すぐに勘違いしてしまう性格を直す方法!店員や女の笑顔に騙されない内面強化術

恋愛関係一覧

女性店員や女の笑顔にすぐに勘違いして、『この女は俺のことを好きだ』『好意を持っている』と思い込んでいたりしませんか?

その結果女性店員をナンパしたり、極端に意識したり、『俺のこと好きでしょ?』と聞いてしまうなど、こんな経験もあるのでは?

しかしこれ、殆どの場合勘違いのようです。

 

私自身経験があるので分かるのですが、店員がどんなに笑顔でも、その店員にとっては『記憶にすら残っていない』ことが殆どです。

もちろん、よく行くスポーツジムや店等ならば名前や顔くらいは覚えているでしょうが、それでもそれは『客だから』に過ぎません。

一方で、我々男にはそれが分からなかったり、何よりも、客という立場だと『自分だけ特別扱いされている』という心理になりやすいためだから勘違いするのです。

 

要するに、自分がその女店員を気になっているからこそ『この女の対応は、他の男客に対するものとは違う』『やっぱり自分に好意があるんだ』と勘違いしてしまう訳ですね。

その結果ナンパしたり声をかけたりしてしまう訳ですが、最悪の場合、ストーカー扱いされたりもしてしまいます。

 

あなたも、『自分は店員や女の笑顔によく勘違いする…どうすれば勘違いしないようになれるだろうか?』と悩んでいるのでは?

私は、以前こそ勘違いしまくっていましたが、現在はどんなに笑顔で接客されても、また関わる女性が笑顔でも『これは違うな』と分かるようになりました。

以下ではそんな、女の笑顔に騙されないための内面強化術を紹介します。

スポンサーリンク

女性店員側の心理

最初に、女性店員側の心理を簡単に解説しますね。

私は以前、接客に近い仕事をしていたので、店員側の心理も分かります。

普段勘違いしたり、『彼女は自分を好きに決まっている』と信じて疑わない場合には衝撃の内容になりますが、この心理を知ることはとても大切なので、是非読んでみて下さい。

 

彼女らにとって男性客は、『大勢の中の一人』でしかありません。

そのため一般的には記憶にないですし、勘違いなんてされたら『キモい』と思います。

また、『俺のこと好きでしょ?』とか言おうものならば速攻迷惑客リストととして社内中に報告されます。

 

実際に、婚活サイトで知り合った接客系の女性は『迷惑な男性は即上司に報告する』と言っていました^^

なので、基本的に『店員の女性が自分に特別な感情を抱いている』とは思わない方が良さそうです。

 

それに、変な客にならない方が全然可能性はあります。

店員女性も女ですから、『この人素敵だな』と客に思ったりはします。

どうせなら、そんな高嶺の花的な客を目指した方が好印象なので、勘違いには注意した方が良さそうですね。

スポンサーリンク

勘違いする原因

ここからは勘違いする原因です。

『なぜ自分は店員や女の笑顔に勘違いするのか?』これが分かっているとブレーキをかけられます。

実際に私も、原因が分かってから勘違いしなくなりましたので、原因を受け入れることはとても大切です。

自意識過剰

まず、勘違いする人は自意識過剰です。

つまり、『たいていの女は自分に好意を持っている』とか『俺は格好良い』と思っていたりする訳です。

 

恥ずかしながら、昔の私は『自分は格好良い』と思っていました^^

だからたくさん勘違いしましたよ。

目が合ってニコッとされるだけで『自分に気がある』と勘違いしてしまう訳です。

 

やはりこれは、『自分は格好良いから女が好意を持つに決まっている』という自意識過剰な部分があったからです。

幸か不幸か、私は強烈に自信を無くすきっかけがあり、それと共に自意識過剰もなくなりましたが、もしあなたも、『俺はイケてる』と思い込んでいるとしたら、それが原因で店員女性に勘違いしているのかもしれません。

 

もちろん、『実はあなたは格好良くない』とかそういうことではないです。

実際にモテるかもしれません。

しかし重要なのは、『だからといって全ての女が興味を持つとは限らない』ということです。

 

特に店員というのは、仕事中はそれだけに集中していますし同僚などの目もあります。

なので、基本的には客を異性として見ないのが普通です。

一方の客は、店員も異性として見ますよね。

だからすれ違いとか勘違いが生まれるのです。

 

なので、あなたがモテる人だとしても、『店員は別』と分けた方がいいです。

こうすることで、勘違いは大幅に減少されるはずです。

恋愛機会の無さ

また、恋愛機会がない人も店員や女性の笑顔に勘違いしやすいです。

これは単純に、『普段笑顔で話しかけられることがないから』ですね。

 

女友達や恋愛機会が多い人ならば、女の笑顔を見分けることができます。

『この笑顔は愛想笑いだな』とか『社交辞令』『これは気持ちがある』といったように、色々感じることができます。

何より、笑顔だけでなく会話から脈を判断するので、表情だけで勘違いしたりはしないのです。

 

一方で恋愛機会がないと、『女の愛想が良いかどうか』だけで全てを見てしまうため、結果的に営業スマイルも仕事の一環である店員にはことごとく勘違いします。

なので、普段から女性と関わる機会が少ないようならば注意した方がいいです。

 

またこれは、『恋愛経験がない』とは違うためここも注意です。

つまり、『過去には十分な恋愛経験があるが、今は女性と関わっていない』という場合でも、店員の笑顔に勘違いすることは全然あります。

やはり、しばらく女性と関わっていないとそれだけで勘違いしてしまいますし、むしろ恋愛経験がある方が『自分はモテる』と思い込んでいたりもしますから、その分勘違いも起こりやすくなります。

 

なので、『どう考えても最近女と関わってない』と思えるようならば、気づかぬうちに勘違い男になっている可能性がありますので、自分の言動に気を配ってみましょう。

スポンサーリンク

勘違いしない内面強化術

では具体的に、勘違いしないためにどうすればいいのか?

以下では、実際に私が取り入れた内面強化術を紹介します。

勘違いばかりしていた私も現在は冷静に対処できているので、必ず人は変われます。

是非あなたも、自分を変えてみましょう。

店員は営業スマイルと自覚

まず最も重要なことは、店員は営業スマイルだと自覚することです。

この自覚があるかどうかで、どんな笑顔で見つめられても『これは営業スマイルだ』と冷静になれます。

 

以前の私は、笑顔で見つめられたりするとすぐに、『この女性は自分に好意を持っているに違いない』と気になってしまっていました。

その結果、その店での挙動がおかしくなったりもしていたと思います。

しかし現在は、どんな美人に笑顔で見られても『これは営業スマイルだ』と思うようにしているため、完全に冷静でいられます。

 

何より、このように自分に言い聞かせることで期待を持たずに済みます。

本来、諦め思考って良いものではないですが、今回のように勘違いしてしまう場合には『これは違う』『どうせ何もない』といった諦め思考が役に立ちます。

なので、どうしても店員や女性の笑顔に期待してしまうようならば、『どうせ好意はない』と期待を持たないでみましょう。

この『期待しない』ということを完全にできると勘違いなんてしなくなりますよ。

 

何より、女性店員に対しては『勘違いしない客』の方が全然格好良いので、それを目指した方がまだいいです。

その店員がどうしても気になってしまうのならば、『彼女は単なる営業スマイルだ』と理解した上で紳士的な対応を取るとかこれが良いです。

そうすると、多少は印象が良くなりますので、きっかけがあった時に誘ってみればイケる可能性があります。

 

勘違い男だと可能性はゼロなので、店員を落としたい場合には長期戦で考えましょう。

恋愛機会を増やす

もう一つの内面強化術は、恋愛機会を増やすことです。

普段から女性との関わりが豊富ならば、店員の態度に勘違いすることはほぼなくなります。

 

またこの場合、気になる店員には正々堂々とナンパをすることも可能です。

どういうことかというと、『勘違いではなくナンパ』です。

つまり、自分から口説く訳です。

 

勘違い男は『この店員は自分に気がある』と思い込んでいますが、ナンパの場合『可愛いから声をかける』ですよね。

後者の形ならば、上手くいけば応じてくれます。

もちろん失敗した場合には迷惑客になるので、これもやはり、まずは常連になり親しくなるとか、これは絶対条件ですけどね。

 

いずれにせよ、女性機会が多いと女に慣れますから、店員とも親しくなれます。

親しくさえなってしまえば、その時点で『客と店員』という関係ではなくほぼ対等なので、女性も誘いに応じやすくなります。

なので、普段から勘違いが多いようならば女慣れをして、どんな女性とも気さくに会話ができるようになりましょう。

そうすれば、全然チャンスはあります。

スポンサーリンク

モテるようになると店員の心理も変わる!

店員女性も、魅力的な男性がいたら当然気になります。

仕事中とはいえ『あの人格好良い』とかは思ったりするわけです。

なので、基本的にはモテるタイプの人間になることが極めて重要です。

 

しかしモテるってどんな男なのかなと分からなかったりもしますよね。

モテるについて最も簡単な答えは、自分に自信がある人です。

自信があれば、表情や言動などの全てが前向きになるため必ずモテます。

なので、モテたい場合にはとにかく自信を身につけることです。

 

私も、自信がない時ある時とではモテ方が全然違いました。

ない時は、街を歩いていても不審者扱いされている感じがしましたし実際に拒絶ばかりされました。

一方のある時は女生との機会も多く、店員等に話しかけても好意的な印象です。

もちろん、自分の心理状態も関係しているのでしょうが、表情や言動などもあるように思います。

自信がない人はとにかく暗いですが、ある人は目に力がありハキハキしているため、それが好印象になります。

 

なので、モテたかったらまず自信を付けた方がいいですよ。

自信があると『モテる』以外にも人生そのものが楽しくなりますからね。

関連記事:【必読】最短で自信をつける方法!全く自信がなかった私が別人になった体験報告

 

何より、自信がない時の方が色々なことに期待してしまうため勘違いも起こりやすいです。

それだと、自分の居場所がどんどんなくなってくるので、そうなる前に対策しましょう。

最後に

勘違いしてしまう性格って、自分が辛いと思います。

『この女は絶対に自分に気がある』と確信したのに全く違うと憤りを感じたり恥も書きますよね。

しかも、そういう経験の積み重ねが自信の喪失にもつながるため、勘違いってできるだけ避けたいものです。

 

それに勘違いをすると、店側では変な人として嘲笑の対象にされますからね。

本当にいいことないです。

なので、『店員は営業スマイル』と割り切って、とにかく紳士になった方がいいです。

『店員になんか興味ない』という態度を見せた方が全然格好良いので、そんな雰囲気のモテる男を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました