転職が失敗だった…今すぐ辞めたい気持ちが本物かを確かめる方法

転職Q&A一覧

せっかく転職をしてもそれが失敗だった場合辞めたい気持ちになりますよね。

転職して数ヶ月『この会社は合わない・違う…』と感じたら失敗したと考えるでしょうし、『これでは以前いた職場と何も変わらない』と思うかもしれません。

そんな時には当然辞めたいでしょうが、一方で転職したての時には『その辞めたい気持ちが本物かどうか』を見極めることが重要になります。

どんなに失敗だったと思っても、まだ数ヶ月ならば一時的かもしれませんし、そこで辞めたいからとその通りにした場合、再度転職をしても同じように悩む可能性があります。

 

従ってこの記事では、今すぐ辞めたい気持ちが本物かどうかを確かめる方法について書いていきます。

その転職が失敗かどうかを見抜くことは意外と簡単ではありません。

今は辞めたい感情で一杯だと思いますが、少し冷静になって失敗かどうかを見極めてみましょう。

スポンサーリンク

転職後半年以内は辞めたい気持ちに支配される

まず、転職後半年以内は辞めたい感情に支配されることが多いので注意です。

というのもこの時期は、不慣れな毎日に緊張の連続ですから辞めたいと思うのも仕方がありませんし、転職そのものに関しても『失敗だったかな』『向いてないかも』と思うことも多々ある時です。

 

何でも最初の頃は大変ですし覚えることや分からないことがたくさんあります。

通常は少しずつ身に着けていくことで環境に適応していきますが、転職の場合即戦力が求められる側面もあって、『あれもこれも』といった状況にもなりがちです。

そんな事から『失敗だったか』と思うほど苦戦したり、辞めたいと思ってしまうこともありますので、まずは現在あなたが置かれた状況がそうでないかを確認してみましょう。

 

またここで記したように、まだ不慣れなだけならば時間が解決してくれます。

ですから、現状ではどんなに失敗だったと感じても、『単純に多忙だからそう思うようだ』と冷静になれるのならばもう少し待ってみましょう。

全てに慣れてくれば『これで良かった』と感じられるかもしれませんし辞めたいとも思わなくなります。

このように、取りあえずは冷静に考えてみることも大切です。

転職が失敗だったと感じた時のチェックポイント

半年以内は多忙な毎日に疲弊する
自信の喪失から転職そのものが失敗だと感じることも
辞めたい気持ちになる
時間が解決する可能性アリ

スポンサーリンク

辞めたい気持ちが本物かどうかを確かめる方法

続いては、辞めたい気持ちが本物かどうかを確かめる具体的な方法です。

転職が失敗だったかどうかを探るよりも、『自分がどう思うか?』に拘った方がこういう時は良いですよ。

失敗かどうかに関しては長く勤めてみないと分からない部分がありますので、今辞めたいと思っているその気持ちに向き合ってみましょう。

何かが改善されたら続けたいか?

最初に考えたいのは『何かが改善されたらこのまま続けたいかどうか?』ということです。

現状では『失敗だった』『辞めたい』と感じていても、『○○が改善されるようならばこのまま続けたい』と思えるようならば、それは本気で失敗だと感じている訳ではないかもです。

 

例えば、『朝早いのが改善されたら』『残業がなくなったら』といったように、明確な理由があるようならばそれは工夫次第です。

朝が辛いならば職場の近くに住んでみたり、残業に関しても同じ方法である程度解決します。

何より『○○さえなければ異論はない』と感じているのならば辞めてしまうのはもったいない可能性があります。

ですからそこは慎重に判断してみましょう。

 

一方で、『全てが無理』と思うのならば、その転職は失敗だったのかもしれませんし辞めたい気持ちも本物の可能性があります。

ですからまずは、自分が抱えている不満の大きさに着目してみるべきです。

ポイント
・特定の業務等に対する不満だけならば様子見もあり

職種にやりがいを感じているか?

続いては『職種にやりがいを感じているか』です。

転職先は失敗だったと感じていても『この職種では目指したい』と思っているようならば、辞めたい感情は一時的かもしれません。

先ほども書いたように、転職後の数ヶ月は違和感や不慣れから疲弊するものです。

そのため、『ここは違った。失敗だったかもしれない』と思うことは多々あります。

しかしそれでも、『この分野で目指したい』という明確な目標があるのなら、せっかくその業界に転職できたことは貴重なのでもう少し待った方がいいかもしれません。

 

何より、目指したい業界ならば厳しくても頑張れる部分もありますよね。

そういう姿勢は必ず評価されますし結果にも結び付きます。

ですから、やりがいを感じている仕事ならば辞めたい気持ちは少し我慢してみましょう。

 

一方で、特別職種に対する拘りがなく『転職は生活のためだ』というのならば失敗だった可能性もあります。

生活のために働くことももちろん正解ですが、この場合大切なのは『無理なく続けられるかどうか』になります。

従って今回のように、『転職早々失敗に感じている』というのなら、その気持ちは本物の可能性が高いので、そんな時には決断してもいいかもしれません。

ポイント
・自分が何のために働くかを見極めよう

5年後自分がその職場にいることを想像できるか?

5年後自分が今の職場にいることを想像できるか?これはとても大事です。

今がどんなに辛くても、『自分は5年後、ここでこうなっている』というビジョンが描けたら転職は失敗ではないですし、辞めたい気持ちも一時的です。

例えば『5年後にはそれなりのポストになっている』『高収入のはずだ』と思えるようならば、現状がどんなでもこの先にかけてみるのもアリですよ。

仕事をする以上、浮き沈みは誰にでもありますから、そういった感情に惑わされない方がいいです。

 

一方で、未来がイメージできないのならば考えた方がいいかもしれません。

特に未来が最悪だったのなら、それは転職を失敗した可能性もありますからそんな時には気持ちに従うのもアリでしょう。

ですから、辞めたいと思っているのならば現在だけでなく未来についてもイメージしてみましょう。

そうすることで本当の答えが見えてくることが多々あります。

 

むしろ、今だけを見るのはとても危険です。

本当は向いているのに一時的な感情で失敗と判断している場合もありますから、冷静に先のことを考える時間を作り、その上で結論を出しましょう。

ポイント
・今よりも未来を見て判断すべき

スポンサーリンク

辞めたい気持ちが本物なら転職も視野に入れよう

上述した、

 

何かが改善されたら続けたい
職種にやりがいがある
未来が想像できる

 

などに全て当て嵌まらない場合は、その転職は失敗だった可能性が極めて高いと言えます。

従ってその場合、今あなたが抱えている辞めたい気持ちは本物だと言えますので、そんな時には再転職を考えてみてもいいかもしれません。

 

ただし新しい環境って本当に難しいもので、それが本当は天職でも最初は地獄のように感じる場合もあるため慎重さは必要です。

ですから、『再転職も視野に入れる』のはいいですが、結論を急ぐのは待った方がいいかもしれません。

何より、現状がどんなに大変でも人間は適応する生き物ですから、継続してしまえば慣れてくることは十分にあり得ます。

従ってすぐでなくても、『仕事を続けながら転職活動をする』といった選択もありますので、その辺も含めこの先について考えてみましょう。

すぐに辞めるのは失礼なこと?

ちなみに、転職後すぐに辞めるのは失礼なことなのか?ですが、結論としては失礼ではあります。

採用にはそれなりのお金と労力がかかりますから、その人材がすぐに辞められては元を取れないですし、欠員を補充しなければならないため負担もあります。

意外と分かり辛いかもしれませんが、企業側も人材確保に必死なので、その点では『すぐに辞める』というのはマナー面で問われる部分でもあります。

 

しかしながら、そこを気にしていても仕方がありませんし、あなたが失敗だったと感じているのならばそれが全ての答えです。

なのであまり気にする問題ではないですよ。

それよりもあなたの人生を大切にしましょう。

 

一方で、上述したように会社にとって退職は負担なので、それを利用して交渉する方法もあります。

例えば辞めることを伝えた結果、『不満があるなら力になる』と言ってくれたら交渉してみるのは全然アリですよ。

希望の部署に異動させてでも欠員を出したくない場合もありますから、こんな方法があることも頭に入れておくといいかもしれません。

スポンサーリンク

自分が負担にならない選択をするべき

色々書いてきましたが、結論としては『自分が負担にならない選択をするべき』と言えそうです。

今の時代、無理や我慢をしてまで一つの場所に拘る必要はないように思います。

そもそもブラック企業も存在する世の中ですから転職も当たり前で、またその期間も、『転職してすぐ』であっても問題ではないはずです。

つまり、『企業側の都合を考えている場合ではない』これが結論と言えるでしょう。

 

あなたが最も大切にするべきは『無理や我慢をして自分を犠牲にしないこと』です。

自分を守るためためには勇気を持った決断をいかにできるかです。

転職に関しても『失敗だった』『辞めたい』と思うのならば、その意思に従ってしまうのもアリかもしれません。

 

何より、企業は人生の保障はしてくれません。

収入は保証されてもそれは一時的で、ある日突然裏切られることだってあります。

ですからその点では、転職後すぐに辞めてもそれはお互い様です。

なのであまり考え過ぎず、苦しくない選択を心がけましょう。

最後に

転職が失敗だったと感じた時に確かめたいのは、『本当に辞めたいのか?』という感情です。

一時的なのか本心なのか、これはしっかり考えてみないと分からないものです。

またその結果、『辞めたい』と思ったのならばその時は周りに気を遣ったりせずに退職するべきです。

これまで書いてきたように、無理して続けても人生を保証してくれる訳ではありませんから、それは必要な選択です。

後になって後悔しないよう、正直な判断をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました