転職を決断するべき5つのポイント!最悪の事態になる前に考えたい状況とは

転職Q&A一覧

何となく転職したいと思っていても、それを決断するポイントが分からないと行動できないですよね。

例えば『現状に不満があるな』と感じていても、『これは転職する基準になるのだろうか?』と迷ってしまい、結局しない人も多い訳です。

このように、転職のポイントが分からないと決断も難しくなります。

何より転職は、比較的大きな決断になりますからどうしても慎重になります。

そのため転職決断のポイントを把握をすることは極めて重要です。

『自分が何を感じどんな状態になったら転職すべき』この目安が分かっていたらとても楽ですから、そんなポイントに向き合ってみましょう。

 

以下では、転職を決断するべき5つのポイントと、それを逃さないために大切なことについても書いていきます。

無理や我慢をしたり疑問を抱えながら仕事を続けるのは良いことではありません。

最悪の事態になる前に決断しましょう。

スポンサーリンク

転職を決断するべき5つのポイント

不満や不安に思っていることが改善される気配がない

転職決断のポイントとして確実に言えるのが、『不満や不安に思っていることが改善される気配がない』ということです。

例えば給与や人間関係、業務内容など、これらに対し不満を持っていませんか?

それについて改善される気配が全くないようならば、それは転職を決断するポイントであると言えますよ。

 

そもそも会社は、従業員に良い環境や待遇を提供する努力義務があります。

従って、あなたが不安等を感じているにも関わらずそれがなされないようならば、それはブラック企業も同じです。

ですからそんな状態ならば転職を決断するのもアリなので、行動してみてはいかがでしょうか?

 

具体的には、まず転職サイトに登録してみるのがいいと思います。

あまり多すぎても管理が大変ですから、大手のリクナビネクストやマイナビ転職辺りに絞り情報収集してみましょう。

それだけでも、現在の自分の置かれた状況が見えてきますよ。

職場で完全に孤立している

職場で孤立している場合も転職を決断すべきポイントになりますよ。

孤立をしたら精神的に辛いですしそういうのは仕事にも影響します。

また職場の場合、学校とは異なり卒業がかなり先です。

それを考えた場合、あなた自身が耐えられるか?というのがかなりのポイントと言えます。

 

例えば、定年までまだ20年以上ある場合、これから先ずっとこのままの状態で居続けられるでしょうか?

こうして考えた場合、自然と『転職』という決断に至るのかなと思います。

それにこの問題に関しても、我慢することではないです。

現状が合わないのならば転職してしまえばいいですし、そこに拘っても得るものも少ないのでは?

 

なので、孤立してしまっていて日々疲弊しているようならば、そんな時には転職を決断してみましょう。

転職先ならば仲間と楽しく仕事ができる可能性だって十分にあります。

このように考えれば、合わない環境で無理して働く理由なんて見つからないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

日に日に元気がなくなっていく気がする

『何が原因か分からないけど日に日に元気がなくなっていく』これも、転職を決断するべきポイントです。

はっきり言って、この状態はかなり深刻ですから、体が出しているサインに気づいた方がいいですよ。

『原因は分からないが元気がない』これがポイントで、この状態のまま放置をすると最悪体を壊します。

 

他にも『今まで興味があったものに対し関心がなくなった』『人付き合いが鬱陶しくなった』など、ネガティブな感情を持つようになったのならば思い切って転職を決断しましょう。

これは今の職場が合わず、それが原因で精神が病んできているからだと考えられるので、こんな時には無理をしないことがポイントです。

 

一方でこういう時って、転職活動をする元気さえなかったりもするものです。

その場合は、休職や退職も視野に入れて検討してみて下さい。

もちろん収入は大切ですが、それでも精神が健康じゃないと働けませんから、取りあえず回復させることも重要なポイントです。

なので、『できそうならば転職を考え無理そうならば休む』こんな方針にして、自分の体調を最優先にしてみましょう。

働いていて正直つまらない

仕事に対してやりがいを持てないことも転職決断のポイントと言えます。

待遇や人間関係に不満がなくても、仕事そのものがつまらないと感じていて、さらに『お金のためと割り切れていない』ようならば、それは転職を考えた方がいいかもしれません。

例えば、毎日同じような業務の繰り返しで『自分は何のためにこんなことをしているんだ?』と疑問を感じてしまうようならば、本当はもっと他のことがしたいとか、やりたいことがあるのかもしれません。

こういう心理の時には転職してみることで新しい世界が開けますから、やってみる価値は全然ありますよ。

 

何より『つまらないと思っていることを淡々と続ける』というのは楽ではないはずです。

メリットがあってやっているのならばいいですが、そうではない場合自分の行動に疑問を持ちますよね。

それだと数年後に『時間の無駄をした』と思うこともありますので、そんな時には転職なり独立なりをして自分のやりたいことをするのがポイントと言えます。

 

このケースは、一見問題がないように思えますが後になって大きく後悔するパターンでもあります。

そもそも仕事は、お金で割り切れる人とそれができない人とに分かれます。

『つまらない』と感じるのならばあなたは割り切れない人ですから、本当は別のことがしたい可能性が極めて高いです。

そんな時には、しっかり自分と向き合いながら『何がしたいのか?』を見つけ出しましょう。

他社や他業種に対する興味が消えない

『他社や他業種に対する興味が消えない』これも転職を決断するポイントです。

つまり『現在は割り切って働いているつもりでも本当はやりたいことがある』と自分で分かっているパターンです。

こんな時には、気持ちに正直になって決断した方がいいですよ。

はっきり言って、今転職しなくてもいずれはします^^

 

一方で、転職するのならば早い方が絶対に良いです。

理由は、

 

成功率が高い
失敗してもやり直せる
年齢が高まるに連れて背負うものが増える

 

などです。

 

成功率が高いことや失敗してもやり直せることは説明不要かもしれませんね。

ただし最後の、『背負うものが増える』に関しては分からないかもしれません。

人は単純に、年齢が高くなると慎重になります。

つまり、『今ならば容易にできることが10年後には簡単ではない』ということです。

例えばスポーツ選手を例にすると分かりやすいはずです。

30歳前後ならば現役でいられても、40歳代前後になると引退しているアスリートが多いですよね。

これは体力・技術・気力、全ての面で劣ってしまうからです。

 

転職も同じで、今ならば抵抗がなくても10年後の場合、既婚・未婚に関わらず簡単ではなくなります。

だからこそ、本当はやりたいことがあるのならば決断した方がいいですし、そう思うものがあるのならば今こそが転職すべきポイントということです。

人は加齢とともに必ず気力や体力が衰え、思考も守りに入ります。

そうなった時には、『やりたいこと』も過去の記憶に変わってしまいますから、早めに行動して後悔を避けましょう。

スポンサーリンク

決断するべきポイントを逃さないためにも

転職を決断するべきポイントって意外と分かり辛いので、それを逃さないためにも自分自身の意識を高めましょう。

人生は選択と決断の連続です。

従って、『いつでもあらゆる決断がある』という意識を持ってさえいれば敏感になれるので、そんな気持ちを持ってみましょう。

会社に期待しても変わらないと考える

例えば、『会社に期待しても何も変わらないな』と考えること、これも大切ですよ。

人は現状を変えない理由を探してしまいがちなので、そういう時に『変えるための決断』ができると自分の人生が良くなっていきます。

 

従って待遇等に不満があるのならば、『これが変わることはない』と見切りをつけること。

そうすれば、『ならばどうするか?』と考えますよね。

これが転職を決断させます。

 

このように、いつでも『変わる理由やポイント』に敏感になることで素早い決断ができるようになります。

人生において、究極を言えば味方は自分だけです。

舵取りを間違わないようにしましょう。

体が発するサインに気づこう

体の不調に気づけることも大切です。

例えば『最近なんだか元気がないな』と感じたら、その原因を追究するんです。

その結果『昨日・一昨日とハードに運動をしたからそれで疲れているんだな』と思えたのならば一時的ですし、思い当たることがないようならば継続的なストレスの可能性があります。

 

しかし体は正直です。

なので不調ならば何らかの原因があります。

重要なのはそれを放置しないこと。

分かるまで追求し、確認できた時点で『ならばどう対処するか?』と考えるのです。

その最良の策が転職ならば直ちにするべきですし、職場を変えなくても手段があるようならばその行動を急ぐ必要があります。

このように、分からないまま放置しないで解決することがポイントです。

この習慣を身に着けることで決断力も高まりますから、転職に限らず、あらゆるシーンで生かせるよう日常から考えておきましょう。

本音に正直になろう

現代人は本音を隠す習慣がありますが、これは自分を苦しめます。

もちろん、何でもかんでも本音だと『わがままな人』になるのかもしれません。

しかしながら、本当はやりたいことがあるのに理由をつけて我慢をしてしまうようならば、それでは後悔するだけの人生になってしまいます。

あるいは『誰かのために我慢する』とかこんな人もいますが、それも結局は『やらない言い訳』を作っているだけです。

 

新しいことを始める時には別れや衝突がたいていはあるものです。

そういうことが面倒くさいかもしれませんが、それを気にしていたら自分が人生を楽しめません。

なので本音に正直になるって大切です。

自分を騙して生きてしまうといつまで経っても満たされない状態が続きますので、良い決断ができるよう正直になりましょう。

スポンサーリンク

転職せずに無理して続けると最悪の事態もあり得る

決断のポイントが何度もあったにも関わらず見逃してしまった場合、最悪の事態もあり得ますよ。

最悪の事態って人により色々ありますが、共通しているのは『こんなはずじゃなかった』と後悔することだと思います。

10年後にそう思うのって本当に嫌ですよね。

そのためにも、今が決断の時ならば逃さない方がいいですよ。

 

もちろん転職には失敗のリスクもありますし、転職そのものが一大事ですから簡単ではないことも分かります。

しかし、人生は決断の連続でありそこには必ずリスクが伴います。

さらに『行動したことによる失敗』ならばあとで軌道修正することは可能です。

一方でこれが『何もしなかった単なる後悔』だと、時すでに遅しでありなす術がありません。

 

ですからそんな意味でも、今が転職決断のポイントだと思えるのならば何らかの活動はするべきだと言えます。

もちろんその結果、『今の会社に止まる』という決断もできますので、行動は大切ですよ。

転職は特別なことではない

ちなみに、転職って決して特別なことではないですよ。

もちろん後ろめたいことなんて全くありませんし、現職場への裏切り行為ということも一切ないです。

そんな事もよりも『自分の人生の決断』なのでとても重要です。

ですから特別ではなく『大切な決断の一つ』です。

 

日本人はどうしても、一度入った会社に恩を感じたり定年まで続けることを美談とする傾向があります。

でも現在は、そういう時代でもありません。

誰もが自由に生き方を選択できる時代ですから、誰かの犠牲にならず、自分のための決断をしましょう。

最後に

今回のポイントは『我慢しない』ということですね。

『我慢している時点で本意ではないから、その時点で違う選択をするべき』と考えることがポイントです。

もちろんわがままはいけませんが、職場といえど過度に我慢する必要なんてないんですよ。

上述したように、今は自由な選択が可能な時代です。

それを生かし、『違う』と感じたらすぐに次の選択をしましょう。

そのためには決断力が必要ですから、日々起こる些細な疑問に敏感になり、転職のポイントを逃さないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました