女から『格好良い』と思われる男の特徴!女は外見よりも内面にキュンとする!

恋愛関係一覧

女から格好良いと思われる男の特徴って知っていますか?

イケメンとか高身長とか好条件など、このような男がどうせ格好良いと思っていませんか?

確かに、第一印象としてはそんな男が格好良いですしモテますよ。

しかし、本当に格好良いと思われるのは外見ではありません、むしろ内面です。

どんなに見た目や条件が良くても内面がダメだったら男は格好良くありません。

 

私は、年収も決して高くはありませんし顔も良い方ではないです。

それに年齢も、現在アラフォーです。

それでも女性から『格好良い』と言われることが多いです。

それは内面に力を入れているからです。

男は内面を磨きさすればとにかく格好良くなれてモテますので、あなたも是非そんな男になりましょう。

 

以下では、内面が格好良い男の特徴について紹介します。

スポンサーリンク

さり気ない気遣いができる

『さり気ない気遣いができる』こんな男は格好良いと思われます。

例えば、『交通量の多い道では自分が車側を歩く』『相手がしてほしいことを先回りしてする』『損得に関係なく行動する』など、こういうことです。

これって女性と関わっているとたくさん出てきますが、実際に行動するのはなかなか難しいものです。

『ここでこうすれば相手は喜ぶだろう』と分かっていても、プライドや羞恥心のせいで行動できない訳です。

 

しかしながら、そうやって自分優先の考え方でいると格好良いとは思われません。

私自身、気遣いのつもりで動いたら恥をかいたとか、せっかく気遣ったのにその女に感謝さえされなかったとかこういうのもあります。

でも、それも一つの経験として記憶しておけばいいのです。

重要なことは『自分が格好良い男になれるかどうか』です。

 

格好良い男の特徴は内面がイケてることですから、そういう意味では、『失敗したら』とか『感謝されなったら』なんて気にせず、全力で相手のためになった方が良い訳です。

スポンサーリンク

弱っている時に優しい

『女が弱っている時に優しい』これも格好良い男の特徴です。

男は、普段から優しい必要はありません。

普段から優しいとむしろモテなくなってしまう傾向があります。

関連記事:女は褒めない方がいい理由と褒めるべきタイミング!女の承認欲求をくすぐる方法

 

一方で、弱っている時にさえ優しくできないと『ただ冷たい男』になってしまうためそれだと格好良くない訳です。

それに、女の状態が分かるのも格好良い男の特徴です。

要するに、今は元気なのか?それとも弱っていて助けが必要なのか?こういうのを敏感に感じ取り必要な言葉をかけられる、これができるかどうかは重要です。

女はストレートに『弱っているから優しい言葉をかけてほしい』とは言いませんからね。

しかしながら、上述した通りでそういう時にさえ優しくできない男は格好良くない訳です。

 

なので、普段から女の変化に敏感になりましょう。

それに、変化に気づいてほしい女は多いですよ。

交際相手ならばもちろんですし、付き合っていない女でも『今の私の状態が分からないの?』と言わんばかりだったり、こちらに気づかせようとしているのか普段と様子が違うなど、こういう女も多いものです。

そこでどんな対応ができるかで男の価値が決まりますので、是非しっかり向き合って、格好良い男になりましょう。

スポンサーリンク

想像以上に紳士的

女は基本的に、男の下心を警戒しています。

もちろん付き合ってしまえばそんなことはありませんが、付き合っていない男に対しては基本警戒している訳です。

そのため、『想像以上に紳士的な男性だ』と思わせることも、格好良い男の特徴です。

 

女は、『ほとんどの男は下心を持っていて、女をエロい目で見ている』と思っている一方で、『そうじゃない紳士的な男もいる』と信じたいのです。

なので、あなたが後者の『そうじゃない紳士的な男』になりきれれば高確率で『この人は違う、格好良い』と思われます。

 

私自身これは経験があり、とにかく紳士を貫き通したことがあります。

結論から言いますと、その相手はお客さんだったので『手を出さない』と決めていたのでそう映ったのでしょうが、それでも女性には紳士に見えたはずです。

食事に行っても口説いたりはせず、連絡先を交換してもしつこくしたりは一切せずとこれを貫き通しました。

そしたら、相手の方が惚れてくれました。

しかも一人だけでなく、数人のお客さんから好かれた訳です。

 

