確実にモテている40歳代男性の共通点!普段から心がけるべき意識と心がけとは

恋愛関係一覧

40歳代でもモテるかどうかは大きく分かれるはずです。

既に単なるおっさんでしかない人がいる一方で、まだまだモテていて若い女を楽しんでいる男もいる訳です。

その違いは一体何なのかと思いますよね。

 

私は、『本当にモテない』『全く異性として見られない』こんな時期を経験し、現在はそれなりにモテるようになっています。

そのため40歳代でもモテる男の共通点が分かります。

40歳代の男って、『モテを継続できるかどうか』の分かれ目だと思います。

そして、ここで努力できればその先もモテ続けられるので、以下で紹介する『確実にモテている40歳代男性の共通点』を参考にして、あなたも楽しい毎日を送りましょう。

スポンサーリンク

出会いに積極的で常に行動している

40歳代でモテている男性は、出会いに積極的で常に行動しています。

これはとても大切なことで、例えばあなたは『もう40歳代だから』『今さら』といったように行動することを躊躇っていませんか?

あるいは、『自分なんかが頑張っても結果なんて得られない』と自信を持てていないとか?

確かに、現状がモテない場合には自信がないかもしれませんが、最初は誰でも自信はありません。

私も、30歳代の時には最悪の状態でしたが、そこから婚活サイトに登録をして、結果を得られたからこそ自信がつきました。

関連記事:【必読】最短で自信をつける方法!全く自信がなかった私が別人になった体験報告

 

なので、行動は絶対に必要ですよ。

具体的には、私のように婚活サイトに登録するのも良いですし、コネがあるのならば合コンや紹介もアリですし、パーティーに参加するのだってもちろん良いです。

要するに重要なのは『常に女性と関わっている』ということです。

これをしている40歳代は女に慣れていますし、慣れているからこそ扱いも分かっていて結果的にモテる訳です。

ですから、これからモテたいと思うのならばまず行動です。

『今さら』とか『どうせダメだろう』という考え方は一切なしにして、取りあえず始めてみましょう。

スポンサーリンク

一人の女に拘らずに大勢とデートする

40歳代でモテている男性は、一人の女に拘りません。

つまり、常に複数の女性と関わるようにしているのです。

というのも、一人の女に拘ることって誠実ではありますが、多数のデメリットやリスクも含んでいます。

具体的には、

 

ダメになった時にまた1から探す
嵌り過ぎると冷静な判断ができない
金をつぎ込んでしまうリスク
他と出会える可能性を潰している
そもそもモテているとは言えない

 

など、あくまで『モテる』ということに関して言うのならば、一人に拘らない方がいい訳です。

 

そのためモテている40歳代は、『本命の彼女』というものを作らない人も多いようです。

それはせず、常にたくさんの女性とデートできる状態にしておいて、『関係を持ったらそれで終了』とかこんな形にして常時数人の女性で回しているとかこんな形です。

私自身、現在はこんな形にしています。

真剣交際ももちろんしてきましたが、私の場合、真面目に付き合うよりも曖昧な形で継続させる方が楽しいと思っています。

 

なのであなたも、モテ続ける40歳代を目指すのならば交際は考えない方がいいかもしれません。

何より女は、付き合うと結婚に向かわせようとしてきます。

そのため『私を逃したら後はない』とか面倒なことを言ってきたりもしますので、そういうのの対策としても曖昧な形の女性を複数持つことは有効なので、是非やってみて下さい。

スポンサーリンク

振られてもショックを受けずに淡々と処理

振られてもショックを受けずに淡々と処理をする、これも、モテている40歳代の共通点ですよ。

どんな女に振られたとしても、それを気にしてしまったり『どうしても忘れられない』と諦めきれない40歳代はモテない訳です。

やはり40歳代ですからね。

一人の女にかけられる時間はそこまでないので、『ダメか、じゃあいいや』と瞬時に切り替えられた方が圧倒的にモテます。

 

何により40歳代でも、出会いに積極的になってさえいればチャンスってあるんですよね。

要するに、こちらを『いいな』と思ってくれている女性は想像以上にいるということです。

そのため、『自分はこの女じゃないと無理』と拘ってしまうのって本当にもったいなく、そんな事よりも好意を持ってくれる相手を大切にした方が圧倒的に得です。

 

だからこそ、上述した『一人の女に拘らずに常に複数とデートする』という考え方も大切で、要するに取りあえずは『来る者拒まず、去る者追わず』のスタイルにすればいいのです。

男なら、『いい女と付き合いたい』という願望を持つことはもちろん分かります。

でも、そこに拘っているとモテ続けることって本当に難しくなります。

一方で、自分の許容範囲を広げてしまえば当然モテるのですから、40歳代ならばまずはそれをしましょうということです。

 

私はそんな風にしたからこそ、現在『モテている』と実感していますよ。

なので関わっている女も、必ずしも若い女ばかりではないですし、当然美人じゃない女性もいます。

でもそれでいいんです。

今あなたに重要なことは『ファンになってくれる女を増やすこと』です。

40歳代のあなたを必要としてくれる女がこの世界には必ずいる訳です。

ですから、あなたがするべきことはたくさん行動をして、そういう女性達に進んで声をかけることです。

自分なりのデートルールが確立している

『ファンになってくれる女を増やす』『ファンの女性に進んで声をかける』これをした場合、『切り時はどうするんだ?』と思いますよね。

要するに、『ギリギリイケる』というレベルの女でも一応するということですから、そうなると、どこかの段階、つまりは、一度関係を持ったら切らないといけない訳です。

さすがに、『外見が微妙だな』と思っている女とそう何度もできないですよね、私だってそうです。

そんな時に大切なのが、『自分なりのデートルールを持つ』ということです。

 

モテている40歳代男性は、確実にルールを持っています。

むしろこれがないと、一時的な気の迷い程度で関係を持った女と交際とかしてしまうので、ルールは絶対に必要です。

 

例えば、『この女は1回やったら終わりだな』と思っている場合、初めからそのつもりで関わるのです。

当然『好き』とか『真剣に結婚を考えている』なんて一切言いません。

ただし私のように、婚活サイトを利用している場合にはいずれ結婚することが前提になります。

なのでその場合には、『将来的には結婚したい』程度に言っておくといいでしょう。

そして、肝心の切り方ですが、私は1回関係を持ち『もういいや』と思ったら、基本的には連絡をしません。

具体的には『1回やって終わりにするための口実とは?トラブルを避けつつ綺麗に終わる方法』に書いていますが、女も、一度やった程度ではまだ確信を持てていないので、こちらからは連絡をせず、連絡が来たら忙しいで通すという形を貫けばいずれ諦めてくれます。

ポイントとしては、『遊びだった』とは思われず、『気持ちが冷めたようだ』と感じさせることです。

すぐに音信不通にすると遊びっぽいですが、連絡はしないけど来たら返すようにしていれば冷めた感じが強いです。

こうすればトラブルになり辛いですからね。

 

一方で『付き合う気はないけど体だけの関係を続けたい』と思うようならば、した直後に『今後もこういう関係を続けようよ』と笑いながら言ってしまえばOKです。

こうすれば、そもそも好きな訳ではないと伝わるので、女の方が受け入れれば交渉成立です。

 

こんな風に、自分のルールを持つことは大切です。

モテている40歳代は、確実に自分のデートルールを持っていますよ。

だからこそ、40歳代でも衰えずモテ続けられるのです。

なのであなたも、絶対のルールを確立させて失敗しないようにしましょう。

スポンサーリンク

自己投資と自分磨きは常に怠らない

自己投資や自分磨きを怠らない、これも、モテている40歳代の共通点です。

やはり、見苦しくならないように努力をしたり、必要ならば勉強するなどこういうことは大切です。

何もない40歳代よりも、能力があって外見を保っている40歳代の方が当然モテますからね。

 

私は体を鍛えるようにしています。

外見という意味では最も効果的ですし、女の反応も良いためモテるという点でも良さそうです。

いずれにせよ、自分磨きは大切なので手を抜かないようにしましょう。

最後に

確実にモテている40歳代の共通点について書いてきました。

この記事でも分かるように、モテている人が特別なのではなく努力をしているだけです。

なので、とにかく努力してみましょう。

今すぐやるべきは行動です。

出会いに積極的になりさえすれば、あなたを『いいな』と思ってくれる人が必ずいますので、まずはそんな女性を大切にしてみましょう。

【関連記事】
何度目のデートで脈ナシ判断すべき?男性向け、ダラダラ続けない交際ルール

タイトルとURLをコピーしました