【体験談】なかなか別れてくれない彼女と別れる方法!別れたい時のポイント

恋愛ノウハウ

『何度別れ話をしても、彼女がなかなか別れてくれない』こんな状態に苦しんでいませんか?

 

例えば、

『別れ話をしても泣かれていつもダメになる。』
『別れ話をしても今は別れられないと言われる』

など、要するに、結局いつも彼女に言いくるめられてダメになっているのでは?

 

このような、別れたいのに別れられない状態って辛いですよね。

 

実はこれ、私も経験があり、まさに『何度別れたいと言っても別れてくれない』という感じでした。

 

しかも当時の彼女は、私が渋々交際継続を承諾した途端に、泣いていたはずなのが嘘のように元気になったり、ニヤニヤと『仲直りね!』と言い出すという、ちょっと性格が悪い女でした^^

 

ちなみにこの彼女は、『好きな人ができたから』と言ったら諦めてくれました。

 

とはいえその後も、ネチネチと色々されましたけどね^^

 

私はこういう経験があるからこそ、なかなか別れてくれない彼女と別れる方法が分かります。

 

以下ではその方法を紹介しますので、是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

嫌いだとはっきり伝えることが基本

まず重要なことを書きますが、別れてくれない彼女には、『もう嫌いだから』とはっきり伝えることが基本です。

 

別れてもらえない男性の多くが、『嫌いになった』の一言を言えていないことが多いです。

 

女は、『この言葉があるかどうか』で全然気持ちが違います。

 

それに別れ話を出された時に、

『やりたいことがあるから』
『(ただ漠然と)別れたい。』
『一緒にいるべきではない』

とか、こういういった内容だと、言われた側としても反論の余地がありますよね。

 

なので、本音を隠さないことが大切ですよ。

 

あなたは既に、その彼女のことが嫌いなんです。

 

自分でも気づいていないかもしれませんが、『なかなか別れてくれない』と苦しんでいる時点でかなり嫌いです。

 

ですから、はっきり『嫌いだから別れて』と伝えましょう。

なかなか別れてくれない彼女と別れる方法

ここからは、なかなか別れてくれない彼女に対する具体的な別れ方プランです。

 

プラン1 一方的にメールで別れる

別れてくれない彼女と別れる方法、一つ目は『一方的にメールで別れる』です。

 

もしかしたらあなたは、

『会って直接話す』
『納得してもらう』

これらに拘っていませんか?

 

これって、彼女が真っ当な人ならばアリですし正解です。

 

でも特殊な女の場合、残念ながら難しいです。

 

ちなみに特殊とは、彼女自身が『別れ話を出されても、何としてでも繋ぎとめるぞ』という自分勝手な性格ということ。

 

このような、自分のことしか考えていない人とはそもそも議論になりませんから、その場合には『メールで一方的に別れを告げる』が正解です。

 

きっとあなたは真面目で優しい人なんでしょうけど、失礼ながら、だから『なんとかなる』と思われています。

 

私もそういう性格ですが、過去の彼女はそこに付け込んで別れてくれませんでした。

 

なのでなかなか別れてくれない時には、メールで一方的に別れましょう。

スポンサーリンク

プラン2 淡々と別れることを告げて去る

メールを送っても、

『そんなの見てないよ。』
『私は別れないからね。』
『私達付き合ってるよね』

とか言ってくる強者女も割といます。

 

こうなると悪魔ですよね。

 

この場合直接伝えないとどうにもならないので、そんな時は『淡々と別れることを告げて去る』これをしましょう。

 

『そんなことをしてもどうせ別れてくれない』と思うかもしれませんね。

 

でもポイントがあり、それが、『別れることにしたから』と伝えることです。

 

別れ話って交渉ではないですよ、『結果報告』です。

 

つまり、あなた自身の決定事項を一方的に伝えればいいのです。

 

そもそも交際なんて友人関係の一つに過ぎませんから、『別れたくない』『私は別れない』という強制力はありません。

 

つまり、片方が『別れるから』と言ったら、本来それを受け入れるしかないのです。

 

なので、『淡々と伝える』というのは極めて重要です。

 

あなた自身の決定事項を無感情に伝えて、それが終わったら言い分など聞かずに去る、これでOKです。

 

プラン3 女友達に同席してもらう

それでもまだ別れてくれないようならば、女友達に同席してもらい別れを伝えるのが効果的です。

 

女友達がいることで、

『彼女自身が冷静になる』
『他人に別れを証明してもらえる』

ため、彼女としても打つ手がなくなります。

 

例えばあなたと二人きりの場合には、『別れたい』と言っても泣き出したり喚いたりできますが、さすがに知らない女が一緒だったらそんな真似できないでしょう。

 

それに女性同士だと、その涙が本物かどうかを見破ることもできますし、泣いている女性に話しかけることもできるはずです。

 

我々男だと、『彼女が泣いた=慰めないといけない』となりその時点で別れ話が中断しますが、女友達ならば構わず継続してくれるでしょうから、結果的に別れることができます。

 

なので、そんな友人がいるようならば、事情を説明して頼んでみるといいですよ。

 

プラン4 新しい恋人の存在を伝える

なかなか別れてくれない時の最終手段は、『新しい恋人の存在を伝えること』ですね。

 

これをされたら、さすがに別れるしかありません。

 

もちろん、『好きな人ができた』でもOKです。

 

実際に私もこれで別れてくれました。

 

『新しい恋人がいる』
『好きな人ができた』

これらって、なんだか誠実ではない感じがして嫌かもしれませんし、確かにそこを責められます。

 

でも、別れられることだけは確かなので、最終的にはこれを選択しましょう。

 

ちなみに、本当に気になる人ができた上で言った方がいいですよ。

 

というのもこれを言うと、『どんな人?』『いつ知り合ったの?』とか根掘り葉掘り聞かれます。

 

そのため、架空の人物だと嘘だとバレて『そんなので私が別れるとでも思ってるの?』とか、意味分からないことを言われたりもします。

 

ですから、ここまで追い込まれた状態ならば出会いを作りましょう。

 

ちなみに私の場合、本当に職場の女性が気になっていたため、それで別れられました。

 

あなたは周りに気になる人がいますか?

 

もしいないのならば、強引にでも気になる人を作るべきですよ。

 

例えば婚活アプリを使ってみるとか、こんなのもありです。

 

婚活アプリならば、恋愛がしたい女性と割と短期間で出会えますので、すぐに誰かを気になるかもしれませんよ。

 

ちなみに、ウィズなんかはいいかもしれません。

 

ウィズは相性診断に強いことが特徴です。

 

そのため、あなたが心底安らげる女性と出会えるかもしれせん。

 

今の交際が辛い場合、次は安らぎが欲しいですよね。

 

そんな女性と出会えたらそれが力になって、今の彼女ともきっぱり別れられる可能性だってあります。

 

いずれにせよ、なかなか別れてくれない時の最終手段は『好きな人ができた』です。

 

この状態で別れないって図々しいだけでなく、女性としても空しいので、これを言えば確実です。

 

ですから責められるのを覚悟して、しっかり伝えましょう。

別れたい時のポイント

ちなみに、彼女と別れたい時のポイントは以下の通りです。

 

彼女の気持ちは気にしない

まずは、彼女の気持ちは気にしないことです。

 

『それはおかしい』と思うかもしれませんし普通ならそうです。

 

しかしながら今回の場合、残念ですがあなたの彼女は『自分さえ良ければいい』という思考になっている可能性があります。

 

つまり、『彼女はあなたの気持ちなんて考えていない』のです。

 

こういう時に、あなただけが彼女の気持ちを気にしていたら一生別れられません。

 

なので、気にしないようにしましょう。

 

罵られても感情的にならない

それから、『好きな人ができた』とか、こんな形で別れ話をすると罵ってくる女性も多いです。

 

あなたとしても罵られたら、『それは、そっちが別れてくれないからだろ!』と感情的になりそうですよね。

 

でもそれは絶対に避けましょう。

 

というのもほとんどの場合、男は女に感情論では勝てません。

 

それに女には『涙』という男にはない武器を持っているため、感情戦では負けが確定しているようなものなのです。

 

あなたも経験があるのでは、『お互いに主張を譲らず、最後に彼女が泣き出しあなたが譲った』ということ。

 

このように、感情合戦になると泣かれて負けるので、罵られたとしても『でも仕方ないよね』とか淡々と交わし、『もう話は済んだから』と去るべきです。

 

報告作業をする

それから、『別れ話=報告作業』これを意識すること。

 

先ほども書きましたが、

『理解してもらおう』
『受け入れてもらおう』

という考えは不要です。

 

何度も言いますが、話し合いで解決できるのは真っ当な人の場合、つまり、お互いに思い合っている場合のみです。

 

今回は違うかと思うので、そんな時には報告作業でOKです。

 

例えば派遣社員を切り捨てるかのように、一方的に事情を説明し、その後は『もう決まったことだ』とかこんな対応を心がけるべきです。

スポンサーリンク

なかなか別れない女性心理

ちなみに、なかなか別れてくれない女性の心理は、

『自分が寂しくならなければいい』

とかこんなものですよ。

 

要するに、全て『自分』でしかないです。

 

そもそも、別れたいと言っているのに別れないことで『彼氏がどれだけ時間を犠牲にするか』とか、こういうことは一切考えていません。

 

 

つまり、『あなたのことなんて好きじゃない』ということです。

 

自分の感情だけが大切で、自分が寂しくならないために一緒にいる存在が欲しい、この程度です。

 

究極に言えば『相手は誰でもいい』のです。

 

こういう人のために、悩んだり苦しんだりするなんてもったいないと思いませんか?

 

真面目で優しい人は自分の時間を犠牲にしやすいので注意しましょう。

 

一番大切なのは自分の人生のはずなので、邪魔するものは今すぐ排除する強さが必要です。

別れ話を泣いて誤魔化す女が悪い

結論としては、別れ話を泣いて誤魔化す女が悪いですね。

 

人の感情というどうにもならないものを、相手の弱い部分に付け込んで強引に繋ぎとめようとするなんて卑怯です。

 

もちろん、『あなたの彼女は卑怯者』という意味ではないですよ^^

 

でも、こういうことをする人は身勝手なので、ならばこちらも『自己都合だけで進める』ということができないと、いつまで経っても解決しません。

 

なので泣かれても、慰める必要はないですよ。

 

例え彼女が泣いていても『じゃあ別れるから』と伝えその場を去りましょう。

 

これが『女を振る』という決断です。

タイトルとURLをコピーしました