繰り返しますが私はイケメンではないです。

それでも、『優しい』『紳士的』『親切』などを心がけていたら親しみを持たれ、当時はお客さんと個人的に食事や遊びに行ったりしていました。

もちろんこうすると、『どこで下心を出すか?』というのが難しいかもしれませんが、それは今振り返ると、『相手がこちらを好きになった時点で自分から告白』でいいように思います。

告白に関しても誠実にすれば一切下心がないですから、交際までの期間下心ゼロで、完璧な紳士の姿で臨めたことになりますよね。

 

格好良いと思われるためにはこんな方法もあります。

とにかく紳士を演じるのです。

男はすぐに下心を出したがりますが、女はそれを警戒していますので、徹底的に紳士的に装って安心させましょう。

そうすると、格好良いと思われるだけでなく惚れてくれます。

いつでも積極的で自分から誘う

女は、『自分からデートや食事に誘う』ということに強い緊張を覚えます。

簡単に言うと『もし断られたらどうしよう…』という不安があるため勇気が持てないのです。

なので、それをさせない積極的な男は基本格好良いと思われます。

 

例えばいい感じの男女がいるとして、『どっちが誘う?』という状況だとしますよね。

こういう時の女の心理としては『なんで誘ってくれないの?分かってるでしょ』と思っている訳です。

この状況、男側も『誘えばOKしてくれるだろうな』とは感じている訳ですが、それでもその一歩を踏み出せないのです。

こういう男は、はっきり言って格好良くないですね。

これだと、しびれを切らした女の方から『金曜日食事しない?』とか言ってくることがあり、結果的にその男女は女性がリードする形になり得るからです。

 

なので、格好良い男になりたいのならば、あれこれ考えないで誘えるようになった方がいいですよ。

経験上、男は躊躇わずに誘っていいと思います。

それで断られても気にせず、また次の機会を待つか自分で作ればいいのですから。

要するに『一度断られても気にしたり落ち込んだりしない』これが大切です。

もちろん、しつこい男になってしまうと嫌われるのでそこは注意すべきですが、1回で諦める必要はありません。

良い意味で諦めないことも、格好良い男の特徴です。

関連記事:しつこい男が嫌われる理由と女の心理!なぜ女は諦めが悪い男が嫌い?

 

スポンサーリンク

一途で疚しいことが一切ない

女は自分に一途な男が好きです、まあこれは当たり前ですよね。

重要なのは『付き合っていなくても』です。

交際前の段階だと、『Aさんも気になるけどBさんも魅力的。そうだ、両方と食事してみよう』とかこんなのもアリですよね。

はっきり言って、私はこれをしてしまうタイプです。

理由は、一人に絞ってしまうとダメだった時に時間がもったいなかったり、自分の気持ちを一人の女に集中させたくないため分散しているのです。

分散することで、『Aさんは金目当てだな』と感じたら、Bさんを継続して、Cさんを新規でいれるとかこんな選択ができます。

一人に絞っていると、『金目当てかもしれない』と思いつつも信じたくなりますからね、この辺は難しいです。

 

でも、『格好良いかどうか』という点では疚しいことはない方がいいです。

はっきり言って、リスクヘッジのために女を分散している男なんて格好良くないです。

なので、『この女は絶対に大切』『他とは違う』と感じたら、一途になった方がいいかもです。

 

女はいつでも『私だけ』と思いたいですし、余計な不安を当然持ちたくありません。

なので、そんなことで気を遣わせる男にはならないようにしましょう。

女が格好良いと思う条件とは

女が、『この人格好良い』と思う絶対の条件は、外見とか条件よりも『自分をどのように扱ってくれたか』で決まります。

考えてもみて下さい。

超イケメンの男性芸能人でも、個人的に関わった女性に酷い対応をしたら『あの男、顔は良いけど最低だった』と確実に言われますよね。

一方で、ブサイクでもモテる人に共通しているのは、『優しい』『紳士的』『女心が分かる』などでしょう。

なので、格好良いかどうかって内面なんです。

 

こちらで紹介してきた内面のポイントさえ磨けばあなたも格好良い男です。

是非今日から、超絶格好良い男になってモテて下さい。

最後に

格好良い男になるために必要なことがもう一つあります。

それが『自分に自信を持つこと』

やはり、自信がないと男は格好良くありません。

あなたは現在自信がありますか?

ない場合、何としてでも身につけた方がいいですよ。

 

自信さえあれば、たいていのことは乗り越えられます。

一方で、女性に優しくしたり紳士的に接するなどしていれば、それが成功体験となり自信が身に付く可能性もあります。

そうすれば、本当に格好良い男になれますので、内面を磨くことはとても大切と言えそうですね。

タイトルとURLをコピーしました