職場で孤立したら退職するべき?経験から語る、孤立した時の選択肢

職場孤立関係

現状職場で孤立しているのならば退職するべきなのではと悩みますよね。

 

これ以上この職場にいても苦しいだけだし、この先を想像しても明るい未来なんて描けそうもないため『だったら一層のこと退職をして、心機一転新しい会社で出直した方がいいだろう』と考えるのも当然です。

 

ちなみに私は、職場で孤立した結果退職をしました。

 

当時は孤立以外にもたくさんのことに悩み苦しんでいたため一杯でしたが、私の場合結果的にあの時の決断は正解でした。

 

しかしながら、退職することが正解なのかどうかはあなたの状況によります。

 

従って以下では、職場で孤立した時には退職すべきなのかどうかについて、経験を元に書いていきます。

 

職場って1日の中で最も長くいる場所ですし、もしかしたら人生の中で最も長くいる場所かもしれません。

 

ですから、孤立しているのならばその問題に真摯に向き合い、退職すべきかどうかを検討しましょう。

スポンサーリンク

以下の状態ならば退職や転職を考えるべき

仕事にやりがいを感じていない

まず、孤立していることに関係なく仕事そのものにやりがいを感じていないようならば、退職を検討してみてもいいかもしれません。

 

職場で孤立してしまうのは働くことへの情熱が関係することもあります。

 

つまり、『やりがいを感じられない』と思うからこそそれが態度に現れてしまい、結果的に周りを不快にさせたり士気を下げる存在になっている場合、人は離れますから孤立します。

 

もちろん『やる気がないあなたが悪い』ということではなく、『今の職場にやりがいを感じられないのならば退職をするなり行動をするべき』と言える訳です。

 

そもそもあなた自身、日々『面倒くさいな』と思いながらその職場に通うのは辛いでしょう。

 

それでは、今決断しなくても退職や転職は時間の問題になりますから、それならば孤立してしまっている今がその時かもしれません。

 

ちなみにこういう時は、転職エージェントを利用してみるのもありですよ。

 

転職エージェントは、面談によってあなたの強みや市場価値などを引き出してくれることがメリットです。

 

そのため、本当にやりたいことや得られる年収なども見えてきます。

 

ちなみに、以下大手の転職エージェントならば完全無料ですから、登録して情報収集してみましょう。

 

リクルートエージェント
総合転職支援のリクルート

マイナビエージェント
関東の20歳代~30歳代に強い

 

本当はやりたい仕事がある

また、本当はやりたい仕事がある場合も退職すべきです。

 

やりたいことがあっても『生活のため』と割り切って働ける人もいますが、反対にやりたいことじゃないと頑張れない人もいます。

 

そしてあなたが後者だった場合、それは職場で孤立する原因になりますので、そんな時には退職をして我慢をやめるとか、希望職種に転職するなどが良いはずです。

 

なので、もし今我慢している状態ならば『果たしてこの我慢は正解なのか?』と考えてみた方がいいですよ。

 

何より会社員には自分についてじっくり考える時間がありません。

 

でもそういう時間こそ大切なので、休日にでも先について考えてみましょう。

今の仕事では将来に不安がある

収入や職種、職場環境など、今の仕事では将来に不安がある場合も退職すべきと言えそうです。

 

またそれらへの不安が原因で孤立することも十分にあるものです。

 

というのも『これでいい』と思っている人たちの中で、自分は『このままじゃダメだ』と考えていたら孤立するのも当然ですからね。

 

この場合あなたは、周りにとって何を言っているのか分からない人になるため孤立します。

 

でも当然、あなたが悪いとかおかしい訳ではなく、単純に周囲に危機感がないだけです。

 

つまり、元々あなたと周りとでは育った環境や住む世界、目指すものが違うのです。

 

あなたは上昇志向が高くもっと上を目指したい人間だからこそ悩んだり現職場では孤立してしまうので、そういう状況ならば潔く退職するのも全然アリなのでは?

 

なので、現状に不安があるようならばその気持ちに素直になりましょう。

 

私自身『このままここにいていいのか?』という疑問を抱えながらしばらく会社員を続けましたが、退職したらスッキリしましたよ。

 

今の時代、独立にせよ転職にせよ自分次第でなんとかなりますから、早めの行動を心がけましょう。

スポンサーリンク

上司や先輩を尊敬できない

上司や先輩を尊敬できない時も退職を考えるべきです。

 

これも職場孤立のきっかけになるもので、やはりそれらの人を良いと思えないと会社では浮いた存在になってしまいますから、いずれは孤立します。

 

それに職場の上司等は、『数年後の自分の姿』でもあります。

 

このように考えた時に、あなたは果たしてその場所に居続けたいでしょうか?

 

今から5年後には尊敬できない先輩と同じようになっているとしたら、それで満足でしょうか?

 

こんな考え方からも、上司等を尊敬できない時も『この職場は合っていない』と考えるべき理由になります。

 

それに、職場に尊敬できる人がいないことは働くことへのモチベーション低下にもなるため辛いですよね。

 

さらにそれがきっかけでやる気がなくなり周囲から避けられるとか負の連鎖になることもありますので、そういう状況ならば退職を考えた方があなたのためかもしれませんね。

 

仕事をする際には小さくてもいいので目標が欲しいものです。

 

その一つが先輩社会人という存在のはずです。

 

なので、残念ながらそこに希望が持てないようならば入る会社を間違えたとも言えるので、そんな時には自分のための決断をしましょう。

スポンサーリンク

職場で孤立した時に退職するかのポイント

孤立している現状はナシにして考える

退職するべきかを考える時には『孤立している』という現状はナシにして考えてみましょう。

 

たいていの場合、孤立が問題なのではなく『その職場や仕事に対する本質的な気持ち』が関係しています。

 

これまで書いてきたように、『やる気が起こらない』『本当はやりたい仕事がある』『上司が尊敬できない』といったように、孤立とは関係がないところに問題があるようならば退職や転職を検討することが妥当と言えるでしょう。

 

反対に『仕事は楽しいし待遇にも不満はない、でも人間関係が苦手で孤立してしまっている』というのならば、その際には退職するよりも関係の修復を図った方がいいです。

 

この場合、本音は『退職したい』のではなく『上手くやりたい』と思っているはずなので、ならば『どうすれば親しくできるか?』を考えることが得策です。

 

この職場にいたいかどうかを見極める

重要なことは『この職場にいたいかどうか』これを見極めることです。

 

先ほども書いたように孤立は関係がないので、それを抜きにしたら『いたいのか・いたくないのか』を考えてみて、その結果職場そのものに興味が無いようならば退職が妥当です。

 

職場で孤立している時には冷静さを失っている場合がありますから、このように分けて考えることができなくなってしまいます。

 

そのため『辛いからとにかく退職しよう』と逃げの選択をすることもありますが、それだと解決にならず、例えば転職をしても同じ問題に苦しむことになります。

 

なのであなたは、『孤立』という孤独感に惑わされず、『今の職場や仕事に対する自分の興味』で判断してください。

 

こういう書き方は無責任かもしれませんが、現状孤立していても情熱があるのならば何れは必ず理解される日が訪れます。

 

職場は結果が第一ですから、それを出している人は評価される仕組みになっています。

 

なので、仮にも『職場に不満はないしやりがいもある』と思えるのならば今は踏ん張るようにして、退職を考えるのはもう少し先でもいいかもしれませんね。

退職の迷いは誰かに相談すべき?

ちなみに、今回のように退職すべきか迷っているという状況、誰かに相談していいものか考えてしまいますよね。

 

あくまで私の経験ですが、少なくとも職場の人間には言わない方がいいですね。

 

というのも、現状孤立しているのならば味方は少ないでしょうし、たとえ聞いてくれる人がいたとしても親身なのではなく興味本位でしかないです。

 

さらにそういった噂はすぐに広まりますから、今よりも居心地が悪くなってしまう可能性もあります。

 

何より今のあなたは追い込まれていると思います。

 

そういう時に相談をするのならば職場関係者は避けるべきで、全くの部外者が理想ですね。

 

職場の人間にはつい話してしまいがちですが、基本的には友達ではないので『退職しようか迷っている』とかこういうったプライベートな話題は避けましょう。

 

『弱みと捉えられるものは出さないことが職場の基本』こんな考えを持っておいた方がいいですよ。

最後に

日本人の場合、『一度就職した会社を退職する』というのは大きな決断として扱われます。

 

私自身、アラフォーですがこれまでに退職以上の決断をしたことがありません。

 

でも欧米人は何度も職を変えることが一般的ですから、広く見えれば決して珍しいことではないのかもしれませんね。

 

それよりも、我慢をしながら続けた結果体調を崩してしまったら人生の貴重な時間を無駄にします。

 

人生で最も大切なことは働くことではないように思います。

 

あなたが充実した日々を送れるよう、最高の決断をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました