無関係でも、『誰もが関心を持ちそうなサイト見る』というのも一つです。

この場合完全な暇つぶしになりますが、それでも話題性があるものならば周囲も気になるため、会社の雰囲気によってはアリかもしれません。

 

例えば、甲子園の時期にはその結果を調べたり、オリンピックに関しても同様です。

このような、『皆が気になりそうなこと』ならば許される場合もあるので、こんな暇つぶし方法もあります。

 

仕事中でもトレンドネタが気になるのは一般的な心理なので、ひと時の息抜きとしては良いかもしれません。

和やかな職場ならば選択肢の一つとして考えてみましょう。

ポイント

会社の業務内容と関連するサイトを選ぶ
間接的に関連があると思えるサイトを見る
会社に関連する資格サイトをチェック
会社のHPを隅々までチェック
会社とは無関係でも誰もが関心を持ちそうなサイト

スポンサーリンク

暇つぶしサイト選定のポイント

会社での暇つぶしサイト選定のポイントは『業務に関連すること』が基本です。

業務に関連するというとつまらないイメージかもしれませんが、実際のところはかなり幅広いので全然楽しめると思います。

 

そして重要なことは『問い詰められた時に理由を言えること』です。

暇つぶしそのものが悪いのではなく、『作業に理由がないこと』が問題なのでそれは避けましょう。

つまり極端に言えば、アイドルのインスタを見ていても、それを見る理由があるのならば全然OKということです。

 

例えば私は就職関係部署にいましたが、指導している学生がアイドルの話をしてきて、そのアイドルについて知らなかったら暇な時にでも調べると思います。

また上司に問い詰められても上記のように理由を言えるので、全く問題ないですよね。

 

このように暇つぶしサイトを見る上で大切なことは『それをすることに理由があるかどうか』です。

それさえあればどんなサイトを閲覧しても問題ないですから、単なる暇つぶしではなく『閲覧する目的は何か?』と常に考えてみましょう。

ポイント

基本は業務に関連するサイトを閲覧
理由を言えるならどんなサイトを見ても問題なし

スポンサーリンク

会社で暇な時には仕事を見つけようとするのもアリ

それから、少し話を発展させますが、会社で暇な時には仕事を見つけようとするのもありですよ。

忙しいのも嫌でしょうけど、暇すぎるのも辛いですね。

ならば仕事を作ってしまうのもアリだと思いませんか?

 

そんな時にもウェブサイトを使う訳ですが、例えば、

『同業他社と自分の会社を比較し、長所と短所をデータとしてまとめる』
『営業ができそうな会社をウェブサイトから検索する』
『自社サイトのアクセス解析から収益計画を立てる』

など、こんなのもアリだと思います。

 

暇な時にしかできない仕事も多いですし、探すと仕事は無限にあります。

なので、『暇だな』と感じたらその時間を潰すことを考えるのではなく活用してみましょう。

そういう人になれると会社から信頼されますので、通常よりも早く昇進・昇給できるかもです。

あまりに暇な職場ならば転職も視野に入れよう

暇つぶしサイトの探し方について書いてきました。

結論としては、

『業務に関連するサイトをチェック』
『理由が言えれば何でもOK』
『サイト閲覧だけでなく仕事化する』

こんなのがいいように思います。

 

一方で、上記さえできないような会社ならば、転職も検討した方がいいのかなと個人的には思います。

もちろんあなたにとって居心地が良い会社ならば問題ありませんが、暇だけでなく他にも不満があるようならば、これから先何十年も居続けるのは自分のためにならないかもしれません。

 

会社って『利用しながら自分を成長させる場所』ですから、それが叶わないようならば、今後について真剣に考えましょう。

 

一度きりの人生では決断こそ大切です。

転職するしない、どちらも決断ですが、後悔しない生き方を選びましょう。

【関連記事】
仕事中の暇つぶしになるお勧め8つ!やることがない時はこうして切り抜こう

タイトルとURLをコピーしました