【体験談】彼女の作り方を解説!超シンプルな3つの方法。彼女が欲しい人必見

出会い

彼女の作り方を解説します。

私は高校生まで全くモテませんでした。モテないどころか、女子とは殆ど話したことがないレベル。そんな私も今ではそれなりに恋愛経験があり、女友達も多数います。

つまり『モテない状態からモテるようになる方法』が私には分かります。

実は、彼女の作り方ってとてもシンプルです。難しく考えなくても『モテない人』から『モテる人』になり、彼女も作ることができます。

この記事ではその辺りの方法を紹介していきます。彼女が欲しい人は是非参考にして下さい。

スポンサーリンク

彼女の作り方 3つの方法

自分を認めてくれる人間関係を構築する

彼女の作り方1つ目は、自分を認めてくれる人間関係を構築することです。これは本当に重要です。

というのも、認めてくれる人がいると自信を持てるのが人間です。そして自分に自信があると目に力が入り表情が豊かになります。さらに表情が良いと異性にとっても魅力的に映ります。

彼女を作りたい時には『自分を魅力的にする』必要があるので、『そのサポートをしてくれる人たち』と関わるのは絶対条件です。

具体例を挙げると、俳優やモデルは皆格好良いですよね。これは、『元々イケメンだから』というのももちろんありますが、それ以上に『表情が良いから』よく見えるのです。

これらの職業の人は『格好良い』『すごい』と毎日のように言われるため、表情も良くなる訳です。例えばイケメンでも、誰も認めてくれなかったら表情が曇るため格好良くはないはずです。

このように、

・自分に自信があるか
・目力があり表情が良いか

は、彼女を作る上でとても大切なことです。

なので、『今の自分を認めてくれる人間関係を構築する』これが、彼女を作る上で重要だと考えましょう。

褒められる機会を増やすこと

ちなみに具体的な話をしますと、認められる人間関係とは『褒められる機会が多い』ということです。

『すごい』とどれだけ言われるか?これによって自然と自信が身に付き彼女も作れます。

なので『あなたに関心がある人』とのみ関わりましょう。断言しますが、あなたに無関心な人と関わっていると彼女を作ることはできません。それだと自信が身に付かないので。

従ってポイントは、『自分の得意分野で人間関係を構築すること』です。

・ゲームが得意ならばそれに興味がある人と
・筋肉がすごいならばそれに興味がある人と

こういう感じで関われば認められる機会が増えるため、彼女も作れます。

反対に、運動が得意な人がオタク系の人とばかり関わっても関心を持たれないですよね。逆も同じで、オタク分野に興味がない人にとっては、どんなにすごくても全く分からないはずです。

このように、『自分を認めてくれる人たち』と関わることが彼女作りの第1条件なので、関わる相手は必ず選びましょう。

私はこれで激変した

私の体験談を少しだけ書きますと、私は筋肉を付けたことで環境が変わりました。高校から体を鍛えていたため、大学生の時にはある程度マッチョでした。また友人も筋肉に関心があったので、それが自信になりました。

さらに就職先も、男女ともに体育会系の人が多かったこともあり、認めてもらえる機会が多く増々自信を持てた訳です。

このように、彼女を作るために大切なのは環境です。

事実私も、人事異動で理系集団の中に入った時は全くモテませんでした。理由は『誰にも興味を持たれず自信がなくなかったから』です。

言い訳に聞こえるかもしれませんが、このくらい環境は大切です。なので、彼女が欲しいのならば環境こそ大切にしましょう。

スポンサーリンク

飲み会や誘いは原則断らない

彼女の作り方2つ目は『飲み会や誘いは原則断らないこと』です。

これはとてもシンプルな理屈で、『出会いが欲しいなら人付き合いは必須』ですよね。さすがに、誰とも関わらないで彼女を作ることは不可能のはずです。ある日突然運命的な出会いがあって彼女ができるとか、これは本当にないです。

ですから、

・飲み会や誘いは断らない
・自分からも積極開催する

これを心がけましょう。

ちなみに飲み会に参加したら、個人的に親しくなれる人を増やしましょう。男性女性どちらでも、要するに『友達』を作ることが大切です。

理想は『その飲み会で数人と友達になり、その数人で集まるようになる』とかこんな形です。

こういう集まりができると、そのメンバー女性と交際をしたりももちろんあります。なので、そのような集まりを複数持てることが理想です。

従って流れとしては、

・大規模な飲み会
・少人数での集会
・二人でのデート

こういう形を複数作ることです。

もちろん、大規模な飲み会で意気投合してデートすることも全然あります。しかし、一般的に女性は慎重なので、『すぐに誘ってくる男』を警戒します。

なので原則は、『知り合う』『友達になる』『デートに誘う』この流れを守りましょう。

 

彼女を作るためには飲み会がとても重要だとご理解いただけましたでしょうか?

彼女の作り方ってものすごくシンプルで『数』が全てです。私自身、毎週のようにデートしていた時は飲み会やデートで日々睡眠不足でした。

人間関係で忙しいと彼女を作れる確率は高まりますので、そんな状態を作ってみましょう。

スポンサーリンク

食事できる女性を増やす

彼女の作り方3つ目は、二人きりで食事できる女性を増やすことです。

これまで、彼女の作り方『1』『2』を紹介してきましたが、実はこの『3』が最も重要です。というのも、二人きりで食事できる女性が多いほど、交際に発展する可能性が高いからです。

というのも、毎日のように飲み会をしていても彼女ができない人がいて、その人の特徴が『友達止まりになる』ということです。

こういう人は『二人きりで会う』この状態に持っていけないか、持っていけても長続きしないのです。つまり、『一度食事したけどそれきり』とか。

これだと、どれだけ飲み会に参加しても彼女を作ることはできません。

彼女を作るためには『告白をするか』『それと同等の行動』をしなければなりません。従って、『二人きりの時間』は必須になります。(ちなみに告白は口頭で伝えましょう)

なので最も重要なのは、

・女性と二人きりで食事
・そういう女性を増やす
・何度も食事をすること

です。

この『デートなのか友達なのか曖昧な状態』の女性を複数持つことが、最短で彼女を作る方法と言えます。

2回目の食事を目指そう

ちなみに女性は『2回目がOKなら好意がある可能性が高い』と言われています。

理由は、好意がない男とは原則会いたくないからです。つまり女性心理としては、『1度目の誘いは、取りあえず会ってみようかな』ですが、『2度目の誘いは、あり・なしがはっきりする』という感じです。

従って、2回目を誘った結果OKならば加速し、NOだったらきっぱり諦めるべきです。特にNOの人をしつこく誘っても無駄なのでご注意を。

そういうことからも、この食事に誘う時点では『複数の女性を』というのが大切です。

この時点で一人に絞ってしまうと彼女を作るのは難しくなりますから、二人で食事できる女性を複数持つ、この考えでいきましょう。

食事できる女性を増やすには

ちなみに食事できる女性の増やし方ですが、私は婚活サイトを利用しています。

婚活サイトに登録する女性は皆真剣なので、マッチングアプリよりも安心感がありますし、何より『恋愛するために登録している』ので発展しやすいです。

それに飲み会の場合、『会に参加する』という手間がありますが、婚活サイトは画面上のやり取りで済むため楽に出会えるので、最近の私はこちらをメインにしています。

また婚活サイトの規約も、複数の異性と食事まではOK(私が利用している会社の場合)になっているので堂々とできますし、何かと便利です。

なので、彼女を作りたい場合には婚活サイトに登録すると良いかもしれません。

ちなみに私が利用しているのはブライダルネットになります。

公式サイト:ブライダルネット

婚活サイトは数社利用しましたが、ここが最もデートできて数人彼女もできているので個人的には気に入っています。

いずれにせよ、女性と二人きりで食事をすることが彼女を作るための必須条件ですから、それが可能な環境に身を置きましょう。

彼女の作り方ポイント

彼女の作り方のポイントは、『二人きりで食事できる女性を増やすこと』です。

こういう女性が複数いれば必ず彼女ができます。

『下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる』と言いますが、重要なのは『どこで鉄砲を撃つか』です。

ナンパをしまくるのもいいですが、ナンパは原則警戒されるので効率が悪いです。一方で先ほども書いたように、婚活サイトのような環境ならば『恋愛したい女性』が集まっているため可能性が高まります。

彼女ができるかどうかは環境がとても大切なので、確実な場所を選んで行動しましょう。

彼女ができない人の特徴と共通点

ちなみに、彼女ができない人の特徴と共通点を簡単に紹介します。

以下で紹介するのは全て『彼女ができなかった時の私』『彼女ができない友人・知人の特徴』などです。

主には、

・人を寄せ付けない雰囲気をしている
・最低限の身だしなみを放棄している
・自ら女性を誘わない・誘う気がない
・女性との関わりが圧倒的に少ない。

などです。

例えば、『暗い』『笑わない』『冗談が通じない』こういう感じだと人を寄せ付けないため、どれだけ彼女が欲しくても作ることは難しいです。

実際に中学・高校時代、社会人の一時期の私はこんな感じでしたが、この時は全く彼女ができなかったです。

なので、冒頭でも書いた通り『自分を認めてくれる人間関係の構築』というのは、彼女を作る上でとても大切と言えます。

それから身だしなみ。これも、『最低限のものを放棄している状態』だと、さすがに彼女は作れないです。

一時期何もかもがどうでも良くなって、髪型も服装も本当に適当な時がありましたが、やはりダメでしたね。そういう時は女性が全く寄り付きません。

なので、彼女が欲しいのならば最低限の身だしなみは心がけましょう。

また、自分から女性を誘わないとか誘う気がない、これも彼女ができない行動です。女性は原則誘ってほしいので、それができないとか誘われるのを待っている感じだと彼女は作れません。

私自身、飲み会で忙しい時も誘わなかった時は彼女ができなかったです。黙っていても誘われるのは一部のイケメンのみなので、積極的に誘いましょう。

最後に、女性との関わりが圧倒的に少ない人も彼女は作れないです。

先ほども書いたように、彼女を作れるかどうかは『二人きりで食事できる女性を増やすこと』です。中高時代の私はほぼ女子と話したことがない状態でした。一方であの頃でも、積極的に話していれば彼女を作れたように思います。

なので、現状女性との関わりが少ないようならば、飲み会でも婚活サイトでも何でもいいので、機会を増やすようにしましょう。

スポンサーリンク

彼女が欲しいなら即行動

経験から、彼女の作り方を書いてきました。

結論としては『彼女が欲しいなら即行動』という感じです。何度も書いていますが、彼女が作れるかどうかは『二人きりで食事できる女性の数』で決まります。これが多いほど彼女を作りやすいです。

どれだけ合コンや飲み会に参加しても、この『二人きり』の関係に発展しないと彼女はできません。

もしかしたら、『婚活しているのに結婚に至らない』という人も、問題はここにあるのかもしれませんね。

いずれにせよ、彼女が欲しいなら今すぐ行動した方がいいですよ。恋愛は『年齢制限があるスポーツ』みたいなものですからね。

もちろん、実際には年齢不問ですが、とはいえ年と共にやり辛くなるのが現実です。

なので、何かに悩んでいるとしても、そんなことは気にせず突き進みましょう。

【関連記事】
【体験談】出会いがない30歳代男性が最も出会える場所。私はこれで彼女を作った
女上司の心理と口説く方法!部下から恋愛対象に変わるための2つの法則

タイトルとURLをコピーしました