どうせイケメンがモテると思っている人に朗報!男は顔じゃない根拠と実体験

恋愛関係一覧

どうせイケメンがモテると思っていませんか?

モテるのはイケメンだけで、顔が悪い男はどう頑張ってもモテることはないと。

そして、実際に自分は今まで『モテる』とは縁のない人生を送ってきたとか、そんな感じなのでは?

 

私も以前まで、どうせイケメンがモテると思っていました。

そして、私自身全くモテる人生ではなかったです。

女の対応が、私と友人とで全く違うとかこんなのは当たり前にありましたし、私がその場にいても『まるでいないかのような扱い』を受けたことも何度もありました。

そもそも、私の人生はモテずに自信がない状態がスタートだったので、この『どうせイケメンがモテる』という感覚は物凄く分かります。

 

しかしながら、現在の私はモテていますよ。

自分で言うのもおかしいですけどね。

これは別に自慢したい訳ではなく、『顔は関係ない』と伝えたいからです。

はっきり言います、男は顔じゃないです。

以下ではその根拠と、私の実体験を紹介します。

スポンサーリンク

イケメンでもモテない男は多い

まず、イケメンの全てがモテる訳ではないんです。

男の中では『お前はイケメンだ』と言われるようなタイプでも、なぜか女からは人気がない人は多いものです。

これはつまり、『顔が良いだけではモテることはなく、その他の部分に問題があると人気は出ない』ということの証明になります。

そして、イケメンでもなぜかダメな人は、たいていの場合性格に癖があります。

『女の扱いが極端に下手』『自分勝手』『協調性がない』といったように、モテるための絶対条件ともいえる部分が欠けている場合が多いのです。

なので、『どうせイケメンがモテる』ということはないですし、どんな人でも女の扱いや協調性を心がければ自然とモテると言えます。

 

また注意したいのは、『どうせイケメンがモテる』という考え方です。

この思考そのものがネガティブであるため良くないですよ。

女はネガティブな男を嫌いますからね。

私自身、ネガティブな時には本当にモテず、女からは不審者のように扱われていました。

 

確かに、どこへいても『どうせモテるのはイケメンだろ』といったマイナス感情を持っていたらそんなオーラが出ますから、『あの人とは関わりたくない』と思われてしまうのも当然ですよね。

それに女と接する機会があっても、ちょっと上手くいかないことがあると悪態をついたりとかこんな人もいるはずです。

もちろん、私はそこまでにはなりませんでしたが、要するに、そういう精神状態になってしまうとモテることなんて本当に縁のない話なので、いつでも心はスッキリさせておいた方がいいですよ。

 

なので、今あなたがどんなに辛くても、『これから関わる女に罪はない』と思ってみましょう。

この考え方、かなり重要です。

私は『女は全部敵だ』と思っていましたが、それだと前に進めません。

さらに、自分が敵対視していると相手も警戒するため負の連鎖を生みます。

なので、『どうせイケメンがモテる』という思考になっている時ほど『イケメンでもモテない男もいる』『男は顔じゃない』と考え、これから会う女性は大切にしましょう。

スポンサーリンク

モテるのは気を遣える男

ちなみに、モテるのは気を遣える男です。

女は自分に気を遣ってほしいですし、そうされることで『大切にされている』と感じます。

また、その大切にされているという感覚があるからこそ『この人のことを考えてもいいかな』と思う訳です。

 

それに、初対面から雑だったり乱暴な言葉をかける男だと、『あれの時もきっと乱暴なんだろう』と女は考えます。

そうなってしまうと当然モテることはないので、基本は気を遣うことが重要です。

 

一方で、気を遣うって簡単なようでいてなかなか難しいですよね。

特に『どうせイケメンがモテる』という思考になっている時には気持ちが投げやりですから、その状態で気を遣うなんて簡単ではないはずです。

そんな時には『話をしっかり聞く』これを心がけるといいですよ。

というのも、女は『自分の話をしっかり聞いてくれたか』に拘ります。

『聞いてくれた=いい人』くらいの感じになるのが女です。

なので、女と知り合ったらまずしっかり聞いてみましょう、それだけで全然印象がUPします。

重要なのは積極的になれるかどうか

男性にとって重要なのは、積極的になれるかどうかです。

例えば、どんなイケメンでも、また高収入男性でも、積極的にならなかったら全くモテることはないです。

一方で、顔が普通やそれ以下でさらに年収が低くても、自分から行動をすれば必ず出会いがあります。

この理屈を理解することってとても大切ですよ。

 

かつての私は、『どうせイケメンがモテるんだろ』『高収入じゃないとダメなんだろ』と思い動きませんでした。

でも、『このままだと、一生卑屈で孤独なまま人生を終える』と感じ行動しました。

当時は年収も最低レベルでしたし年齢も若くはなかったです。

それでも、『今やらないと、これからはさらにチャンスがなくなる』と感じ動いたわけです。

そうやって行動したことで自信が持てましたし、今では『モテている』と感じられていますよ。

関連記事:【必読】最短で自信をつける方法!全く自信がなかった私が別人になった体験報告

 

なので、行動するって大切ですよ。

それに、実際に女性と出会うことによって、どうせイケメンがモテるという卑屈な考えも薄れてきます。

異性と関わらないとどんどん悪い方向に進んでしまうので、出会いを作りましょう。

スポンサーリンク

女は男以上に内面重視で押しに弱い

『女は男以上に内面重視であり、さらに押しに弱い』これも、男は顔じゃないことの証明です。

男の場合、ブスにどれだけ迫られても『来るな!』と拒絶しますよね。

でも女は、ブサイクに迫られても、『その態度が紳士的ならば』揺れ動いてしまうものなんです。

 

美女と野獣カップルが実際にいるように、女は男の顔なんてほとんど見ていません。

それよりも、『どれだけ愛されているか』によって気持ちが動くのです。

なので最も大切なのは内面ですし、さらに『迷惑にならないことを前提に押しまくる』これも大切です。

 

今の時代、しつこくすると即ストーカーですからこれは注意すべきですが、その一方で女は『一度断った程度で諦めないでほしい』と思っています。

要するに女は『追いかけてほしい』訳です。

それだけ自分に真剣で、どんなに断られても追いかけてくる男を望んでいるのです。

またそういう姿勢に『愛されている』と感じます。

 

なので、そういう姿を見せれば顔なんて関係ありません。

ですから、どうせイケメンがモテるとか言っている暇なんてないですよ。

それよりも、紳士的な男になって女のハートを掴みにいきましょう。

スポンサーリンク

イケメンじゃない私がモテた実体験

ここで、決してイケメンじゃない私がモテた実体験を簡単に書きたいと思います。

私は婚活サイト(ブライダルネット)をよく利用します。

ブライダルネットの詳細や攻略法については『ブライダルネットに入会したら何をするべき?絶対にやりたい4つの行動』をご覧ください。

 

私はブライダルネットを利用する際に、女性の日記をすべてチェックします。

本当に全てです。

そして、いいねやコメントをしまくります。

またその際には必ず『その女性がどんな悩みや希望を持っているか』を読み解きながらコメントするようにしています。

つまり、単純にその女性と発展したいためにコメントするのではなく、『勇気づける・心づける』とかこんな目的でしているのです。

例えば、『婚活が上手くいかない…』と嘆いている女性には、『自分も全くです。でも、みんなつらい時期があるようですよ。お互い頑張りましょう』とかこんな感じで励ましたりします。

こういうコメントを続けると実はモテるのです。

 

というのも女としては、『露骨な下心ではないし一方で励ましてくれる』というある意味都合が良くて頼れる相手がブライダルネット内で見つかる訳です。

そういう男とは『もっと関わりたい』と思うため、意外とやりとりに発展したりします。

要するに、『相談役・聞き役を買って出る』ということです。

 

何度も書いているように、私は決してイケメンではありませんし、現在はアラフォーです。

そして、決して高収入でもないですから、この状態で真っ向勝負を挑んでも難しいことが多いです。

もちろん真っ向勝負も挑みますし、それで縁があった女性もたくさんいますけどね。

 

しかし一方で、ファーストコンタクトは敢えて恋愛なしで近づくというのもモテる方法です。

それに、ブライダルネットは結局は婚活サイトなので、やりとりできてさえしまえば十分チャンスがあります。

事実、相談という形から出会いデートをしたり関係を持った女性もたくさんいます。

このように、工夫をしたり自分のポジションを理解すればイケメンじゃなくてもモテることは難しくないです。

是非生かしてみて下さい。

最後に

どうせイケメンがモテるという思考は物凄くもったいないですよ。

卑屈になっていると時間ばかりが過ぎ、気が付いた時には体力が衰え女性への関心も薄れていることだってあり得ます。

そうならないためにも今すぐ行動しましょう。

『まず行動』これを心がければ希望が見えます。

やらないことが最もいけないので、現状を変えるためにもスタートしましょう。

タイトルとURLをコピーしました