転職後の人間関係形成!失敗しないための5つのポイント

転職Q&A一覧

転職した後に『人間関係に失敗したらどうしよう』と考えてしまうこともありますよね。

例えば転職自体が人間関係によるものだった場合、『次の職場ではその手の問題で失敗したくない』と慎重になるのは当然ですからより一層気になるでしょう。

それに新しい環境では、『人間関係が上手くできるか?』これが最初の課題でもあり、それ次第で全てが決まるといってもいいので考えるはずです。

 

転職後の人間関係形成にはポイントがあり、それさえ守れば失敗することはありません。

従ってこの記事では、『失敗しないためのポイント』を書いていきます。

 

人間関係に関しては、元々の得手不得手が関係するように思いがちですが、職場の場合それは関係がないので心配いりませんよ。

以下で紹介するポイントに従って、転職後のポジションを確立しましょう。

スポンサーリンク

人間関係で失敗しないための5つのポイント

仕事や業務に対して自分の信念を持つ

転職後の人間関係で失敗しないためには、仕事や業務に対して自分の信念を持つことが大切です。

『その会社でどうなりたいか?』がはっきりしているほど人間関係での失敗を避けられるので、転職するならそこは十分に考えておくといいですよ。

 

転職の目的って、

 

生活改善のため
スキルアップ
野望のため

 

など色々あると思います。

 

この中で、最も人間関係で失敗しないのは野望を持っている人です。

というのもそういう人は、敵も作りやすい一方で信頼も集めやすい傾向があります。

それに敵になるのは、比較的戦力外の人が多いため、極端に言えば眼中に入らないものです。

 

なので、転職するのならば野望を持ってみましょう。

その会社で何をしてどんな結果を出したいか?これを明確にしておくことで人間関係も失敗なんてありませんし、むしろ味方がたくさんできます。

転職をするのなら、このくらいの姿勢で臨んだ方が上手く行きますよ。

ポイント
・野望を持つことで失敗しない

能力で誰にも負けないように努力する

能力で負けないように努力することも、人間関係で失敗しない方法です。

転職後は覚えることがたくさんあると思います。

そのため日々忙しく疲弊すると思いますが、そういう中でも『ここでトップになってやる』くらいの意気込みで臨めると必ず認められます。

 

特に転職したての頃にどれだけ頑張れるかは人間関係にも影響します。

そこで手を抜いてしまうようだと必ず失敗しますが、周りから『ほどほどにしておけ』と言われるくらいに努力していれば『アイツは頼れそうだ』と思われるため上手くやれます。

 

職場の人間関係って極めて単純で『会社に貢献できるかどうか』これで全てが決まります。

もちろん例外として、エリートが気に入らないというタイプの人もいますが、はっきり言ってしまえばそういう人たちにどう思われてもいいですよね。

ですから一般的な人間関係で失敗しないためには、『とにかく会社で役に立つこと』を考えていればOKです。

そうすれば転職後も馴染めますので、入社したらひたすら努力して仕事で結果を出せるようにしましょう。

 

学校のような複雑さはなく『仕事に対する姿勢はどうか』で判断されるのが職場です。

だからこそ、そこへの意識を高めることが必須条件です。

ポイント
・仕事に対する姿勢が全て

スポンサーリンク

転職当初からしっかり意見を言う

転職当初からしっかり意見を言うことも人間関係の失敗防止になりますよ。

新卒ではないですからね、思ったことや提案などはどんどん言うべきです。

むしろここで、『まだ転職したばかりだから』と気を遣ったり言いなりになると疲れますし、時間と共に人間関係で衝突する可能性があります。

 

一方で、転職当初から自己主張なんてしたらぶつかりそうと思いますよね。

でもそれでいいんです。

思っていることを言わずに我慢するくらいならば、主張して衝突した方が全然良いです。

そうやって意見交換した結果『自分が正しいのならば通す』『間違っていたら認める』など、これらをすればOKです。

このくらい本気で臨んだ方が失敗がありません。

 

もちろんその一方で、言い方は大切ですけどね。

いきなり否定をしたりしたら皆不愉快になりますから、そういうのは避けましょう。

ですからそうではなく『私は思うのですがどうでしょうか?』とか、却下されたら理由を求めるなどこういうのは大切です。

こうやって、相手を尊重しつつも気を遣い過ぎないことが人間関係の形成には大切です。

 

特に職場なんですから、仕事に関して気を遣って委縮していても良いものは生まれません。

つまり発言は会社への貢献です。

転職者はそもそもそのくらいの能力が求められている場合もありますから、人間関係形成はもちろん、あなたがそこで大成するためにもどんどん自己主張していきましょう。

ポイント
・業務への主張やアイデアは積極的に

気に入らないことがあったらはっきり言う

職場と言えばハラスメントが度々問題になりますよね。

このようなことに関しては『最初の段階ではっきり言うこと』が肝心です。

例えば、

 

セクハラまがいの言動
強制的な飲み会
パワハラ発言

 

など、こういったものに対しては初期の段階ではっきり言いましょう。

それも、転職後の人間関係で失敗しないためのポイントです。

 

人間関係で失敗する人は、『流されやすい』『NOが言えない』などの特徴がありますが、あなたもそうなのでは?

そのため本当は不快でも、険悪になるのを避けたくて相手に合わせてしまうのでは?

しかしそれだと、せっかくの転職も水の泡になりますし、最悪また転職する羽目になります。

 

ですから、転職したての頃に『これは気に入らない』と感じることがあったら勇気を出してはっきり言うべきですよ。

それをしないとこれまで通り、人間関係で失敗する人生になります。

何より相手は、『あなたが抵抗しないからしていいものだ』と思っています。

つまり『悪いと思っていない』のです。

 

ハラスメントの加害者ってたいていこれです『嫌がっているとは思わなかった』

だからといって、もちろんする側が悪いのですが、その一方で『いい加減人間関係で失敗する人生は止めにしたい』と思いますよね。

だからこそ、はっきり言うことが大切です。

 

冷静に相手の話を聞いて、一呼吸おいてから対応しましょう。

そうすれば、流れで答えてしまうことを防げます。

ポイント
・最初にハラスメントを潰そう

付き合いは我慢せずに選ぶ

職場と言えば付き合いがどうしてもありますが、これに関しても『我慢せずに選ぶこと』が肝心です。

もちろんあなたが『どんな誘いでも苦にならない』というのならば全然OKですし、その方が人間関係で失敗しません。

一方で、『付き合いは苦手』『楽しい人とだけ関わりたい』と思うのならば素直にその気持ちに従った方が人間関係形成がしやすいです。

 

転職後に重要なことは『自分の気持ちに嘘をつかないこと』です。

なので、『全てに対し平等や対等じゃなくていい』と考えましょう。

例えば『○○課長の誘いには応じる』『でも○○課長の誘いは断る』とか、こういうのもアリです。

もちろん断られた人は気分が悪いかもしれませんが、そのためにあなたが我慢をする必要はないので正直になりましょう。

 

この『付き合いを選べるか?』というのはとても重要ですよ。

というのも、どんな人と関わっているかによって自分の精神状態が変わることはよくあります。

良い人と日々一緒にいたら良くなりますが、ダメ人間と関わったら自分までダメになることも少なくありません。

だからこそ『選ぶ』という勇気は必須です。

 

そこが職場でも人間関係は選んでよいものです。

今回の転職を最後にするためにも、絶対に我慢は避けましょう。

人間関係で失敗しないためのポイント

信念を持って仕事する
日々努力する
言いたいことははっきり言う
あらゆることに対し我慢をしない

スポンサーリンク

最初に地位の確立をできるかが重要

転職後の人間関係で失敗しないために重要なことは、『最初に地位の確立をすること』です。

何事も最初が肝心で、初期の段階で『こういう人』と思わせられればその後も上手くいきます。

従って転職後すぐに、

 

はっきり言う
飲み会を断ることもある

 

といった印象を持たせられれば、それがあなたの標準イメージになりますし問題もありません。

 

一方で、『最初の頃は大人しかったのにいろいろ言うようになった』『付き合いが良かったのに悪くなった』だと印象もダウンします。

ですから、転職直後が本当に勝負なので、そこで地位を確立できるように頑張ってみましょう。

 

具体的な方法はこれまで書いてきたことを心がけられるといいですが、もう一つ加えると、『あなたが意識をすること』です。

つまり『始めが肝心だから気を抜かないぞ』と、印象が確定するまで神経を集中するのです。

こうすると言動で失敗しないため、後々の人間関係も良好に形成されます。

ですから転職当初は、仕事を覚えることは大前提ですが、それ以外にも『負けない気持ち』を持ってみて下さい。

ポイント

最初が肝心
負けない気持ちを持つ

人間関係で失敗する人は拘るところがダメ

人間関係で失敗する人は拘るところに問題がある可能性が高いですよ。

例えば転職をしても、『嫌われないためにはどうすればいいか?』とかそればかりが気になって、肝心の仕事に集中していないこともあります。

はっきり言ってこれだと、典型的な『デキない人』になってしまうので良くないです。

ですから『そこ』ではなく、『この会社に貢献するためにはどうするべきか?』を日々考えてみましょう。

 

極端な話、職場は結果さえ出せばそれで100点です。

つまり『人間関係で失敗したら…』とかこんなことは本来気にしなくて良くて、転職するとしても『結果を出すためには』にだけ拘っていればいいのです。

 

ところが繊細な性格だと周りのことが気になってしまいますから、『人間関係がどうの』とか考えてしまいますよね。

しかしそれは『無駄な思考だ』と思ってみて下さい。

デキると言われる人ほどそんなことは気にしていません。

むしろ彼らにとって職場のメンバーとは『業務をスムーズに進めるためのコマ』でしかないです。

コマなんて言うと性格が悪そうに思えるかもしれませんが、友達ではないのですから、お互いに利用し合って利益貢献すればいいのです。

 

優しいだけの性格だと必ず潰されてしまうのが会社組織というものです。

もしあなたがそうならば、今回の転職も失敗に終わる可能性さえあります。

ですから、強い気持ちで臨むことが大切ですよ。

ポイント

デキる人ほど人間関係など眼中にない

スポンサーリンク

職場の人間関係は刺々しいくらいでOK

職場の人間関係は刺々しいくらいでOKですよ。

特に転職をするのなら、それ機にやり方を変えてみるのも良いのでは?

何より、人間関係で失敗する人の中には気が弱い人も多いですから、ある程度極端に変わろうとしないと転職後も上手くいきません。

 

また、刺々しくした方が職業能力が向上することもあります。

というのもそうすることで、失敗できないですよね。

『普段自分がそれなりの態度を取っているからこそ、失敗したら周りに何を言われるか分からない』こんな状態になるはずです。

この緊張感が自分を成長させるのです。

 

だからといって無駄に敵を作る必要はないですけど、一方である程度サバサバとした態度にした方が上述の通り成長できるので、もしかしたらあなたはこの方法がいいかもしれません。

それにあなたが刺々しいと感じるレベルは周りにとってはややサバサバ程度でしかないこともあり得ます。

なのでその方が、転職後の人間関係も失敗しない可能性が高いので、是非取り入れてみて下さい。

最後に

人間関係って重要ですが、職場は仕事さえできればいいのでそれに集中してみましょう。

『自己主張をする』『淡々とこなす』『YES・NOをはっきりする』などを心がければ失敗しません。

無駄に気を遣う必要なんてないのですから、あなたのやりたいようにやってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました