【元就職課職員直伝】転職の面接で緊張しない方法!人事が欲しがる人になるテクニック

転職面接関係

『転職試験で面接を受ける時にどうしても緊張してしまう』こんな状態になっていませんか?

面接というだけで普段のように話せずガチガチに緊張してしまう、こういう状態だと面接が怖くなってしまうかもしれませんね。

 

私は以前まで大学の事務職員をしており、就職関係部署に5年間勤めていました。

そのためたくさんの学生への指導経験がありますが、緊張する人には特徴があり、それが『面接』と意識し過ぎることです。

例えば、就職課の窓口で他愛ない会話をしている時には饒舌な学生でも、模擬面接という形になるとガチガチになることが非常に多いです。

 

これは転職でも同じです。

面接を受けるのならば普段のあなたでいいのですからそこを意識してみましょう。

 

この記事では、転職の面接で緊張しない方法について具体的に書いていきます。

緊張しないためには『意識を変えること』が大切ですが、それがなかなか難しいかもしれませんので、以下で詳細に解説します。

スポンサーリンク

面接だと構えるから緊張する

まず言えるのは、上述した通り『面接だと構えるから緊張する』ということです。

従って緊張しない方法としては『これは面接だ』『明日は面接だ』と構えないことです。

 

例えば、友人と二人で飲む時に緊張しますか?

一般的には緊張なんてせず、リラックスした気分で語り合えますよね。

もちろん転職の面接とそれは違いますが、それでも意識としてはそのくらいでいいです。

つまり『普段通りで良い』ということです。

 

ただし転職面接の場合相手は友人ではなく人事ですから、以下を心がけましょう。

 

最低限の言葉遣いやマナー
自分の情報を伝える

 

これらをするのが転職の面接です。

 

ちなみに自分の情報を伝えるとは『採用した場合御社にどんなメリットがあるか?』という部分です。

面接での言動は基本これで構成されている必要がありますので、そこは意識するべきです。

 

しかし、その二つさえ心がけていれば極度に緊張する必要はありませんし、むしろ『普通の会話』でOKです。

要するに『言葉遣いやマナーと情報を伝えること』さえできれば、後はいつも通りで良いのが転職面接です。

『しっかりしていないと印象が悪い』ということはないですから、こうして考えると緊張しないでいられるのではないでしょうか?

ポイント

好印象を心がける必要はない
情報を伝えよう

スポンサーリンク

人事は普段のあなたが知りたい

それから、人事が知りたいのは普段のあなたです、『面接用に用意したお利口なあなた』ではありません。

はっきり言うと、ここを勘違いしている人はとても多いですし、その結果自滅して緊張する人も非常に多いです。

 

もちろん、その面接次第で転職できるかがかかっている訳ですから、心理的にも良く見せたくなるのは当然です。

しかしある人事の方が、『私たちは普段通りの姿が見たいし、面接ではそれを引き出すように努力している』と仰っていました。

事実緊張が激しい人には『緊張しなくていいですよ』と最初に伝える面接官も多いものです。

 

このように、緊張しないでいてくれた方が面接する側も有り難いのが実際です。

それに、就職や転職はよく恋愛に例えられますが、あなたとしても、初デートの相手がガチガチに緊張していたらやり辛いと思いませんか?

会話もぎこちなく5分おきに沈黙が来るようだと『早く帰りたい』と感じるのでは?

 

転職の面接も同様で、緊張しないでいてくれた方が面接そのものが楽しいですし人柄も分かります。

ですから、『面接用にかしこまる』なんて不要ですよ。

もちろん自己アピールは必要ですが、それ以外の部分は普段通りの自分で臨みましょう。

そうすれば緊張しないですし、むしろその方が好印象です。

ポイント

用意した姿は不要
普段通りでいいことを意識しよう

スポンサーリンク

面接で緊張しないためのポイント

上手く話そうとするよりも熱意を伝える

面接で緊張しないためのポイントして心がけたいのが『上手く話そうとしない』ということです。

転職面接だとどうしても、『綺麗な言葉で』『歯切れ良くスラスラと』『言葉に詰まらない』などを意識するのでは?

要するに、『内容ではなく印象』に拘ってしまう傾向にあります。

しかしその意識だと、些細なミスで自意識が高まりますからどうしても緊張しますし、先ほども書いたように、採用側が知りたいのはあなた自身です。

従って、『上手く話すことよりも熱意を伝える』という気持ちを持った方がいいですよ。

 

はっきり言って、多少言葉に詰まったり歯切れが悪かったりしてもそんなことが結果に影響することはありません。

採用の基準って『綺麗に話せたか?』ではありませんからね。

 

一方で、その企業に対する熱意がとてつもなく強かったら一目置かれますし、それだけの熱意がある状態ならば緊張しないですよね。

というのもそれだけの状態ならば、『溢れ出さんばかりの情熱を伝えたい』と思うからです。

 

つまり転職の面接を受けるのならば、自分がどう思われるかなんて気にしなくていいのです。

それよりも『転職先に対する思い』を強めることです。

そしてそれを面接で吐き出すようにすれば緊張しないですし、結果的に印象も良いです。

このように、『熱意』に拘ることで緊張しなくなりますから、視点を変えてみましょう。

ポイント
・綺麗に話すよりも熱意を伝える

用意する答えは最低限にする

意外かもしれませんが、転職面接では『用意する答えは最低限にする』ことも大切です。

『志望動機』『転職する理由』『自己PR』は考えておく必要がありますが、記憶すべきではなくその時の気持ちで話すべきです。

 

というのも転職の場合、学生の就職活動とは異なり十分大人ですよね。

社会人経験があり、それなりの職歴も有している訳です。

そういう人が、あたかも用意してきた答えだけを面接で語ると人事としてはつまらない訳です。

要するに転職面接の場合『面接とはいえ、大人対大人の会話』ですから、そういう中で事前準備し過ぎるのはいかがなものかという部分があります。

 

また用意してしまうと、面接官の退屈そうな表情に焦り緊張する可能性もあります。

ですから緊張しない方法としても、転職ならば『用意せずにその時に感じたことを話す』という形が理想です。

何より転職の面接に関しては、理想を言うのならば以下2点を知り尽くしているべきです。

 

自分自身
転職先

 

そのため本来は、答えを用意する必要などないはずなので、できれば『これを聞かれたらこう答える』という考え方を根底から崩してみましょう。

ポイント
・自分と相手を知り尽くそう

面接は交渉の場である

『面接は交渉の場である』これを認識することも緊張しない方法です。

面接は自分という商品を売る場所ですが、同時に『あなたも相手を選んでいること』を忘れないようにしましょう。

つまり面接を受けてみて、『ここは違う』と感じたら辞退することができるように、対等な関係です。

この点も緊張しないでいい理由なので、仮にその企業がどうしても入りたいところだとしても、『対等だ』という気持ちを忘れないようにすべきですよ。

 

何より、これまで書いてきた通りで対等なくらいの方が良い面接ができます。

転職面接は大人対大人ですから、人事としても、面接だからと言って無駄に緊張している人だと頼りなく感じてしまいます。

一方で面接時でも、ビジネスにおける交渉の場のように滑らかに会話を進める人ならば『この人ならば当社の戦力になってくれそうだ』と考えます。

このように、緊張しないで普段通りにした方が良いですし、何よりも大切なことはしっかりすることです。

 

転職の場合、即戦力としての採用を求める傾向にありますから、そういう意味でもしっかりしているかは重要ですよ。

ですから『面接』なんて業務の一つくらいに捉え、緊張しないでスラスラとこなしましょう。

『私という商品はこういうものですがどうですか?』と売り込む営業マンになったつもりで、自信を持って臨みましょう。

ポイント

上手く話すよりも熱意を心がける
答えは用意せず社会人としての対応を
面接は自分を売り込む交渉の場

スポンサーリンク

普段の業務をこなすつもりで面接に臨もう

面接は普段の業務と同じです、上司や取引先と話すことと変わりません。

上司と話す時には業務に対し知り得る情報を伝え、取引先ならば相手にとって有益なことを話しますよね。

面接ならば『その企業にとって利益になること』を話せばいいのです。

 

ですから下準備としては、『企業分析と自己分析』です。

なぜその企業の面接を受けるのか?これが企業分析であり、なぜ自分はそこに入りたいのか?が自己分析です。

このように、最低限のことさえまとまっていれば緊張しないでいられますから、それらを明確にしてみましょう。

 

『面接』というだけで緊張する人があまりにも多いですが、何度も書いているように、転職の場合『大人対大人』なので緊張は損失でもあります。

せっかくの『あなたを売り込める場所』なのに、緊張してしまったら元も子もないです。

ですから、『面接で緊張するのは間違っている』と根底から否定してみましょう。

最後に

転職において人事が欲しがる人とはどんな人物か?それは『会社に貢献してくれそうな人』です。

面接で緊張してしまうと『この人だとちょっと不安だな』と思われてしまいがちなので、その点で印象が良くありません。

ですから『自信を持って自分を売り込む』これこそが、欲しがる人材になるための必須要件です。

その点で、『面接で緊張しない』というのも必要なテクニックの一つですよ。

 

厳しいことを言えば、転職面接の場合、ガチガチに緊張してしまうような人を根気良く解そうとはしない場合もあります。

それよりも、『初めから完成された人』の方が即戦力になりますし、面接そのものも盛り上がるため深い話ができます。

ですから、先ほども書いたように『緊張するのは間違っている』という考えを定着させてください。

ただの会話であり交渉の場です。

これを基本にして、面接を有利に進めましょう。

タイトルとURLをコピーしました