イケメンじゃなくてもモテる男の特徴!女はそこまで外見を重視しない!

恋愛関係一覧

『女にモテるのはどうせイケメン』『結局顔だろ』と思っていませんか?

実際にモテる男ってイケメンだったりもしますから、そういう現実を見ると悔しかったり卑屈になりますよね。

私も決してイケメンじゃないので、以前はイケメンに嫉妬したり女は全部敵だと思っていました。

しかしある時気づいたんです、『イケメンじゃなくてもモテる男はいる!』と。

そして、その特徴を習慣化して身につけるようにしたらモテるようになりましたよ。

 

なのでこの記事では、イケメンじゃなくてもモテる男の特徴について書いていきます。

男は外見なんて本当に関係ないので、あなたも是非、自分に自信をもって女と関わってみて下さい。

スポンサーリンク

女は自分に対する扱いを重視する

まず女は、男がイケメンかどうか以前に『私に対する扱いはどうか』を重視します。

つまり、どんなにイケメンでも扱いが雑だったり女性を満たせない男はモテることはない訳です。

要するに『イケメンでモテる』と言われる男は顔でモテているのではなく、女性への扱いでモテているのです。

 

事実、芸能ニュースなどを見ていると『男性アイドルの○○と飲んだら最低男だった』とかこんな記事も多いですよね。

この事からも分かるように、女にとってイケメンかどうかはそれほど重要な要素ではありません。

なので、とにかく扱いに気を配ってみましょう。

イケメンじゃなくてもモテる男の特徴

イケメンじゃなくてもモテる男の特徴は『女性への扱いが上手い』ということですが、以下ではそれを詳しく書いていきます。

扱いにもポイントがあり、単純に優しくするだけだと『押しが弱く物足りない』と思われてしまうので、そこは気を付けましょう。

男は、『やる時はやる』という精神が大切です!

その女性にのみ優しい

これは女も良く言うことですが、イケメンじゃなくてもモテる男は『特定の女にのみ優しい』こんな傾向があります。

つまり『狙っている女性』『好きな女性』だけに優しくして、そうではない女性とはしっかり差別化を図るのです。

もちろん、他の女はどうでもいいということではなく、ちゃんと紳士的な対応はします。

しかし、『自分はあなたに好意があり、他の女性にはないです』としっかり態度で示します。

女性はこういうのにぐっときますよ。

 

というのも女は、『女好きな男』をとにかく嫌います。

そのため誰にでも優しいと『この男は女好き』『女ならば誰でもいい』と思ってしまうのです。

我々男も、誰とでも親しくする女ってちょっと嫌じゃないですか?

分かりやすく自分とだけ話したがる女の方が好印象ですよね。

 

なので、これを心がけるとモテますよ。

以前の私は誰彼構わずでしたが、現在は、大勢の中では必ず一人に絞るようにしています。

もちろん毎回上手くいくわけではありませんが、それでも絞った方が高確率でデートが成立するので、是非あなたも取り入れてみて下さい。

スポンサーリンク

男気がある

男気があるとは、主には会計に関してです。

女はケチな男を嫌います。

なので、『1円まで割り勘』『なんで奢らなきゃいけないの?』と言ったような考え方は捨てた方が断然モテます。

 

一方で、毎回必ず奢る必要はありません。

特に、収入が厳しいのに無理して奢る男はむしろ嫌われたりもするので、そういう時にははっきり『厳しい』と言えることも男気の一つです。

私自身、収入がある方ではないため普段は割り勘にしてもらうことが多いですが、それでも『ここぞ』という時には自分が出します。

 

女性はそこまで、『奢り』に拘っていないのでこれは気にする必要はないと思います。

ただし重要なことは『ケチではない』ということです。

イケメンじゃなくてもモテる男は割り勘にしてもケチではありません。

なので、そういう印象にならないように本音で話しましょう。

一緒にいて楽しいを理解している

イケメンでもブサイクでも、『一緒にいて楽しい』を勘違いしている男は確実にモテません。

女が楽しいと感じるのは『自分が満足に話せた時』です。

なので、楽しい話をして笑わせる必要は全くなく、基本的には聞き役になればOKです。

 

男性によっては、芸人のように話を用意して笑わせようとしますが、そういうのに引いている女性は多いです。

それよりも男の役割は、『女の話に対し相槌を入れる』『適切なタイミングで突っ込む』といったこの二つです。

 

まず、人は話に相槌を入れてもらうことで話しやすくなります。

『自分の話を聞いてくれている』という感覚になるため気分が良くなるわけです。

なので、『そうなんだ』『それで?』『それは酷いな』といったように相槌を入れることは極めて重要です。

 

ただしこれだけでは100点にはなりません。

というのも、どんな会話にも必ずツッコミどころがあります。

例えば真剣な話でも、敢えて女性が自分を落とし『それを否定してほしい』という状況とか、こんなのもあります。

そういう時に相槌だけだと『この人は私を分かっていない』ともちろん思われるため、そこではちゃんと『そんなことないよ』とか『○○は頑張ってるよ』といったように言えることが重要なんです。

 

これが『一緒にいて楽しい』です。

女はたいてい精神的な安らぎを求めていますから、それができればイケメンじゃなくてもモテます。

なので話をよく聞くことと、『その女性の味方になる』つもりで言葉を選びましょう。

そうすれば、絶対的に信頼される存在になれるはずです。

スポンサーリンク

背伸びして格好つけない

イケメンじゃないなら『自分は決してイケメンじゃない』と理解していた方がいいですよ。

稀に、イケメンじゃないのにイケメンのふりをしているナルシストさんがいますが、こういう人は女性からの印象は最悪です。

 

なので、外見で勝負しようと思う必要なんて全くありません。

背伸びして格好つけようとするとたいていの場合失敗するので、顔以外の部分を長所にしましょう。

 

ちなみに私の場合、体を鍛えています。

トレーニングはずっと続けているので、女から『触らせて』と言われるくらいの筋肉にはなっています。

私の場合、これが売りです(笑)

あなたも、一つ自分に強みを持てると全然違うので、是非何か見つけてみて下さい。

イケメンじゃなくても自信がある

あなたは自分に自信がありますか?

イケメンじゃなくても、自分に自信は持っていた方がいいですよ。

女は自信がない男をとにかく嫌います。

やはり、魅力なく思えてしまうのでしょう。

 

私は以前とにかく自信がなかったのですが、その時はモテないどころかどこへ行っても女に避けられました。

その後、婚活サイトを利用したことをきっかけに自信を持てるようになり、今では堂々とできています。

関連記事:【必読】最短で自信をつける方法!全く自信がなかった私が別人になった体験報告

 

自信を持つためのポイントとしては、『今の自分を受け入れること』です。

私の場合、何一つ魅力がないであろう状態で婚活サイトを利用したにも関わらず結果を得られたので、それが自信になりました。

つまり、『今のままでいいんだ』と思えたのです。

 

なのであなたも、自分を肯定できる何かを見つけてみて下さい。

きっと変わるはずです。

スポンサーリンク

男は居心地の良さと頼り甲斐

なぜイケメンじゃなくても男はモテるのかをまとめると、女にとって男の価値とは『居心地の良さと頼り甲斐』だからです。

これらの要素があれば『顔は関係ない』というのが女の本能です。

なので本質的には、イケメンかどうかなんて関係ありません。

 

実際に、イケメンでもモテない人も多いですからね。

なので、『自分はイケメンじゃない』と感じているとしたら、顔に拘らない方がいいです。

私も以前、顔に拘ってしまいどん底に堕ちましたが、そうではなく内面を磨くように努力すると本当にモテます。

 

何より、一緒にいて安心したり居心地が良いのって、100%内面だと思いませんか?

男の場合『美女を連れて歩きたい』という欲がありますが、女は『イケメンと一緒に歩きたい』と多少は思うとしても、根本は『守られたい』という願望があるため外見はほとんど関係ないです。

だからこそ内面です。

内面をしっかり磨いて、イケメンじゃなくてもモテる男になりましょう。

最後に

イケメンじゃなくてもモテる男の特徴を書いてきました。

経験上『モテるのはどうせイケメンだろ』と思っているうちはモテません^^

ネガティブになっているとどうしてもその思考が顔に出るためモテないんですよね。

なので、『顔なんか関係ない』『男は中身』くらいのつもりでいましょう。

 

全ては自分次第です。

前向きになってこれからを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました