面倒な人間関係をリセットするなら転職が一番!転職が賢い5つの理由

職場人間関係

職場の面倒な人間関係をリセットするのなら、転職してしまうのが一番良いですよ。

日々人間関係に悩んだり苦しんだりしているのでは?

そして『どうすれば対応できるか?』とも考えていることでしょう。

 

しかし、最適解は対応の検討ではなく転職だと言えるので、この記事ではそう考えられる理由について書いていきます。

一方で転職をすると『自分が負けたような気持ち』になるかもしれませんがそれは違います。

むしろ、そういう人たちと同じ環境にいたら損をするのはあなたです。

ですから、さらなるレベルアップを図るためにも、人間関係で苦悩するようならば転職を検討しましょう。

スポンサーリンク

転職が賢い5つの理由

人間関係の問題はそう簡単に解決しない

まず、職場の人間関係問題はそう簡単に解決しません。

むしろ『まずなくならない』と言ってもいいです。

その点でも転職を検討した方が賢いと言えます。

 

というのも会社組織は、思考の異なる人の集合体ですから、そういう意味では人間関係で問題が起こることは自然です。

『では転職しても無駄じゃないか?』と思うかもしれませんがそうではないです。

というのも、人間関係がダメになりやすいのは意識が低い環境です。

つまり『やる気がない人の集まり』だと皆自分勝手になりますから、結果的にトラブルが発生しやすくなります。

 

例えば、あなたは意識が高いのに周りは『給料さえもらえればいい』『仕事は少ない方がいい』という考え方だったら衝突しますよね。

『あなたはちゃんと仕事がしたいのに周りはとにかく怠けたい』これではぶつかるのも当たり前ですし、あなたばかりが疲れてしまいます。

現状はこんな形なのでは?

 

こういう人たちの意識改革って簡単ではないですから、だったらあなたが転職をして真面な人間関係を築いた方が賢いという訳です。

何より、向上心のない人達と関わっているのは損失でしかありませんから、自分の人生も考えた上で行動することが大切です。

ポイント
・意識の違いは転職でしか変わらない

人間関係に悩む時間がもったいない

『人間関係に悩む時間がもったいない』これもあります。

現状では『あの人仕事しないな』『いつも愚痴ばかりだな』『上司の言うことはおかしい』など、人間関係への不満が尽きないと思います。

はっきり言って、そういうことに思考を割く時間は無駄でしかありません。

さらに言えば、それらに不快感を示せるあなたは優秀な人ですから、そういう意味でもより条件の良いところに転職した方が得だと言えますよ。

 

会社って不思議なもので、『仕事をしない』『愚痴ばかり』などでも仲間意識が生まれたりもします。

サボる人に同調して、一人また一人とサボりだすなどこういうことも全然あります。

つまりそういう人達は、時間内でも怠けることを正義だと判断する傾向があるため、根本的な考え方が違います。

あなたの環境がそれに近いようならば、本当にそんな人間関係に悩むことって時間の無駄ですよね。

 

ですから、同僚などの行いが軽蔑に値するものならば、『同じ環境にいる価値なし』と転職を考えてみましょう。

その方が、これから先が確実に良い人生になっていきます。

ポイント
・その人間関係に時間を割く価値はあるか?

スポンサーリンク

転職は本気で取り組めば難しくない

また転職は、本気で取り組めばそんなに難しいものではありません。

特に意識が高い人ならば、他業種も含め十分に可能性があるため、その点も人間関係が面倒な時には転職した方が良いと言えます。

 

新卒時の就職活動で苦労した人ならば、『職場でちょっと問題があるから転職するなんて甘い』と思うかもしれませんね。

しかし転職は職務能力が生かせる市場です。

また能力というのは単純な結果だけでなく、自己PR力も関係します。

つまり新卒と違うのは『これまで働いてきた経験が生かせる』ということです。

 

ある程度の期間働いていれば、知識も経験もそれなりになっていますよね。

それがあなたの職務経験になりますし、また考え方もその一つです。

新卒時には『こんな社会人になりたい』という願望でしかなかったものが、転職の場合『こんな経験からこういう仕事や業界ならば貢献できると自負している』といったように、根拠を持って語ることができます。

 

ですから、せっかく経験を積んでいるのですし、やる気もあるのならば人間関係に疲弊するのは本当にもったいないです。

転職の場合、『培った能力と企業への貢献力』で合否が決まります。

そういう意味でも、これからの会社員人生について、真剣に考える時期かもしれませんよ。

関連記事:転職で成功する人はここが違う!成功する人の特徴5つと大切なことを紹介

ポイント
・意識が高い人ほど転職は簡単

転職はキャリアアップになる

それから、転職はキャリアアップにもなりますよね。

現代は終身雇用の時代でもないですし、一つの企業に身を捧げるつもりだと大きな裏切りにあって後悔する可能性さえあります。

そういう時に、輝かしい職歴があったら自信になると思いませんか?

それに一企業しか知らない人は、そこがダメになってしまった時にはパニックになりますが、転職経験がありスキルを積んでいる場合、たとえ勤務先が一大事に陥っても冷静に次を検討できます。

 

このように、自分に能力を身につけられることは転職最大のメリットです。

ですから現状のように面倒な人間関係があるのなら、『良いきっかけだ』と捉えて行動するのもアリかもしれません。

 

何より、転職のような大きな決断って、それなりに大きな出来事がないとなかなか敢行できません。

ですから『今人間関係の問題を抱えている』という事実をプラスに捉えた方がいいです。

どんなことでもそうですが、起こった事象をポジティブとネガティブ、どちらに捉えるかでその人の人生は決まります。

従って今回は『キャリアアップのチャンス』と考えることが妥当とも言えるので、転職も視野に入れてみましょう。

ポイント
・転職することでスキルが身に付く

転職によって新しい人生を始められる

現状人間関係を苦痛に感じているのなら、転職することによって人生をリセットすることが可能です。

面倒に感じてしまうような人たちと関わりを持っていたらストレスになりますし、そういうのはあらゆる部分に影響するはずです。

例えば帰宅後も、職場の人間関係について考えたりしていませんか?

