職場で孤立した時の5つの対策!苦しい時に考えたい抜け出す方法とは

職場孤立関係

職場で孤立してしまうと辛いですよね。

そればかりが気になって集中できなかったり、コミュニケーションが取れないため業務にも支障が出るのではないでしょうか?

本来職場って、誰かの個人的な感情によって孤立者を出して良い場所ではないはずです。

働いて賃金を得る場所ですから、感情は捨てて業務に取り掛かるのが大人でしょう。

しかしながら、精神が幼い人もどうしてもいますし、そういう人達ばかりの職場だったら孤立してしまう可能性はあります。

従ってこの記事では、そんな時の対策を紹介します。

 

孤立すると職場に向かうことさえ苦痛になるかと思いますが、そんな時には悩むよりも対策を考えましょう。

そうすることで希望が見えてきますので、ちゃんと対策を立てることはとても重要ですよ。

スポンサーリンク

孤立していることばかりに捉われない

最初に考えたいのは『孤立していることばかりに捉われない』ということです。

この考えを持つだけでも大きな対策になります。

 

職場で孤立していると、それにばかり捉われてしまい本来やるべき作業に集中できなくなってしまいませんか?

周りの言動が気になったりどうすれば輪の中に入れるかなど、こういうことばかりに気を取られてしまうのでは?

気持ちは分かるのですが、それだと余計に孤立する可能性があります。

 

というのも孤立する原因は、

 

周りの嫌がらせ
自分の思い込み

 

のどちらかです。

 

嫌がらせならば原因や対策を考えることも大切ですが、自分の思い込みだった場合、『考え過ぎだ』と捉えることが最大の対策になります。

例えば孤立していると感じても、飲み会や遊びに誘われないだけで業務における必要な話はちゃんとできているようならば考え過ぎの可能性が高いです。

つまり、個人的な会話こそないけれど働く上では支障がないならば、それは周りが距離を感じているかきっかけがないからで、『まだ飲みに誘ったりする対象ではない』と感じているからこそ発展しないだけです。

 

なので、『職場での孤立という状況に捉われ過ぎない』この意識を持つことは対策になりますよ。

これにばかり気を取られると自分で自分を追い込むことになりますから、考え過ぎないようにしてみましょう。

スポンサーリンク

仕事により一層集中することも孤立対策

こういう時は、仕事により一層集中することが孤立対策になりますよ。

先ほども書いたように、職場で孤立するのは『嫌がらせ又は思い込み』のどちらかです。

しかしどちらだとしても、職場である以上やることがありますよね。

ならばそれに集中をして結果を出すように頑張ればいずれ孤立は解消されるので、これは王道の対策法と言えます。

 

むしろ周りと関わらないで良い分やるべきことに専念できますから結果も出しやすいですよね。

会社は成果を上げている人が絶対に強いように組織されています。

だからこそ、孤立している時の王道の対策はこの方法なのです。

 

従って今あなたがやるべきことは、『どうすれば会社に貢献できるか?』を考えることです。

孤立してしまっている人は『どうすれば皆と親しくできるか?』を考えがちですがこれは間違いです。

それに思考を割くのは時間の無駄なので、そんな事よりも会社に貢献する方法を考えてみましょう。

 

『自分の職種は貢献とかそんなものはない』『単純作業だから誰がやっても変わらない』とか思っていませんか?

それは違いますよ。

どんな仕事でも経営者にとってはかけがえのないものですから、社員は優秀に越したことがありません。

何より、情熱を持ったり工夫してくれる社員を欲しがるのが経営者ですから、現状職場で孤立しているようならばその部分を考えてみましょう。

そうすれば、きっと評価され孤立も解消されます。

スポンサーリンク

自分から距離を取るようにする

続いては、孤立した時の気持ちの持ち方についてですが、こういう時は『どうすれば親しくできるか?』と考えるよりも、敢えて自分から距離を取った方が実は楽です。

孤立対策って、たいていの人が『皆と上手くやる方法』を探しますが、それだと余計に苦しくなります。

というのも、もしかしたら避けられている訳ですから、その状況で追いかけるのは精神的に辛すぎます。

なのでこんな時には『ならいいや』と自分も周りを避けた方がいいです。

対応を素っ気なくしたりどうでも良さそうな態度を取ったりなど、『お前らと関わる気なんてないぞ』と振舞うのが対策としては正解です。

 

こうすると周りとしては、嫌がらせで避けていた場合には『なんだアイツ』と思いますから立場が逆転する可能性があります。

もちろんさらに孤立が加速することも考えられますが、かといって、追いかけたところで孤立の対策にはなりませんのでこの方が全然良いです。

 

ですから自分から避けてみましょう。

そもそも、職場だからこそ気になっているだけで、これが他の環境だったら彼らなんてどうでもいい人間なのでは?

あなたとしても、本当は『関わらないでいいならそうしたい存在』のはずですから、それに素直になってみることも対策になりますよ。

割り切って副業や勉強をする

職場で孤立をするってネガティブ要素として捉えられがちですが、その分時間があるとも言えます。

他の人は付き合いで飲んだり遊んだりしている訳ですが、そういうのってかなりの時間を取られますしそれなりの出費があります。

はっきり言うと、そこから得られるものってほぼないですよね。

 

なので孤立という現状をプラスに捉え、副業をしたり勉強をしてみることもある意味対策と言えます。

もちろんそれをしても、今の職場での孤立が解消される訳ではありません。

しかしもっと長い期間で見た場合には、あなたは周りが飲んでいるうちにお金を稼げるんです。

周りが遊んでいるうちに勉強をして知識を習得できるのです。

これってとても得なことだと思いませんか?

 

例えば仕事が定時に終わり帰宅する人と飲みに行く人とでは、帰宅時間が3時間~4時間は違うはずです。

1ヶ月を20日間で計算しても3時間×20日で60時間ですし、1年でなんと720時間もの差があります。

このように現実的な数字を見た時に、あなたはその時間を酒を飲んで使いたいですか?

それよりも、将来のために勉強をしたりお金を増やす努力や工夫に充てた方が有意義だと思いませんか?

 

なので、職場で孤立していることって決して悪いことではないんですよ。

不必要に人と絡むべきではないですし、付き合いが多すぎると破滅する場合もあります。

ですから現状をプラスに捉えて勉強等をするのはとても良い考え方です。

人生の時間は待ってくれないので、彼らとは住む世界が違う存在になれるよう、今から意識を変えましょう。

転職も含め職業そのものの適性を見直してみる

職場で孤立した時の最終的な対策は、転職も含め適正そのものを見直してみることです。

『孤立する原因は嫌がらせか思い込み』と書いてきましたが、実はもう一つあり、それが『自分が職場や職種に適していない』ということです。

その職場にあっていない場合、どうしても仕事に力が入りませんしそれは周囲にも伝わってしまいます。

もちろん、あなたが悪いということではないですよ。

そうではなく『適正な職種を選んでいるか?』ということです。

 

仕事って『お金のため』と割り切っているつもりでも向き不向きだったり適性があります。

例えば給料が良くても、体力がない人に肉体労働は向きませんよね。

逆も同じで、数字が苦手な人に会計作業は難しいはずです。

このように適性が合っていないと、それが原因で孤立してしまうことがある訳です。

 

しかしながらこういうのは、なかなか自分では分からないものです。

『この仕事がしたい』と思っても実はそれが合っていないとかこういうのも普通にありますので、その点から『転職も含め見直してみる』というのも選択肢の一つです。

何より今は、『石の上にも三年』という時代ではありません。

選択肢が多いからこそ我慢が不要になってきています。

なので、孤立だけでなく『仕事に対しても情熱を持てない』と思うのならば転職も視野に入れてみるといいですよ。

そうすることで光が差し込む可能性もありますので、答えは一つではないことを認識しましょう。

スポンサーリンク

職場で孤立した時のポイント

職場で孤立した時の対策、ポイントとしては、『努力して認めさせるか』『自分が気にしないか』といったところです。

努力して結果を出せば少なくとも社長や上司は認めてくれますし社内での立場も変わります。

一方で自分が気にしないことで他の選択肢が現れますのでそれを考えることも一つです。

 

いずれにせよ今大切なことは『孤立している』という事実に捉われないことです。

重要なのは『これからあなたがどうしていきたいか?』を決断することです。

そこに孤立という事実は関係がないので、自分にとって最良の選択をしてみましょう。

最後に

職場に限らず、孤立問題ってどこでもあると思います。

そういうことがあると焦ったり気にしてしまうと思いますが、たいていの場合孤立なんて人生において大した問題ではないですよ。

それよりも、『その時やるべきことは何か』を考え実行することが100倍大切で、それをできる人は大成します。

人間関係の悩みって抱えだすと加速する一方なので早めに見切りをつけましょう。

何より、今あなたの周りにいる人たちなんて大した魅力もないでしょうから、そんな人たちに拘らず、自分を大切にするべきです。

タイトルとURLをコピーしました