人生100年時代を幸せに生きるには?元大学就職担当が分析

生き方・人生一覧

人生100年時代が到来しましたね。

 

人間50年と言われていた時代から、ついに寿命が倍になりました^^

 

長生きできる世の中なのは有り難いことですが、その分様々な不安ものしかかります。

 

その代表とも言えるのが『お金と健康』でしょう。

『収入を確保するためには?』
『健康でい続けるためには?』

など、人生100年時代ということは、その分考える必要が出てきます。

 

 

とはいえ、どうせなら人生100年時代を幸せに生きたいですよね。

 

従ってこの記事では、人生100年時代を幸せに生きる方法について書いていきます。

 

ちなみに答えとしては『目標を持つこと』です。

 

『目標を持つことで何歳になって幸せでいられる』私はこのように考えます。

 

 

また私は、以前大学の就職関係部署に勤務していました。

 

従って、キャリアについてある程度の知識があるので、その経験も踏まえてこの記事を書きます。

スポンサーリンク

人生100年時代を幸せに生きるには目標を持つ

『人生100年時代を幸せに生きるためには目標を持つこと』と書きましたが、以下ではその理由やメリットを紹介します。

 

メリット-1-

最初に言えるのは、『目標を持つことで、健康や収入UPへの意欲が高まる』ということ。

 

これは、人生100年時代を幸せに生きる上で大きなメリットと言えます。

 

つまり、

『目標とするものがある』
『そのために健康でいる』
『そのために資金を作る』

とかこんな思考になるため、結果的に幸せな暮らしができるということです。

 

 

人生100年時代では、健康とお金が必須ですよね。

 

とはいえ分かっていても、漠然と、そして生きるため、あるいは生かされるためだけにそれを頑張るのは幸せとは言えないのでは?

 

なので『このために頑張る』と思える状態にすることが、これからの生き方なのかもしれません。

 

メリット-2-

毎日が充実するというメリットもあります。

 

というのも目指すものがある場合、日々やるべきことで追われます。

 

例えば『体を鍛え大会に出る』と決めた場合、週に4日~6日はジムに通うとか、こんな生活になります。

 

こういうのって、大変ではありますが忙しく、その分充実しますよね。

 

一方で目標がない場合、有り余る時間を持て余してしまうのではないでしょうか?

 

この『やりたいことで忙しい』という状態こそ、人生100年時代を幸せに生きるために必要なことかもしれません。

 

メリット-3-

『独身でも気にならなくなる』意外かもしれませんが、こんなメリットもあります。

 

というのも目標を持って行動すると、上述の通り日々忙しくも充実します。

 

つまり『今の自分に満たされた状態』になる訳です。

 

そのため、

『結婚したい』
『このままだと孤独だ』

といった感情に支配されなくなります。

 

むしろ、自分の生活リズムこそ大切になりますから、『結婚して崩したくない』と考えたりもします。

 

つまり、

『結婚しないとこの先孤独で真っ暗だ』
『人生100年時代に孤独な生涯を送る』

とか、こんな思考にならずに済む訳です。

 

メリット-4-

『質の良い仲間ができる』こんな恩恵もあります。

 

人生100年時代の課題とも言えるのが『どんな仲間と関わるか』ですよね。

 

これまで以上に長い人生、単なる時間潰しのような人たちと関わっていても疲弊するだけです。

 

一方で、共通の目標を持った仲間やライバルは質が良く、お互いにとって良い刺激になります。

 

 

このような『自分を高めてくれる人たち』と出会えることも、目標を持つことのメリットです。

 

人生100年時代にとって人間関係の良し悪しはとても重要です。

 

なので、幸せに生きたいなら『自分が魅力的な人』になる努力が求められます。

 

目標を持つことのメリット まとめ

目標を持つことのメリットをまとめると、

 

健康や収入UPへの意欲が高まる
毎日が充実する
独身でも気にならなくなる
質の良い仲間ができる

 

などです。

 

つまり目標を持つことで、『生きることに希望が持てて人生が幸せになる』ということです。

 

これからは確実に、一生何かを目指す時代。

 

なのであなたも、今から目指し続ける人生を送ってみましょう。

スポンサーリンク

100年時代は新しい価値観の始まり

ちなみに、人生100年時代は新しい価値観の始まりだと私は予想します。

 

そして、それを受け入れないと幸せな生き方が難しい時代。

 

例えば今までは、

『それなりの年齢になったら落ち着く』
『それなりの年齢で諦める』
『適齢期になったら結婚する』

が一般的でしたよね。

 

しかし近年は、

『何歳でも落ち着かなくていい』
『何歳でも諦めなくていい』
『結婚は年齢ではなく望むかどうか』

に変わりつつあり、今後これが一般化すると思います。

 

落ち着かない大人が増えた

というのも最近では、中年以上でも落ち着かない人が増えましたよね。

 

外見も内面も、良くも悪くも若いままでいる人。

 

20年くらい前ならば、中年といったら外見も性格も落ち着いていて、結婚して家庭があるのが当たり前でした。

 

これはここ10年くらいに起った大きな変化であり、これから来る人生100年時代の新価値観に対応してきて形とも言えます。

 

つまり、年齢で『落ち着かなくていい』『諦めなくていい』と受け入れつつあるのです。

 

結婚観も変化している

それから結婚。

 

これに関しても価値観が変わり、

『それなりの年齢になったら結婚すべき』

から、

『結婚するかどうかは個人の自由意思。』

に変わりました。

 

人間の可能性が広がった

これらは、医療技術や科学の進歩、それにより寿命が延びたことで人間の可能性や選択肢が広がったためではないでしょうか。

 

今までは、体力の低下や肉体の衰えはどうしても避けられないなどの理由もあり、『結婚して子供を作り世代交代する』この選択肢しかありませんでした。

 

しかし人生100年時代では、技術の進歩により『何歳になっても自分が活躍できる』ため、これまでとは全く別の価値観を持つことが求められます。

 

事実、20年前の60歳と現在の60歳とでは、外見や体力、精神年齢などすべてが違います。

 

 

ですから、人生100年時代を幸せに生きるためには、新しい価値観を受け入れましょう。

 

年齢を理由に落ち着く必要はありません。

年齢を理由に諦める必要もありません。

結婚しているかどうかに捉われなくて良いです。

 

 

大切なことは、『自分が活躍すること』です。

 

ここに拘り続ければ、100年時代は必ず幸せになります。

スポンサーリンク

目標がないと100年時代は厳しい可能性

一方で目標を持てない人は、人生100年時代に突入すると幸せになれないリスクがあります。

 

有り余る時間に退屈する

まずは、『有り余る時間に退屈する』ということ。

 

そもそも寿命が延びた訳です。

 

これからは心身ともに健康でしっかりした高齢者になっていきます。

 

そのため日常的にやるべきことがないと、退屈過ぎるはず。

 

例えば、普段仕事が多忙過ぎる人は『休日に何をしていいか分からない』とかこんな状態になりませんか?

 

目標がないと、人生100年時代においてはこれと同じような状態が毎日続く可能性があります。

 

『朝起きて、特にやることもなく夜が来るのを待つ』こんな生活を何十年も続けたいでしょうか?

友達がいても解決しない

『友達がいれば問題ない』と思うかもしれませんがそんなこともないですよ。

 

そもそも、友達が大量にいたとしても『経済的理由・相手の都合』などからも毎日会うことは難しいですよね。

 

つまり、『定年後の人生は友達と楽しく過ごせばいい』という考えだと、一人の時間が退屈になります。

友達は永遠ではない

それに友達は永遠ではありません。

 

死別や考え方の違い、環境の変化などによって別れることは多々あります。

 

従って人生100年時代においては、人に依存する生き方では幸せになれないと言えそうです。

 

孤独化して精神を病むリスクあり

それから、孤独化して精神を病むリスクもあります。

 

上述した通り、目指すものがあるのならば1人でも充実した日々を送れます。

 

それに目指すものがあれば、共通の仲間やライバルが常に存在しますから、孤独も避けられます。

 

 

しかしながら、友達頼りの余生だと、自分の人生を人に預けることになります。

 

つまり、

『他人の都合で孤独になる』
『他人の都合で退屈になる』

といったように、思い通りにならないことが増えてきて、いずれ孤独化してしまいます。

 

これは、健康に長生きできる時代ならではのことかもしれません。

 

 

人生100年時代は『残された時間』が今までよりもはるかに長いです。

 

だからこそ、目的を持って生きるよう努力しないと退屈に感じます。

 

これから先重要なのは心の健康なので、他人に依存せず自分で維持できるよう考えた方が良さそうです。

スポンサーリンク

人生100年時代に必要なこと

人生100年時代に必要なことは、『一人で楽しめる力』ですね。

 

頭がしっかりした元気な100歳になるということは、それだけ時間を持て余すリスクも増えます。

 

なので、一人で楽しめる力を今から身につけておくと、80歳・90歳になっても日々充実し幸せでいられるかもしれません。

 

そのための対策として、私は目標を持つことが良いと考えています。

 

 

もちろん未来は誰にも分かりません。

 

ただし人生100年時代は、自分次第で可能性の塊にできます。

 

何もかも諦めないでいい時代ですから、有意義に生きる選択をしてみてはいかがでしょうか?

 

『大会を目指す』『来年は○○をする』といったように予定を組み込むことで充実するかもしれません。

 

今ある価値観を疑い、新しい常識を取り入れましょう。

タイトルとURLをコピーしました