もしそうならば、それから解放されるための抜本的な対策は絶対にした方がいいですよ。

そうすることで新たな人生をスタートできますし、多くの苦痛がなくなることで今まで気づかなかったことが見えてくることもあります。

 

ですから、その手段の一つが転職ならば考えてみた方がいいですよ。

特にあなたの場合、周りよりも優れているのではないでしょうか?

だとしたら、小さなことに拘る人達と関わり続けるのは本当に時間の無駄です。

そんな事よりも、これから先の人生を大切にするべきなので、転職はもちろん、その他の選択肢も含めていろいろ検討してみましょう。

ポイント

意識が違うなら自分が抜け出そう
その人間関係に時間を割く価値はあるか?
意識が高い人は転職できる
スキルを身に付けると安心
転職すればより良い人生になる

スポンサーリンク

人間関係に疲弊しているのならば人生計画見直しのチャンス

人間関係が面倒な時って、人生計画見直しのチャンスですよ。

私自身、大学事務職員を辞めてフリーになりましたが、人間関係の問題がそれなりにありました。

今振り返れば、あの時何とか修正しようとせずに、退職という決断をして正解でした。

もちろん人間関係を良くする方法もあると思いますが、重要なのは『それに時間をかけるのが本当に正解か?』ということです。

そんな事よりも違う選択をした方が人生が豊かになるかもしれないので、そういう意味でも色々な選択肢を視野に入れて検討してみて下さい。

 

それにはっきり言えば、あなたが現状の人間関係を『下らない』と思えているのなら、それはあなたの方が優れているという証拠です。

彼らにとって普通のことがあなたには下らないのですから『住む世界が違う』と捉えて間違いじゃないですよね。

 

このように、人間関係が合わない時の考え方は『自分に問題がある』ではなく『周りのレベルが低い』と思った方が色々上手くいきます。

この思考が持てれば、転職先選びも『より好条件を』となるはずなので確実に良い人生になります。

ですから、絶対に自分に非があるなんて思わないで下さいね。

表現は悪いですが、『周りを見下すことで成長できる』これが現状なので、今よりさらに躍進しましょう。

ポイント

周りのレベルが低いことを認識しよう

気持ち良く転職するためのコツ

ちなみにここからは、気持ちよく転職するためのコツを書いていきます。

人間関係に問題がある場合、転職が決まっても何となく気まずいかもしれません。

そういう状況に陥らないためのコツを紹介します。

下らない人間関係を見下す

先ほども書きましたが、『周りの人間関係を見下す』これは大切です。

転職する際に、円満退社できるのならばそれが何よりなんですけどね。

残念ながら人間関係がギクシャクしている場合それは難しいでしょうから、そういう時には露骨に見下してしまいましょう。

例えば、

 

君たちとは元々レベルが違う
今よりも全然好条件だ

 

といったように、分かりやすく嫌味を言う訳です。

 

こういう言動って本来無駄ですよね。

しかしながら、今回のような『殆どが敵』という状況ならばこのくらいの姿勢でいた方が楽です。

何より『転職する』となったら手の平を返したように皆変わりますから、自分だけ『出ていく身だから迷惑をかける』といったような消極的な姿勢でいると疲れてしまいます。

なのでむしろ、『もう関わらないからどうでもいい』くらいの感覚で関わりましょう。

そうすれば不快になりません。

ポイント
・円満退社は難しいから見下そう

同じ土俵に立たない

また、同じ土俵に立たないことも大切です。

人間関係に問題がある中での転職だと、『転職する』と決まった途端に色々言ってくる人も多いです。

そういうのを真面に相手にしていると面倒なので、基本的には無視してしまった方がいいですよ。

 

考え方としては、『あなたが彼らを良く思っていない=相手も良く思っていない可能性が高い』なので、いなくなると分かればその機会に一言言ってやりたいと考える場合もある訳です。

ですから、そういうのは相手にせず、基本的には見下した対応をしたり無視してしまいましょう。

こちらとしてもどうでもいい存在のはずなので、そんな時には割り切った対応が求められます。

ポイント

もう関わらないので淡々と
基本は無視でOK

スポンサーリンク

変わらぬ環境に我慢するより自分が躍進しよう

『人間関係が面倒』こんな時には、その環境を何とかしようと考えても簡単には変わりません。

ですから、自分が躍進する判断を心がけましょう。

この記事では『転職するのが賢い』という視点で書いてきましたし、実際にキャリアアップになるため正解だと思います。

 

一方で、転職以外に選択肢ももちろんあるので、こういう時には冷静に考えてみた方がいいですよ。

また重要なことは『今』で考えるのではなく、『人生レベル』で捉えることです。

長い期間で考えた場合どの選択が正解なのか?

これを基準にしてみましょう。

最後に笑った者が勝者ですから、そうなれるように賢い選択ができるといいですね。

最後に

生きている以上、人間関係は必ずありますよね。

そのため迷うことも多いですが、幸いなことに環境は選ぶことができます。

特に今の時代、転職も決して難しくないですし、フリーになるという選択肢もあります。

何より収入を得ることに対するハードルが一昔前よりも低く、この傾向はしばらく続くと言えます。

ですから、人間関係に我慢しながら生活していくことは違うのかなと私は思います。

どんな生き方をしても時間は確実に進みますから、悔いのないように大切なものを選んでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました