1回やって終わりにするための口実とは?トラブルを避けつつ綺麗に終わる方法

恋愛関係一覧

『いいなと思って関わったけど何かが違う』『正直1回やったら終わりでいい』こんな女っていますよね。

外見は良いけど性格がダメだとか、一応しておきたいなどタイプは様々ですが、いずれにせよ『付き合う対象ではない』『何度もしたいとは思わない』という女です。

こういう女に、『関係を持った=好きということ』とか勝手に思い込まれるとウザくないですか?

男は、したからといって好きな訳ではなく、むしろ『そこから初めて好きかどうかを判断する』ものでしょう。

 

そのため、1回やったらどうでも良くなってしまう女にしつこくされたりすると本当にウザいと思います。

この記事では、そういう女に対して、1回やって終わりにするための口実や方法を紹介します。

女関係は、いかにトラブルを避けつつ綺麗に終わりにするかが重要なので、遊ぶ時にはそれを心がけましょう。

スポンサーリンク

自分からは連絡しない

まず、基本となるのは『1回やったらその時点で自分からは連絡しない』ということです。

それまでがどんなに親しくても、また同じ職場でも、どんな境遇でも自分から連絡しない方がいいです。

 

女は、『その後連絡が来るかどうか』によって気持ちが変わります。

そもそも女も、1回やった程度では100%自分を好きとは思っていないのです。

そのため、そこで連絡が来て初めて『彼は私を好き』と確信したり安心します。

一方でその後連絡がなかったら『遊びだったのかな?』とか『好きじゃなくなったのかな?』といったように考え始めます。

1回やって終わりにしたい時にはこうすることが大切です。

 

相手に『どうなのかな?』と考えさせるのです。

そうすれば、『こちらの対応次第で』勝手に答えを出して諦めてくれます。

連絡が来たら忙しいと伝える

続いて、女から連絡が来た場合です。

この際には無視せずしっかり対応しましょう。

というのも、ここで無視すると『ヤッパリ遊びだった』で片づけられてしまうため印象がよくありません。

そうなると後でトラブルになったり、特に同じ職場のような環境だと面倒ですからね。

ですから、『連絡が来たら対応する』は基本です。

 

一方でその内容が重要で、それが『忙しくて連絡できなかった』と答えることです。

この言い方をすると女は『好きなのかもしれない』とちょっと期待します。

この『ちょっと期待させること』がポイントです。

というのも、そうすることでこちらは誠実であるかのように映りますし、女としても期待があるからこそ感情的になったりはしません。

 

なので、連絡が来た時には『忙しかった』を基本に対応していきましょう。

こうやって、取りあえず対処するのが1回やって終わりにする時には大切です。

スポンサーリンク

その後も自分からは連絡しない

当然ですが、その後も自分からは連絡しません。

例えば前回連絡が来た時に『時間ができたら電話が欲しい』と言われたとしても、その場では『分かった』とだけ伝えて何もしないのです。

むしろこちらから、『忙しいから時間ができたら連絡する』と伝えてしまうのも一つの方法です。

こう言われたら相手は何もできませんし、その一方で『忙しいのが理由ならば仕方がない』と感じます。

 

いずれにせよ重要なのは『定期的な連絡を取り合わないこと』です。

連絡を取り合う関係になってしまうと必ずまた会うことになります。

そうすると色々面倒ですし、取り合っていると問い詰められる機会も増えます。

なので、基本的には『来たものに返す』だけにして、相手に気づかせるのです。

 

何度連絡が来ても『忙しい』とだけ答えて自分からは何もしない、これを続けていれば脈ナシといずれは気付きます。

1回やって終わりしたい時には、このように『曖昧に思わせながらも諦めさせる』ことが大切です。

直接問いただされたら曖昧に

ちなみに同じ職場の場合、『ちょっと話したい』とか言われることもありますよね。

この場合は話に応じましょう。

こういう時の内容は『告白』または『こちらの気持ちの確認』です。

 

初めに告白だったら、『考えさせて』と伝えて保留です。

いつまでとは言わず、ただ考えさえてとだけ伝えてしまえばそれでOKです。

普通の女ならば、その後返答がなければ『ダメなんだな』と気づくので終わりにできます。

一方で『そろそろ返事が聞きたい』と言われたら、その時は仕方がないので『好きではないから』と伝えましょう。

その結果『じゃあなんであんなことしたの?』と言われたら、『それはそういう雰囲気だったからじゃない?』と開き直ればいいです。

 

こういう時は『好きじゃなくてもするのは当然』これを通しましょう。

こうやって女を困惑させた方が、考え方が不一致になるため議論になりません。

何より『自分は悪いことをしていない』というつもりでいないと責められます。

なので、とにかく開き直った態度で臨むことが大切です。

 

続いてもう一つ、こちらの気持ちを確認してきた場合には、先ほども書いた通り『好きではないから』でOKです。

 

このように、1回やって終わりにする時には自分のルールを徹底することです。

『悪いことをしていない』この意思さえあれば責められることはありませんので、気をしっかり持って対処しましょう。

スポンサーリンク

ポイントは女に諦めさせること

何度も書いているように、1回やって終わりにする時のポイントは『女に諦めさせること』です。

理想は『戦わずして勝つ』とかこんな感じ。

つまり、関係を持ったらその後は連絡をせず、あとは女に勝手に自滅してもらうように持っていくということです。

 

我ながら酷いことを書いていますけどね。

まあしかし、女だって『いかにタダで奢らせるか』というのを日々研究している訳ですから良いでしょう。

 

ちなみに、ここで書いてきた方法は私の体験談です。

ずっと友達だった女性と勢いで関係を持ちましたが、その後本当にどうでも良くなりました。

しかし女友達の方は私のことを好きらしく、何度もしつこく連絡してきた訳です。

一方で私は、完全にどうでも良くなってしまっているため何に対しても上の空で、もちろんこちらから連絡なんてしません。

ただし、来たメールに対しては必ず返信をしていたため『曖昧な感じ』を漂わせたのです。

 

その結果女友達は、いつまでも私を追いかけてきました。

でも、私の方がそれに応えないため脈ナシと気づいたらしく、どこかの時点できっぱり諦めて婚活を始めました^^

そして彼女は今、結婚して幸せです。

 

こんな風に、諦めるように誘導することが大切です。

はっきり『興味がない』とか『遊びだった』とか言ってしまうと揉めますし、やった途端に音信不通だと完全にこちらが悪くなります。

なのでそういうのはナシで、最低限のやり取りだけをする訳です。

こうすれば、相手が勝手に考えて自滅してくれますので簡単ですよ。

 

男にとって、1回やって終わりって普通にある状況だと思うので、しっかりルールを決めておきましょう。

最後に

女はとにかく、『する=好き』と考えたがります。

何より、『したのに私を好きにならなかった』というのが嫌のようです。

これは恐らく、『奢ったのにさせなかった』と男が感じるのと同じだと思います。

つまり、女のプライドが許さないのでしょう。

なので1回やって終わりにする時には少しずつ進めることが大切ですよ。

いきなり態度に出すと女のプライド即傷つけることになるため攻撃的になります。

それだと面倒なので、ゆっくり欺きましょう。

タイトルとURLをコピーしました