仕事にやりがいを感じられない上での転職活動…転職理由はどうするべき?

転職Q&A一覧

『仕事にやりがいが感じられない』この理由で転職する場合、転職理由に困りますよね。

これといった理由がある訳ではないため、『転職する理由は何ですか?』と人事に聞かれても、的を得た回答をできる気がしないのでは?

 

一方で『やりがいがないから転職する』こういう人も多いので、それに関しては気にする必要ないですよ。

重要なのは『転職理由がいかなるものでも面接では的確な回答ができること』です。

なのでその部分に関してはしっかり押さえておきましょう。

 

この記事では、やりがいが感じられない時の転職理由を紹介します。

またその他にも、やりがいが感じられない状況時に考えておきたいことも書いています。

『今の仕事にはやりがいがない=転職』だと、もしかしたらその後の人生で苦労するかもしれません。

ですからその点も含め、広い意味で『転職』を考えてみましょう。

スポンサーリンク

仕事にやりがいを感じられない時の転職理由

仕事にやりがいを感じられない時の転職理由は以下のような感じが良いです。

 

今の職場ではやりがいを感じられなかった
御社にはとても興味を持っているので、働きながらやりがいを感じられたらと思っている

 

このように『今の職場は違ったが御社ならばやりがいが持てそうだ』という言い方が理想です。

 

やりがいの有無が転職理由の場合、下手に誤魔化そうとしても人事にバレてしまう可能性が高いです。

現状では働くことそのものにやりがいなんて持てていないでしょうし、そういう人は転職活動でも熱意が弱いため、大量に対応している人事ならば一瞬で分かってしまいます。

なので、ここは敢えて正直に伝えた方が潔い訳ですが、そんな中でも工夫したのが上記の言い方です。

 

それに例文の転職理由だと『今の職場にはやりがいがない』『でも御社ならばやれそう』という言い方なので、採用側も『なら当社でやってみる?』という気持ちになる可能性は全然あります。

もちろん、最低限の情報収集やその会社で働きたい理由については明確にしておくべきですが、このやり方は『能力ではなく人間性で判断してもらう手法』なので、現状のように、『やりがいが持てない』という時にはアリですよ。

 

転職の採用試験も全てが能力重視ではありません。

やる気や人柄、相性なども関係しますから、『やりがいなんてない』と悩んでいる時には人間性で勝負してみましょう。

ポイント

能力よりも人間性で勝負!
転職後にやりがいを見つければ良い

スポンサーリンク

今のままだと再転職を繰り返す可能性アリ

やりがいを感じられない時の転職理由に関してはこれまで書いてきた通りです。

一方で、今の状態のままだと転職に成功してもやりがいが持てず、再転職を繰り返す可能性があります。

もちろん、今回の転職が最後になればそれで問題ありませんが、根本的な軸の部分がしっかりしていないと悩み続ける人生になってしまいます。

そうならないためにも、転職や働くことに関して、この機会に見つめ直してみましょう。

転職理由は『やりたいから』が理想

まず、転職理由は『やりたいから』が理想です。

つまり『やりがいがないから転職したい』のではなく、『この仕事がしたいから転職する』という形、これが本来理想です。

もちろん全ての人がその通りにしている訳ではないですが、やりがいを感じられないため転職をした場合『この職場は違う』と感じた時に継続する理由がありません。

それが再転職の繰り返しを招く訳です。

 

ですから、現状では働くことそのものにやりがいを感じられないかと思いますが、それでも『これから何がしたいのか?』について真剣に考えた方がいいですよ。

やりたい仕事ならば、『ここは違う』と感じてもすぐに辞めることはないですし、『でも自分はこれがしたいんだ』と止まる理由ができます。

またそれは、努力する理由や原動力にもなります。

 

このように、転職理由ってとても重要ですし、それは大袈裟ではなく人生を左右させます。

早くからやりたいことを見つけられた人は、もちろんその分早くに大成しますので、あなたも時間を大切にしましょう。

ポイント
・これから先を真剣に考えてみよう

生活のためと割り切れるなら転職しないはず

『仕事は生活のため』という考え方もありますし、そのために割り切って働く人も多いです。

しかしながら、今のあなたはそのタイプではない可能性があります。

というのも、そういうタイプの人ならば『やりがいがない』という理由で転職をしないからです。

実はこれも、再転職を繰り返す可能性に繋がります。

 

働くことに関しては、

 

生活のためと割り切る
やりがいがあることが前提

 

のどちらかに分かれるものです。

これらは、突き詰めるともっと深い意味になりますが、今回そこは省略しますね。

 

重要なのは、『自分がどちらのタイプか?』これを知ることです。

そしてあなたが『やりがい型』ならば、『日々満たされた形で働けないと自分はダメになる』と自覚する必要があります。

そうすることで『本当は何がしたいか?』を追求するようになりますし、転職先に関しても興味で選ぶようになります。

 

ちなみに私もやりがい型で、その結果大学事務職員という安定職を捨ててフリーランスになりました。

関連記事:安定を捨てて私が転職を決めた理由!大学事務職員からフリーランスになった本音

 

ですからあなたも、『自分がどんな生活を求めているか?』に正直になった方がいいですよ。

そうすることで気持ちが次のステップに進めますから、転職だけでなく、あらゆる選択肢から最良のものを選んでみましょう。

ポイント

本当にやりたいことから目を背けない
転職先はやりがいで選ぶ

スポンサーリンク

再転職を繰り返す人生を避けるには

再転職を繰り返す人生、これを避けるためにはどうするべきか?

そのための具体的な方法を以下で書いていきます。

自分について考える時間を作る

まずは、自分について考える時間を作ることです。

もしかしたら『今すぐにでも転職したい』と考えているかもしれませんね。

もちろんそれが悪い訳ではないです。

しかしやりがいを感じられないのなら、転職活動はもう少し待ってみて、そこに割く時間を自己分析に充ててみるのも一つの方法ですよ。

 

というのも現代人は、自分について考える時間があまりにもなさ過ぎます。

朝から晩まで働き、たまに時間ができたら付き合いがあり、そんな中で転職活動までしていたら、いつ自分と向き合うのでしょうか?

それではやりがいなんて見つけられませんし、この先本当はどうしたいかについても考えられません。

ですから、意識して時間を作ることが極めて重要です。

 

一方で『どれだけ考えてもやりがいなんて見つからない』と思うかもしれませんが、それは情報が不足しているからです。

何も思いつかないのならば色々なものに触れてみて下さい。

書籍でも映画でも、街を歩いてみるのでも何でもいいです。

そういう中にヒントがありますから、やりがいが見つかるまでやってみるといいです。

 

そうやって答えを明確にしてから転職するのでも遅くないですし、その方が理由が明確になっている分上手くいきます。

何より、自分について分かっていない人なんて企業も欲しがりませんから、自己分析は必須です。

しっかり向き合うようにしましょう。

ポイント
・自己分析はとても重要

会社員以外の選択肢も視野に入れる

会社員以外の選択肢も視野に入れてみるといいですよ。

もしかしたら、転職よりも独立の方が合っている可能性もあります。

特に近年は、『会社員だから安定』という時代でもなくなりつつありますし、フリーでも十分稼げたり、社会的地位も確立されてきています。

 

もちろん独立を進める訳ではありません。

言いたいのは、『根本的に会社勤めが合っていない可能性も検討してみよう』ということです。

合わない場合、どんなにやりがいを見出そうとしても難しいですから、そういう人も転職を繰り返してしまいます。

それに無理に転職しようとすると理由も曖昧になりますから印象も良くありません。

 

このようなことから、転職だけに捉われず広い選択肢を持ってみましょう。

その分情報収集は大変になりますが、言い換えれば可能性が広がるということになります。

仕事選びは人生の選択ですから、何度でも挑戦するのは良いことですが、失敗ばかりにはしたくないですよね。

転職・独立、あるいはそれ以外、あなたの人生にとって最良を選んでみましょう。

ポイント
・働くだけでなく人生レベルで考えよう

スポンサーリンク

やりがいを感じられないのはチャンスと捉える

また逆転の発想で『現状やりがいを感じられないのはチャンスだ』という捉え方を持ってみることです。

というのも、そうすることで新しい発見が見えることがあります。

現在は『今の職場にはやりがいがない、だから転職する』という、転職しか選択肢がない状態だと思います。

そのため転職理由にも困っていますよね。

 

しかし、こういう時の考え方ってそれだけではなく、

 

仕事と割り切って趣味をしよう
業務を工夫してみよう
この職場にやりがいを持つ方法は?

 

といったように、大きな決断をしなくても変えられることがたくさんあります。

この考え方も大切で、『やりがいない=どうすれば楽しくなるか?』と工夫してみることもアリですよ。

 

もちろん転職するのも一つですしそれを否定する訳ではありません。

ただし、これといった理由なしにしてしまうと失敗もあり得るので、そういう時には逆転の発想を持って現状を変えることも検討してみましょう。

その思考を持てればどんな環境でも生きられるようになりますので、『すぐに投げ出さないこと』これを心がけてみるといいかもしれません。

再転職を繰り返さないためのポイント

自分を知る
選択肢を増やす
発想を変える

転職理由で悩まない状態にしよう

転職をするのなら、転職理由で悩まないことが理想です。

やりがいがないとどうしても悩んでしまうので、転職を考えた時には『なんとなく』ではなく『これがしたいから』と思えるように、目的を見つけられているといいですね。

 

一方で、『転職した結果やりがいが持てた』という人もたくさんいますので、理由は曖昧でも取りあえずしてみるのももちろんありですよ。

 

つまり最終的に重要なのは『今あなたがどうしたいか?』です。

どんな形にせよ、我慢し続けるのは良くないのでそれは避けましょう。

『転職理由なんてない』『なんとなく』『今の職場は合わない』こんな理由でも、それが我慢から解放されるのならば真っ当ですから全然OKです。

自分を守れるのは自分だけですから、必要な決断を心がけましょう。

最後に

転職ってとても悩むと思います。

特にやりがいが感じられない場合本当に漠然としますから日々苦しいですよね。

そんな時には『今どうしたいか?』に従ってしまうのもアリですよ。

そして、『その時下した決断に後悔しない』こんな生き方も一つです。

 

『未来は誰にも分からないからこそ今の気持ちに従う』これも良いと思うので、あまりにも苦しいようならば、そんな自分を解放してあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました