『仕事なんか行きたくない、もう辞める…』と思ったらちょっと待った!意外と厳しい現実とは

仕事行きたくない系

『仕事なんか行きたくない、もう辞める』と思うこともありますよね。

嫌なことばかりだったり、仕事そのものにやる気が出ないなど、こういう状態が続くと『もう辞める』と思うかもしれません。

 

確かに、毎日辛すぎると辞めたくなるのも分かります。

しかしながら、その『辞める』という気持ち、ちょっと待った方がいいですよ。

というのも、『行きたくないから辞める』という選択をすると後で大変になる場合が多いからです。

 

以下ではそんな『もう辞める』と思った時に考えたいことについて書いていきます。

何より私自身、割と『仕事に行きたくないから辞めたタイプ』なので、その後どうなるのか想像が付きます^^

ですので、一先ずは冷静になりましょう。

スポンサーリンク

もう辞める…と思った時に冷静になりたい理由

無計画に辞めてしまうと生活が大変

まずは『無計画に辞めてしまうと生活が大変』ということです。

『仕事に行きたくない』と思うことは全然いいと思いますし、もう辞めると決断するのもOKです。

ただし『その後の準備』ができていないと最悪路頭に迷います。

 

例えば私の場合、勢いで会社を辞めたので、数年は大変でしたよ。

実家に住んでいたので路頭に迷うということはなかったですが、初期の頃は携帯電話も解約したくらいお金はなかったです。

 

このように『行きたくないからもう辞める』という感情に支配されてしまうと最悪の事態になる可能性もあります。

なので、今は本当に辛いと思いますが、もう少しだけ『先のことを考えるゆとり』を持ってみましょう。

一度社会から離脱すると復帰が難しい

『一度社会から離脱すると復帰が難しい』これもあります。

『仕事に行きたくないから辞める』これって、ある意味では社会からの離脱だと思います。

そうなると、『元居た場所』に戻ることって簡単ではないんですよ。

 

私自身、前職は大学事務職員ですが、また大学で働けるかと問われたら、恐らくできないですね。

現在はフリーランスとして軌道に乗っているので問題ないですが、要するに私の場合『また会社員をやる場合、かなりの体力を要する』ということです。

 

つまりあなたも、もしかしたらこのように『一度辞めることで、また働くことが難しくなる』かもしれないということです。

もちろん今の時代、ネットを駆使すれば収入を得る方法はいくらでもありますから会社員に拘る必要はありません。

ただし、経験上ネットで収入を得ることも簡単ではないので、その点でも『もう辞める』という感情だけに支配されない方がいいと思います。

逃げた記憶を作ると自分が辛い

『逃げた記憶を作ると自分が辛い』これも考えられます。

『仕事に行きたくないから辞める』これって捉え方によっては『逃げたこと』になりますよね。

もちろん辞めること自体は『選択』ですから、本当は逃げではありません。

ただしあなたが『自分は行きたくないから逃げた』と記憶したら、それは辛い記憶になってしまいますし、今後の人生にも影響します。

 

一度逃げたことってその後も恐怖の対象になりやすく、例えば『言い返すべきところでしなかった』とか、こういうことも後を引きますよね。

同様に仕事に関しても、『本当はもう少し頑張るべきだったのに辞めてしまった』という記憶になってしまったら今後の人生に響きますので、その点でも辞めるのには慎重になりたいところです。

関連記事:仕事を辞めるのが逃げになる時【後悔しないための転職・退職】

ポイント

無計画に辞めてしまうと生活が大変
一度社会から離脱すると復帰が難しい
逃げた記憶を作ると自分が辛い

スポンサーリンク

もう辞める!と思ったら以下のように対策

続いては、仕事なんか行きたくないからもう辞めると思った時の具体的な対策についてです。

ただ辞めるのではなく転職を考える

まずは『ただ辞めるのではなく転職を考える』ということです。

やはり、基本は次の仕事を見つけることが大切ですね。

それさえできれば、『行きたくないから辞める』のではなく『人生における戦略的な転職』ですからね。

 

なので本気で考えてみるといいですよ。

特に現状が『仕事に行きたくない』と日々感じるようならば、早急に対応した方がいいと思います。

 

一方で転職といっても、特別やりたい仕事もないし何をどうすればいいのか分からないと思いますよね。

そんな時には、転職エージェントを利用するのが良いです。

 

具体的には『転職するべきか迷う人向け!元就職担当から見た迷った時の方法』に書いていますが、エージェントはあなたにピッタリな仕事を見つけてくれますし、さらに転職は必須ではありません。

つまり、『仕事の紹介だけしてもらい考える』ということが可能です。

なので登録だけでもしてみると、具体的なビジョンが見えてくるのでお勧めです。

行きたくないなら数日有給も考えてみる

『行きたくないなら数日間の有給休暇も考えてみる』こんな方法もあります。

もちろん、これが可能かどうかは企業によりますけどね。

でも、最悪仮病でもいいので辛いなら休んでしまった方がいいですよ。

そしてその期間中に自分と向き合うべきです。

 

もしかしたら今のあなたには『考える時間』がなさ過ぎるのかもしれません。

『朝から晩まで仕事で帰宅したら寝るだけ』
『たまに仕事が早く終わったら飲みにつき合わされる』

など、こんな状況だとしたら自分について考える時間なんてありませんよね。

 

人生で大切なのは『いかに自分について考える時間を設けられるか』のはずです。

何より、誰だって自分のために生きているのですから、『仕事なんか行きたくない』と思うのならば本気で休むようにして、自分を大切にしましょう。

上司に正直に相談してみる

『上司に正直に相談してみる』こんな方法もあります。

その上司がストレス源かもしれませんが、それでも相談してみる価値がないとも限りません。

現状は『仕事に行きたくないほど辛い』『もう辞めたいと思っている』ということを、はっきり伝える訳です。

 

というのも、こういうのって言われないと分からないのがたいていです。

つまり、あなたの職場の人達も、あなたがそこまで苦しんでいるなんて誰も分かりません。

私が辞める時も、『辞めることにしました』と言ったら皆ビックリしていましたからね。

このように、『言ってみることで気づかれること』というのが必ずあります。

 

ちなみに私の場合、上司に『辞めることにしました』と報告したら、その後は協力してくれました。

有給がかなり残っていたため、それをすべて消化させてくれましたし、業務も必要最小限にしてくれたと思います。

 

このように、『言ってみる』ということもとても大切です。

なので、『仕事に行きたくない』と一人で抱え込むのではなく、ちゃんと話してみることも検討してみましょう。

ポイント

ただ辞めるのではなく転職を考える
行きたくないなら数日有給も考えてみる
上司に正直に相談してみる

スポンサーリンク

仕事なんか行きたくないと限界になったら強引に休みを取ろう

『仕事なんか行きたくない、もう辞める』と思った時の対策について色々書いてきましたが、確実に言えるのは『取りあえず休む』ということです。

やはり、一旦休暇を入れて精神を安定させることで『これから先、自分が本当にどうしたいのか』が見えてきますので、オフを入れるのが絶対ですよ。

 

『もう辞める』という感情になった時は限界ですしきっと孤独です。

つまり、『冷静な判断ができない状態』でもあります。

そういう時の決断が、果たして自分の人生にとってプラスに働くと言えるでしょうか?

なので取りあえずは休みを取って、精神を安定させましょう。

入社1年以内ならば行きたくない時期もある

ちなみに、現在あなたが入社1年以内ならば『行きたくない時期』ということも考えられます。

1年以内の場合、どうしても行きたくない時期もありますので、それも頭に入れておきましょう。

もしそうだとしたら、『あと1ヶ月だけ』『次の給料が出るまで』とか、期間を決めてそれを目標に続けてみるといいかもですね。

 

一方で、本当に仕事が合っていない可能性も捨てきれません。

というのも、新卒入社でよくあるのが『ミスマッチ』というものです。

選んだ仕事が自分のやりたいことではなかったというものですが、この場合『1年以内だからこそ転職するのもアリ』という考え方もあります。

 

というのも、1年以内で転職する場合、採用枠はほぼ新卒と同じ扱いです。

第二新卒と区別されますが、とはいえ企業が求めることそのものは大きく変わらず、要するに企業としては『フレッシュな若手』という区分で募集するので、まだまだ若さが生かせる年齢です。

 

なので、『仕事に行きたくない、もう辞める』と思っている理由がそもそもミスマッチならば、1年以内という優位性を生かして転職するのもアリですよ。

第二新卒向けの転職に関しては『新卒や20歳代で転職したい人向け!ジャンル別攻略法』に書いていますので良かったら読んでみて下さい。

 

いずれにせよ、現在は『一生同じ会社に勤める』という時代でもなくなっていますから、仕事が合わないと思うのならば戦略的な切り替えを考えてみるといいかもですね。

最優先は自分の体調

仕事をする上での最優先は自分の体調です。

お金のために働いても、体を壊したら意味がないですからね。

なので、本当に日々『仕事に行きたくない』と感じているのなら、早めに対処すべきですよ。

 

対処法としては、

『仕事を休む』
『上司に相談する』
『転職エージェントに登録する』

などが良いと思います。

 

こういう時に大切なのは『冷静な行動』です。

感情的に動いてしまうと始末の悪いことになりますので、できるだけ先々を考えて、『どうすれば自分が救済されるか』を考えてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました